googleグーグル;ググるに難色・取り締まりへ

グーグルは、google someone(だれかについてググる)といった一般動詞としてのグーグルの使用を厳重に取り締まる意向。グーグルによると、このような言いまわしは、同社のブランドを傷つける恐れがあるという。

関係者は、「『Google』という言葉を使ってGoogleを使ったインターネット検索を表すことと、『google』という言葉を使ってインターネットの一般的な検索処理を表すこととは明確に区別すべき。商標に関する深刻な問題が絡んでいる」と述べている。

言語学の権威・レスター大学のJulie Coleman氏は、グーグルの懸念に理解を示している。 「商標が一般的に利用されると、その名声は失われてしまう。従って、グーグルの主張は理解できる。彼らは検索以外のこともやっているため、ブランド名がこの分野に限定されてしまうことが嫌なのかもしれない」。

| | コメント (0) | トラックバック (1)