野坂昭如さん、死去 焼け跡闇市派の直木賞作家 火垂るの墓

小説「火垂ほたるの墓」などで知られる作家で、「焼け跡闇市派」を自任する傍ら、歌手やタレント、元参院議員として幅広く活躍した野坂昭如あきゆきさんが9日午後10時半ごろ、心不全のため東京都内の病院で死去した。享年85。1930年、後に新潟県副知事になる父

Photo相如すけゆき、母ヌイの次男として鎌倉に生まれ、間もなく母が亡くなったため、神戸市で貿易会社の支配人を務める親類へ養子に出された。

神戸市立第一中在学中の45年、神戸大空襲で家を焼かれ、養父は死亡。

疎開先の福井県では義妹を栄養失調で失う。この時の体験は「火垂るの墓」のモチーフとして生かされている。

47年に上京したが、万引きなどが発覚し、少年院に入れられた。実父に引き取られ新潟へ。野坂の姓に戻った。

49年新潟大教育学部新発田分校に入学するが3日後に退学。50年、早稲田大文学部仏文科に入学。古着の行商など、さまざまなアルバイトを経験した。在学中から三木鶏郎とりろう音楽事務所、後の「冗談工房」で事務員を務め、やめてからコント執筆を開始した。

授業料滞納で大学を除籍後、CMソングの作詞を始め「セクシー・ピンク」など多くのヒット曲を生んだ。61年からコラムニストとして活躍しだし、63年「エロ事師たち」を連載、三島由紀夫、吉行淳之介らに絶賛され、作家として注目される。

同年、作詞した「おもちゃのチャチャチャ」でレコード大賞童謡賞を受賞。
68年「アメリカひじき」「火垂るの墓」で第58回の直木賞を受賞した。

「真夜中のマリア」「マリリン・モンロー・ノー・リターン」などの小説を発表、七五調の歯切れのいい独特の文体で人気を呼び、人気作家となった。

72年編集長をしていた雑誌「面白半分」に永井荷風作と言われる「四畳半襖の下張」を掲載したことで、わいせつ文書販売等の罪で起訴され、有名作家を次々と呼ぶ法廷戦術は話題となった。

74年参院議員選挙に無所属で東京地方区から立候補し落選。東京高裁、最高裁と争われた「四畳半」裁判は80年有罪が確定した。

83年参院比例代表に二院クラブから名簿記載順位1位で立候補し当選。

同年田中角栄元首相の選挙区、衆院旧新潟3区から無所属で立候補、落選した。

       動画像編集ソフト付

                                 

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

芥川賞に、又吉直樹さんと羽田圭介さん 直木賞は、東山彰良さん

第153回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞はお笑いコンビ「ピース」で活躍する又吉直樹さん35の「火花」(文学界2月号)と、羽田圭介さん29の「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)に決まった。

Photo直木賞は、東山彰良あきらさん46の「流」(講談社)が選ばれた。

又吉さんは初候補での受賞。作品は2人のお笑い芸人の友情と葛藤を描いた中編。天才的なセンスを持ちながら時流に乗れず、身を持ち崩す神谷と彼を慕う徳永が、さまざまな人間関係や漫才論議を通し、互いの芸と生き方を見詰めていく。

羽田さんは4度目の候補での受賞。作品は、30前の就職浪人が祖父をいかに「究極的な安楽死」に導くか思いを巡らす姿を通じ、現代社会の病理を描く。日々肉体改造に励む孫と、介護を受けつつ、ずぶとく生きる祖父の心理戦が印象的だ。

選考委員の山田詠美さんは又吉さんの「火花」について、「書かざるを得ない切実なものが迫り、欠点もあるが、主人公と先輩の火花の散る関係がうまく出ていた。1行1行に芸人としてのコストと人生経験がかかっている」と評価した。

羽田さんの作品は、「愚かな主人公を魅力的に書けている。天然ぼけを観念で引っ張っていく羽田さんの世界だ。介護が介護でなくなる瞬間を描き、新しいホームドラマを作り上げた」。

Photo_2東山さんは初候補での受賞。作品の舞台は1970〜80年代の台湾。かつて国共内戦に参加した祖父の死の謎を追う孫の前に、真実が一家のルーツと共に明かされる。日本と大陸のはざまで苦難の歴史を歩んだ台湾の光と闇を鮮烈に描いた。

選考委員の北方謙三さんは、「流」が満場一致で決まった経緯を説明し、「欠点を言う人がいなかった。20年に1度出るぐらいの画期的で素晴らしい作品で、小説とはこういう面白さを持っているんだと思わせてくれる」と絶賛した。 

                                                   

                                     

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

又吉直樹・光浦靖子・若林正恭ら読書芸人「人生のマイベスト本」発表

雨上がり決死隊がMCを務めるトークバラエティー「アメトーーク!」(テレビ朝日系)は大好評「読書芸人」の第2弾を放送する。今回は読書芸人のピース・又吉直樹オアシズ・光浦靖子、オードリー・若林正恭の3人がスタジオを飛び出し、都内の大型書店などでロケを敢行。

