メタボリックシンドロームの生活習慣を指導 日立

日立製作所は、内臓脂肪症候群メタボリックシンドロームの人の生活習慣を指導する遠隔システムを試作した。

参加者の約60%がメタボリックシンドロームを解消できた実績を持つ減量プログラムはらすまダイエットを効果的に進める環境作りを支援。
パソコンや携帯電話、携帯情報端末(PDA)でインターネットを介して利用できる。

日立製作所が産業医科大学、損保ジャパンと共同で開発したはらすまダイエットは、90日間で体重の5%減量を目指す減量プログラム。
これに基づいて参加者が体重などのデータを入力すると、遠隔地にいる保健師が随時確認して適切な指導を行う。

日立製作所は現在社内で実証実験を実施。この結果をもとにシステムを改善し、会社や病院などの保健指導向けにシステムの実用化を目指す。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

血管しなやかねっとで動脈硬化予防

血管しなやかねっと動脈硬化の予防法を紹介。                               毎日の健康には必要な量の血液を体中に届けられるしなやかな血管作りが不可欠-。普段は意識しない血管の健康維持と疾患予防のためノバルティスファーマが運営する血管しなやかねっとでは、動脈硬化の原因や予防方法を詳しく紹介している。

Hp_pg10_1 がんに次いで日本人に多い死因とされている心筋梗塞脳血栓疾患は、いずれも動脈硬化が主因。                                                            血液内のコレステロール増加やストレスの血管に対する悪影響を説明し、どのような血管が健康的か身体に良い生活習慣は、といった専門医の解説を掲載している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)