北海道日本ハムファイターズ、4年ぶり7度目のリーグ優勝

プロ野球のパ・リーグは28日、北海道日本ハムファイターズが4年ぶり7度目のリーグ優勝を果たした。 優勝へのマジックナンバーを「1」としていた日本ハムは同日、埼玉・西武プリンスドームで西武を1−0で降し、1試合を残して優勝を決めた。先発登板した大谷翔平投手22がわずか

Photo1安打に抑えて完封し、花を添えた。

日本ハムはシーズン序盤は振るわず、6月下旬の時点で首位だったソフトバンクに最大11.5ゲームの差をつけられたが、7月中旬にかけて球団新記録の15連勝をするなど猛追。

8月25日に初めて首位に立った後はソフトバンクと競り合い、最終盤で突き放した。

栗山英樹監督55は就任1年目の2012年以来、2度目のリーグ制覇となった。

「北海道の皆さん、ファイターズを応援して下さった皆さん、本当にありがとうございます。今シーズンは間違いなく一つだけ確信できたことがあります。ファイターズの選手は北海道の誇りです」栗山英樹

                                

                                

                                

                                                 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

円陣声出し選手への金銭授受、巨人・阪神・西武・ソフト・広島・楽天

プロ野球の試合などで、選手が「金銭のやりとり」をしていた問題が拡大している。巨人に続き、阪神と西武でも行われていたことが明らかに。  阪神タイガースでは、5年前からチームの勝敗に応じて選手間で金銭のやりとりがあったと球団社長が認めた。「(円陣は)

Photo声出しした選手の試合で3連勝した場合には、1人ずつ5000円、野手から徴収するという形」(阪神タイガース・四藤慶一郎球団社長)

ノックでミスした選手は1回500円の罰金を払い、積み立てて食事会に使用していたということで、球団側は「再発防止を徹底していく」。

西武ライオンズもここ2~3年、公式戦で数試合勝ち続けた場合、野手が1人1000円ずつ出し、声出しをした野手に渡す現金のやりとりがあったことを明らかにした。

   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

17日、ソフトバンクの三笠球団副本部長は、試合前の円陣で「声出し」をした選手が、試合に勝った後に他の選手から1000円ずつ受け取っていたと認めた。

現金のやり取りがあったのは毎試合ではなく、公式戦で数試合勝ち続けた場合にあり、数年前から行われていたという。ソフトバンクの工藤監督は、「一般の人から見たらモラルが低いと思われてもしかたがない。そう思われないようにしっかりやっていかないと」とコメント。

   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇

プロ野球選手が自チームの勝敗に絡んで現金をやりとりしていた問題で、新たに広島と楽天でも公式戦の試合前の円陣で「声出し」と呼ばれる発声を行った選手に対して、勝利の後に他の選手から現金が渡されていたことが17日、明らかになった。これで巨人、阪神、西武、ソフトバンクと合わせて6球団となった。

球界で相次ぐ事態について、日本野球機構の熊崎コミッショナーは、
「現在、全球団において鋭意再度確認調査中であります。調査委員会において、引き続き徹底的な全容解明に取り組んでいます」。

                                

                                

                                 

   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高木京介、巨人4人目の野球賭博が発覚 投手ばかり

巨人は8日、東京大手町の読売新聞東京本社で緊急会見を開き、高木京介26投手が野球賭博に関与していたと発表した。この問題の責任を取り、渡辺恒雄球団最高顧問89白石興二郎オーナー69桃井恒和球団会長69が辞任。巨人は昨年11月に所属3投手が

Photo無期失格処分となったばかり。

球界を挙げて再発防止策を講じてきたが、4人目の発覚で信用をさらに失墜させる不祥事となった。

球界を揺るがした野球賭博問題は、まだ終わっていなかった。

緊急会見の冒頭、久保 博球団社長が、「昨年10月から11月にかけて、大変なご迷惑をかけた野球賭博の問題に関し、有害行為に該当した選手が、今日、発覚しました。NPBに告発することになったのは、高木京介投手です。国民の皆さまに深くおわびいたします」と謝罪した。

無期失格処分となった福田聡志32、笠原将生24、松本竜也22の元3投手に続き、巨人からは4人目の発覚。

   

                                

                                

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

山田哲人、日本シリーズ史上初の1試合3連発 真中監督「鳥肌が」

SMBC日本シリーズ2015は27日、神宮球場で第3戦が行われ、ヤクルト(セ・リーグ優勝)が山田哲人てつとの3打席連続本塁打などでソフトバンク(パ・リーグ優勝)に8-4で勝利し、対戦成績を1勝2敗とした。ヤクルトは3-4の五回に山田が左越え2ランを放った。

