2018/07/09

加藤剛さん死去 「大岡越前」「砂の器」「忍ぶ川」「人間の条件」「三匹の侍」

映画「砂の器」やTBSの時代劇ドラマ「大岡越前」などで

知られた俳優の加藤剛かとう・ごうさんが6月18日に死去して

いたことが8日、分かった。

昭和の名優がまた1人逝った。享年80。静岡県出身。

俳優座を拠点に、映画やドラマで活躍した。

関係者によれば、葬儀・告別式は既に家族葬で執り行い、

後日お別れの会を営む。

 

1970~99年まで30年の長きにわたって放送された

大岡越前」で、主人公の江戸町奉行大岡忠相ただすけを演

じ続けお茶の間に親しまれた加藤さんが静かに天国に

旅立った。

タバコも吸わず、酒も飲まず、人一倍健康に留意していた

加藤さんだが、昨年12月19日に次男の俳優・加藤頼らいさん

と一緒に出演したテレビ朝日「徹子の部屋」での激痩せ

ぶりがネット上で話題になり、ファンを心配させていた。

亡くなった経緯などは「お別れの会」の日程が正式に

決まってから家族が発表する予定という。

 

『早稲田大学文学部演劇科』で学び、4年時の60年に

20倍の難関を突破して『俳優座成所』入り。

62年にTBSドラマ「人間の条件」で主人公のを演じて

一躍注目を集めた。

64年に養成所を卒業して俳優座の『座員』となり、翌65年

1月に、安部公房作の「お前にも罪がある」で舞台デビュー。

知性あふれる二枚目ぶりは映画界やドラマ界からも注目

され、 野村芳太郎監督の「五辯の椿」(64年)や小林正樹

監督の「上意討ち・拝領妻始末」(67年)に出演。

平幹二朗さん、長門勇さんと共演したフジ「三匹の侍」では

見事な剣さばきで魅了した。

 

以降も多くの映画、ドラマに出演。

映画は熊井啓監督の「忍ぶ川」(72年)や和賀英良を演じ

野村監督「砂の器」(74年)で存在感を示した。

とりわけ、過去のあるピアニスト和賀英良を演じた「砂の器」

は日本映画史にも残る名作として名高い。

               (スポニチ)参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/02

落語芸術協会会長の桂歌丸さん、慢性閉塞性肺疾患のため死去

落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸(本名 椎名巌しいないわお)さんが、

2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなった。

享年81。

近年は肺炎腸閉塞で入退院を繰り返し、

酸素吸入器をつけたまま高座に上がり続けた。

噺家は高座で死ねたら本懐-。

落語を愛し、最後まで高座への執念をみせていた。

歌丸さんは2009年2月に慢性閉塞性疾患で入院。

その後は腸閉塞肺炎を患い、入退院を繰り返していた。

15年元日には、『新宿末広亭』の初席に出演しようと自宅を出る直前に動悸が激しくなったため、取りやめ。

同1月いっぱい高座を休演し、同2月4日に千葉県芝山町で行われた寄席で高座復帰していた。

鼻に酸素吸入用の管(チューブ)をつけた状態で、

「昨年は病院に霊柩車、いや救急車で運ばれました」

自身の病気をネタに、小気味よい話芸で観客を爆笑させていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

松井珠理奈・横山由依ら「AKBグループ現状への危機感と葛藤」語る

『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)

人気アイドルグループ・AKB48の53rdシングル(タイトル未定・9月19発売)を歌う選抜メンバーをファン投票で決める『第10回AKB48世界選抜総選挙』がナゴヤドームで開催された。

総得票数383万6652票が投じられ、地元SKE48の松井珠理奈(19万4453万票)が新女王に君臨した。

歴代女王・前田敦子(第1・3回)、大島優子(第2・4回)、指原莉乃(第5・7・8・9回)、渡辺麻友(第6回)が不在となり、

「誰が1位になっても初の女王」という第1回以来の波乱必至の総選挙。

 

順位が発表されるたびに会場が沸き、メンバーたちは喜び、時には悔しさを交えたスピーチを繰り広げた。

その中で、上位にランクインしたメンバーがAKB48グループの現状に対し“危機感”や“葛藤”をあらわにする一幕も。

乃木坂46、欅坂46らが勢いを加速させる一方で、総監督として大所帯を牽引するAKB48の横山由依(6位)は、

「AKB48は勢いがないと言われてしまうことが最近あって、その時に私たちの世代の頑張りが足りないせいで、先輩たちが作ってくださったこのグループをそんなふうに思わせてしまうのが申し訳なくて、

悔しい気持ちでいっぱいだなと思っていたんです」と本音を吐露した。

昨年6位から2位へと大躍進したSKE48須田亜香里も、

「世間の皆さんは、私たちが思っている以上に48グループに興味がない。

こんなにも皆さんが熱く応援してくれるのに、こんな私でも見てくれる心の清い人がいるのに、なんで伝わらないんだろうってもどかしかったです」。

それでもすぐに前を向き、「今こそメンバー、一人ひとりが武器、自分自身の個性を出して、48グループの旗を掲げて戦っていくときだと思います」と、真剣な眼差しで訴えかけた。

悲願を達成した松井は、

「これで一旦、総選挙の戦いは終わります。でも、まだ私たちが戦わないといけないところはあります。

私は本気でAKB48グループを1位にしないと気がすまないです」と感情むき出しで闘志を燃やすと、

「こんなに頼もしい後輩がいてくれる、こんなにあったかいファンがいてくれる。だからみんなが信じ合えば、また48グループは、アイドル界のトップになれます。なりたいじゃダメ、なるんです!」と決意表明。