Photo_3熱く分かりやすく読書の魅力について語り合った。

「本の魅力は実際に手に取って見るのが一番」という又吉の提案で新宿・紀伊國屋書店など、読書にまつわる場所を数カ所巡ることに。

紀伊國屋書店では、3人の推薦本を紹介する他、書店の正しい歩き方も紹介した。

さらに大の読書好きたちが選ぶ「人生のマイベスト本」も発表。放送後には紀伊國屋書店に番組特設コーナーが設置され、3人がお薦めとして挙げた本が店頭に並ぶという特別コラボも実施。

読書なんて人生の暇つぶしだという人も、いつも読書で知識を得ているという人も、読書芸人たちの静かに熱いトークを見れば自然と書店に足を運びたくなるはず。

第153回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が発表され、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹35が、「火花」(文学界2月号)で初の芥川賞候補に選ばれた。

                                                   

                                     

                                 

>                                    

>                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川端康成、初恋の伊藤初代への書簡発見「伊豆の踊子」にも影響

「僕が十月の二十七日に出した手紙見てくれましたか。君から返事がないので毎日毎日心配で心配で、ぢっとして居られない。手紙が君の手に渡らなかったのか、お寺に知れて叱られてゐるのか、返事するに困ることあるのか、もしかしたら病気ぢゃないか、

Photo本当に病気ぢゃないのかと思ふと夜も眠れない」

ノーベル賞作家の川端康成(1899~1972年)が、初恋の女性とされる伊藤初代に宛てた未投函の書簡1通が神奈川県鎌倉市の川端邸で見つかり、その内容が8日明らかになった。

孤独の中で永遠の少女を追い求め、美的世界を探究した川端文学の原点をうかがわせる。

初代は「篝かがり火」・「非常」などの初期作品や代表作「伊豆の踊子」の世界観に影響を与えたとされ、川端文学の成立過程を解明する上で重要な資料となりそうだ。

書簡は1921年秋に書かれ、当時川端22歳、初代15歳。

「僕が十月の二十七日に出した手紙見てくれましたか。君から返事がないので毎日毎日心配で心配で、ぢつとして居られない」との書き出しで、
「もしかしたら病気ぢやないか、本当に病気ぢやないのかと思ふと夜も眠れない」など、初代への切々とした思いがつづられている。

                                                     

                                     

                                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年本屋大賞は、和田竜『村上海賊の娘』

4月8日、明治記念館で「全国書店員が選んだ いちばん! 売りたい本 2014年本屋大賞」発表会が行われ、2014年本屋大賞として和田竜さん『村上海賊の娘』(新潮社)が選ばれた。戦国時代の瀬戸内海が舞台で、当時大きな勢力を誇った海賊「村上水軍」の中でも、

Photo 海賊王と恐れられた武将を父に持つヒロインが、一族の存亡をかけて戦いを挑む姿を描いた。

和田竜さんは1969年、大阪府生まれ、広島市育ち。

綾瀬はるかは、小中学の後輩。

早稲田大学政治経済学部卒業後、07年に小説『のぼうの城』で作家デビュー。

『村上海賊の娘』は吉川英治文学新人賞も受賞しており、上下巻合わせて約75万部のベストセラーとなっている。

8日に行われた本屋大賞の発表会で和田竜さんは、同作品の執筆には資料を読むのに1年、シナリオ作りに1年、連載に2年。直しに半年という期間を費やしたと述べた。

本屋大賞
出版業界活性化のために全国書店員が有志で立ち上げ、NPO法人本屋大賞実行委員会が運営する。

                                                   

                                     

                                 

                                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩倉具視の暗号表や菅原道真の写経など数万点発見 京都の土蔵

平安から明治時代の古文書や書画、動植物の博物標本など数万点に及ぶ貴重な資料が、京都市内の土蔵で見つかった。調査した松田清京都外国語大教授(日本洋学史)が3日発表した。1877(明治10)年の西南戦争で明治政府のナンバー2だった岩倉具視が使った暗号表や、

Photo菅原道真の直筆とみられる写経など重要文化財級の資料が多数含まれているという。

資料が見つかったのは、1786年から120年近く続いた本草漢学塾「山本読書室」(山本亡羊主宰)跡(下京区)に残る土蔵。

山本家が代々収集してきた資料とみられる。

暗号表は大小2枚の円盤の周りにカタカナが書かれ、小さい円盤を回して文字を変換する。

明治10年(西暦1877年)の西南戦争当時、岩倉具視の秘書だった山本復一が岩倉の破棄命令に反し、保管していたという。

Photo_2また、西南戦争に士族を徴兵するかどうかをめぐる政府内の混乱や、鎮圧軍トップの職を狙う木戸孝允大久保利通の争いなど、当時の権力構造が読み取れる秘密通信文61通もあった。

菅原道真の直筆とみられる写経は、漆塗りの箱に厳封されていた。

このほか1868年に徳川慶喜が江戸攻撃の中止を求めた直筆の哀訴状や、藤原定家直筆の書、源氏物語の写本などもあった。

「国の重要文化財にも匹敵する貴重な資料も含まれている。これほどの貴重な資料が大量に見つかるとは、想像していなかったので非常に驚いた。今後、さまざまな専門家と協力して分析を進めたい」松田教授。