Photo_2山田は一回に2ラン、三回にもソロを放っており、日本シリーズ史上初の1試合3本塁打をマークした。

3打席連発は1970年の巨人・長嶋茂雄以来45年ぶりだが、これは2試合にまたぐ記録。1試合3発は史上初。

23歳の若きスラッガーが、ミスタープロ野球を超えた。

九回は守護神のバーネットが3人で打ち取った。

「僕も鳥肌が立ちました。(2連敗)嫌な流れだったので、今日の1勝は大きい」真中満

日本シリーズは、どちらかが4勝した時点で終了する。

       動画像編集ソフト付

                                                   

                                     

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日本シリーズ第1戦、ソフトバンク4−2ヤクルト 連覇に好発進

プロ野球の「SMBC日本シリーズ2015」が10月24日から開幕。第1戦はソフトバンクが14年ぶりに出場したヤクルトを4-2で破り先勝した。ソフトは四回に松田宣浩の一発から試合の流れを作った。両チーム三回まで無得点できた試合は四回、一死から松田宣浩

2015ヤクルト先発・石川雅規のシンカーをとらえ、先制のソロ本塁打にする。これで火が点いたソフトバンク打線は6連打で一挙3点を奪った。六回にも1点を追加。

先発の武田翔太はヤクルト打線を八回まで3安打、無失点に抑える快投を見せた。

九回に畠山和洋の2ラン本塁打が飛び出し完封こそ逃したものの、初戦からヤクルトを圧倒する内容だった。

レギュラーシーズンの強さをそのまま持ち込んだような勝利に、

「ヤクルトファンには悪いけど、今年のソフトバンクは強い。何と言っても選手層が違う」、「ホークスが力の差を見せつけた試合だった」、「やはり、ソフトバンクは、強い。でも、ヤクルトもさすが、一矢報いた」、「15安打で4点しか取れなかったのは物足りない。まだ攻撃が雑」などの声が寄せられている。

ソフトバンクは試合前、キャプテンの内川聖一が左肋骨骨折により、シリーズを欠場すると発表した。

松田は、ヒーローインタビューで、「内川さん見てますか!」と呼びかけた。

   [Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

                                                   

                                     

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

高橋純平・ソフト、オコエ瑠偉・楽天、小笠原慎之介・中日/ドラフト

プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が22日、東京都内のホテルであり、各球団の1位選手12人が決まった。注目された最速152キロ右腕の高橋純平投手(県岐阜商高)は中日、日本ハム、ソフトバンクの3球団が競合し、ソフトバンクが交渉権を獲得した。

Photo_4東京六大学でリーグ最多安打記録を48年ぶりに塗り替えた高山俊外野手(明大)はヤクルト、阪神が競合し、阪神が交渉権。

平沢大河内野手(宮城・仙台育英高)は地元の楽天とロッテが競合し、ロッテが交渉権を引き当てた。

今夏の甲子園で優勝した小笠原慎之介投手(神奈川・東海大相模高)は1回目の指名を外した中日と日本ハムが競合し、中日が交渉権を引き当てた。

今夏の甲子園4強のオコエ瑠偉外野手(東京・関東一高)は平沢を外した楽天が2回目の指名で交渉権を獲得した。

今永昇太投手(駒大)はDeNA、岡田明丈投手(大商大)は広島、桜井俊貴投手(立命大)は巨人、吉田正尚外野手(青学大)はオリックス、多和田真三郎投手(富士大)は西武が1回目に単独指名で交渉権を得た。

ヤクルトは2回目の指名で原樹理投手(東洋大)、日本ハムは3回目で上原健太投手(明大)の交渉権を獲得した。

       動画像編集ソフト付

                                                   

                                     

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

NPB、G.福田聡志に笠原将生と松本竜也も野球賭博に関与

巨人の福田聡志さとし投手32が野球賭博に関与していた問題で、調査を担当していたNPB/日本プロ野球組織の調査委員会は21日、記者会見し、同球団の笠原将生しょ投手24と松本竜也りゅうや投手22も野球賭博に関与していたことを明らかにした。

Photo調査委によると、笠原投手は2014年4月ごろ~10月ごろの間、税理士法人勤務と称する男性とプロ野球の約10試合で賭けを行ったほか、別の飲食店経営者の男性とプロ野球の10~20試合で賭けを行った。

松本投手は同期間に、笠原選手を介してこの男性と同様に十数試合の賭けを行った。いずれも現時点では、「巨人の試合は含まれていたとは認定していない」。

調査委の大鶴基成委員長(弁護士)は男性2人の反社会的勢力とのかかわりについて、「調査中」としている。

       動画像編集ソフト付

                                                   

                                     

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

巨人・原辰徳監督の退任会見一問一答

巨人の原辰徳監督は19日、今季限りでの退任を発表した。白石興二郎オーナーらが同席して開いた記者会見の主な一問一答は以下の通り。

辞任を思い立ったきっかけは
この3年間成績が上がらなかったこともあり、そろそろ潮時だろうと。1日1日ベストを尽くすということは変わらなかったが、新しい監督に託すことがジャイアンツにとってもプロ野球界にとっても正しいだろうと考えた。