                                                  

                                    

                               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂言師の茂山千作さん、肺癌のため死去 人間国宝

文化勲章受章者で狂言界の第一人者、人間国宝の四世茂山千作(本名:七五三 しめ)さんが23日午前0時15分、肺がんのため京都市内の自宅で死去した。享年93。江戸時代から続く京都の大蔵流狂言師茂山千五郎家に生まれる。5歳で初舞台。子供のころから

Photo弟の千之丞さん(2010年死去)と狂言を演じ、名コンビと謳われた。

21歳の時、狂言師の卒業論文といわれる釣狐つりぎつねを初演。戦時中は海軍に配属。重巡洋艦に乗り組み真珠湾攻撃にも参加した。

戦後は狂言の場がなく苦労しながら知人の紹介で学校を巡演。これが後に狂言普及の基礎を作った。

当時珍しかった現代演劇と伝統芸能のコラボレーションに千之丞さんと出演。歌舞伎に出演した時は能楽協会から脱退しそうになった。

狂言600年の歴史上、これほど多彩な活動をした兄弟はいないと言われ、新時代を開いた。

その芸は格調高い一方で、天衣無縫。愛嬌も豪放さもあり大名、太郎冠者、山伏、僧侶などどんな役でもこなした。代表作は数多く「枕物狂まくらものぐるい」「木六駄きろくだ」「素袍落すおうおとし」「萩大名はぎだいみょう」など。

1966年に十二世千五郎(当主名)、94年に四世千作を襲名。

狂言界では初めて2007年に文化勲章を受章した。日本芸術院会員。

                                                  

                                    

                               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安徳天皇しのび「先帝祭」 外八文字に歓声 赤間神宮 下関市

壇ノ浦の戦い(1185年)で源義経率いる源氏軍に敗れ、8歳で祖母の二位尼に抱かれて入水した安徳天皇をしのぶ先帝祭が3日、山口県下関市の赤間神宮で行われた。上臈じょうろう参拝では華やかな打ち掛け姿の太夫5人が稚児や官女を従えて市内を

Photo練り歩き、安徳帝をまつる赤間神宮に到着した。

境内では本殿につながる特設の天橋てんきょうの上で外八文字を見せ、38万5000人にのぼる見物客から歓声が上がった。

先帝祭は、平家の女官が安徳天皇の命日に参拝していたのを、江戸時代の遊女が引き継いだことにちなむ。

先帝祭は、下関の初夏の風物詩・しものせき海峡まつりのメーン行事。午前9時半、神職が水を供える平家一杯水取神事で始まった。

                                                  

                                    

                               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池波正太郎の交遊書簡 司馬遼太郎 長谷川伸 川口松太郎らと

鬼平犯科帳」や」「剣客商売」などの時代小説で知られる池波正太郎(1923~90年)の東京都内の自宅から、作家仲間の司馬遼太郎長谷川伸川口松太郎らが池波さん宛てに送った未公開の手紙やはがき計113通が19日までに見つかった。一部が22日発売の小説誌

Photo_2オール読物」5月号(文芸春秋)に掲載される。文芸春秋は、「池波さんと司馬さんの意外な親交がわかる貴重な資料」としている。

池波の書斎の本棚裏に隠れていた戸棚から束になった状態で発見。遺族が昨年末、改装の際に見つけた。書簡は作家や編集者ら76人分で、戦後まもなくから昭和60年頃まで長期間にわたる。池波が特に残しておきたかった手紙を選び、戸棚に入れたとみられる。

同い年で、直木賞の同年受賞などで縁のあった司馬からの書簡は計4通。「おれ、大好きになっちゃったです」、「いっぺん池波さん一緒に旅行したいです。池波さんからにじみでているあのいい味にひたりたいと思います」といったラブレターや、司馬が昭和36年に産経新聞社を退職した際の、「へんにスカスカとしています」という心境を吐露したはがきなどが興味深い。

                                                  

                                    

                               

                                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤原紀香、京都国立博物館の広報特使に 日本文化をPR

京都国立博物館(東山区)をPRする広報特使に女優の藤原紀香が選ばれ、29日に佐々木丞平館長から認定書と広報特使の名刺が手渡された。「博物館にも足を運んで勉強し、日本文化の素晴らしさを幅広い世代、世界に発信していきたい」と抱負を語った。任期は2年。

1昨秋、京都国立博物館で実施された文化財保護基金に収益を寄付するオークションで、藤原が撮影した写真が出品され、これをきっかけに同博物館が就任を打診したという。

藤原紀香は30日に開幕する特別展、「狩野山楽・山雪」の音声ガイドのナレーターも務める。「濃厚でダイナミックな世界に、声を入れるだけでも鳥肌が立った」と話していた。

4月には、女優の竹下景子に続き、2人目となる同館PR役の「文化大使」に、俳優の井浦新を任命する。

                                                  

                                    

                               

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