2今の心境は
監督の間は弱気なことやマイナスのことは言ったことはないと思う。しかし、(辞意を伝えて)こんなにも夜よく寝られて、朝もよく目覚めるのかと思った。昨日大好きなゴルフをしたが、久々に楽しい時間だった。そう考えると、強気を言っていた自分にはかなり背負うものがあったのかなと思った。今の心の中は穏やかな、なぎの状態だ。

印象に残っている試合は
あまりにも一喜一憂したゲームが多すぎて思い浮かばない。それぐらい長く指揮をとらせていただいたということだろう。

完全燃焼できたか
まずは完全燃焼できたと思う。近々にどこかの監督やコーチをやることはないと思う。

監督をしたことで成長できた点は
我慢をすること。時には自分の気持ちを伝えるための我慢であったり、その中から何かが生まれると思った。これからも我慢は周りを育て、人を育て、自分を育てるということを肝に銘じていきたい。

3続投要請はなかったのか
白石オーナー、「今回はなかった。リーグ戦やクライマックスシリーズの成績も見た上で判断しようと考えていた。投高打低の状態が続いて、特に打線は好機に打てなかった。それを監督の采配で何とか乗り切ったのが実態で、監督の力量は否定しようがないし、歴代監督の中でも抜きんでていた。しかし2年契約の節目にもなり、これからさらに(チームを)強化する区切りの時に来ていたのではと考え、(内々にあった)監督の申し出に甘える形で腹をくくって、人心一新して新たなスタートをしたいと考えた。

原監督に新たなポストの用意は
白石オーナー、「ON(王貞治長嶋茂雄両氏)の後を継いで野球界に貢献してくれている至宝を野に置くつもりはないが、監督の心身に余裕が出た段階で、ジャイアンツに大所高所から指導をしてもらいたい」

父親のさん(元東海大相模高監督、故人)にはどのような声をかけてもらいたいか
父は、『人間としてはおまえに負けていないが、監督としてはおまえの方が上だ。何も言うことはない』と言ってくれていた。はるかに野球は上手で、人を扱うのも上手だと。その言葉が活力になっていた。『ご苦労さん』という言葉を言ってくれると信じている。

後任監督の構想は
白石オーナー、「原監督の知恵も借りながら進めないといけない。ジャイアンツの監督は候補者がたくさんいるわけではなく、おのずと絞られていく。(求めるのは)原野球を継承してくれる人、そして新しい風を吹き込んでくれる人だ。できるだけ速やかにファンも納得する形で決めたい。
(新監督に)短兵急で成果を求めるのは難しい。成果を引き継いですぐ出せというのは難しい。しかし、思い切ってギアチェンジをするので、自分の指導力でチームを率いてもらいたい。原監督にない工夫と努力が不可欠だろう」

       動画像編集ソフト付

                                                   

                                     

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

金本知憲新監督、阪神の再建は練習と意識改革

プロ野球阪神の新監督に就任する金本知憲氏が19日記者会見し、「不安と希望が入り交じっているが、見ていておもしろく、わくわくするような戦う集団を作っていきたい」と意気込みを話した。氏は大阪市内のホテルで、坂井信也オーナーなどと就任会見に臨んだ。

Photo「監督就任は悩んだが、球団側の、チームを1回壊してでも立て直したいという熱意を感じた。チームの現状として、何が何でも勝つ気持ちが欠けていた印象がある。チームの再建は厳しいが、練習と意識改革しかない」と述べた。

一方、坂井信也オーナーは、「現役時代の経験と外から阪神を見た視点を生かして、活躍してほしい」と新監督の手腕に期待していた。

阪神は、今シーズン退任した和田豊監督の下、何度も首位に立つなど10年ぶりのリーグ優勝が期待されたが、終盤失速して3位に終わった。

来シーズンに向けては若手選手の育成など、チームの底上げが課題となる。

       動画像編集ソフト付

                                                   

                                     

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (6)

早実・清宮幸太郎が甲子園デビュー、初ヒット初打点で勝利に貢献

第97回全国高校野球選手権大会第3日は8日、甲子園球場で1回戦が行われ、第1試合は100年前の第1回大会に出場し、今大会注目度ナンバー1の怪物ルーキー、スラッガー

Photo清宮幸太郎が注目される早稲田実業(西東京)が6―0で今治西(愛媛)を下し、2回戦に進出した。

早実は夏通算40勝目。

早実は一回、金子の2点三塁打などで3点を先制。

七回には清宮の適時打などで3点を加えた。

和製ベーブ・ルースの異名をとる清宮は、4打数1安打1打点。

第2試合は、史上8校目の春夏連覇を狙う敦賀気比つるがけひ(福井)と6年連続出場の明徳義塾(高知)が対戦する。

                                                   

                                     

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