ファン3万人から万雷の拍手を浴びた。

海外姉妹グループも初参戦した一大イベントは、第10回の節目を迎えた。

ファンの熱気や愛を肌で感じた横山は、

「こうしてここに来てくださっているみなさんが、熱狂的に48グループを応援してくださっていることが私たちメンバー全員の誇りです」と胸を張り、

「これからも大変なことはいっぱいあるけど、AKB48が本当に大好き。皆さんにもっと愛してもらえるように頑張ります」と誓っていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/07

NEWS小山慶一郎、活動自粛 未成年との飲酒 加藤シゲアキ厳重注意

ジャニーズ事務所は7日、一部週刊誌でNEWSの小山慶一郎34と加藤シゲアキ30が未成年と飲酒したと報じられたことを受け、小山が一定期間の活動を自粛することを書面で発表した。

加藤については厳重注意の上、書面による反省を促すとしている。

書面によると、記事に先立ち事務所がタレントを含む複数の参加者への聴き取り調査などを行ったところ、

「週刊紙に報じられている飲食店に当時19歳の女性が同席していた」ことが判明。

「タレント及び一部の出演者は、

当該女性から会話や携帯電話のメッセージ等において年齢を『20歳』であるとつげられており、参加者の中に未成年が含まれているとは認識しておりませんでした」と説明した。

しかし、結果的にタレントを含む複数の参加者が飲酒している席に未成年者である当該女性が同席していたこと、

小山が複数の参加者に対して掛け声に合わせて飲み物を飲むよう促すような行為を行っていたこと、

さらに、「未成年者が同席していた否かにかかわらず、こうした行為は特に報道番組に携わる者としては厳かに慎むべきであり、当事務所と致しましても今回の事態を重く受け止め」、

小山の一定期間の活動自粛を決定した。

事務所として、「改めてタレントの私生活を含むコンプライアンス意識の周知徹底や、内部管理体制の強化の向けて全力で取り組む所存」とし、

「改めまして、このたびの一部週刊誌報道におきまして、皆様にご迷惑とご心配をおかけしておりますので、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪した。

小山は日本テレビ系夕方のニュース番組『news every.』(月~金 後3:50)のメインキャスターを務めるほか、加藤とともにTBS系『NEWSな2人』(毎週金曜 深0:50)に出演中。

NEWSとしては、今月27日にニューシングル「BLUE」が発売予定で、同曲は日本テレビ系「ワールドカップ ロシア2018」テーマソングに起用されている。

また、8月11日・12日に味の素スタジアムで結成15周年ライブを開催予定だった。

これらの活動について、7日午後3時半時点では事務所公式サイトに掲載されている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

日経エンタ 好きな芸人1位はサンド、V14のさんま抜く 3位タモリ

本日6月4日発売の「日経エンタテインメント!」(日経BP社)2018年7月号にて

「好きな芸人嫌いな芸人2018」と題した芸人ランキングのリサーチ結果が発表された。

これは同誌恒例の人気調査企画。

編集部がピックアップした293組を対象に、

「一番好きな芸人」、「一番嫌いな芸人」、「2017年にブレイクしたと思う芸人」、

「2018年に消えると思う芸人」という4項目で1000人が回答した結果をまとめている。

 

「一番好き」の調査では、サンドウィッチマンが昨年2位からランクを上げて、ついに1位の座に。

僅差ながらも過去14回の調査で不動の1位だった明石家さんまを抜いた。

サンドは誌面で、「僕らがさんまさん抜いたらダメでしょ」(伊達)、「事件ですね」(富澤)など、率直な感想をコメントしている。

3位は、タモリ。

 

一方、「一番嫌い」「消える」の1位はともにアキラ100%だった。

アキラはインタビューの中で、

「もともと賛否両論あるネタをやっているので、嫌がられるのを気にしていられない」と語り、この1年で一番キツかった仕事などを明かしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/31

第10回AKB48世界選抜総選挙 速報:荻野 珠理奈 咲良 奈々

1位:荻野由佳NGT48 Team NIII) 59,531票
2位:
松井珠理奈SKE48 Team S) 38,943票
3位:
宮脇咲良HKT48 Team KIV) 32,614票
4位:岡田奈々(
AKB48 Team 4) 27,008票
5位:須田亜香里(
SKE48 Team E) 22,762票
6位:高橋朱里(
AKB48 Team B) 20,670票
7位:太野彩香(
NGT48 Team NIII) 17,332票
8位:矢吹奈子(
HKT48 Team H) 13,981票
9位:加藤美南(
NGT48 Team NIII) 13,905票
10位:一色嶺奈(
SKE48 Team S) 13,372票

11位:長谷川玲奈(NGT48 Team NIII) 12,622票
12位:荒井優希(
SKE48 Team KII) 11,533票
13位:渕上舞(
HKT48 Team KIV) 11,369票
14位:向井地美音(
AKB48 Team A) 11,297票
15位:福岡聖菜(
AKB48 Team B) 11,059票
16位:小畑優奈(
SKE48 Team KII) 10,963票

―以上が選抜メンバー圏内―

17位:田中美久(HKT48 Team H) 10,859票
18位:武藤十夢(
AKB48 Team K) 10,671票
19位:中村歩加(
NGT48 研究生) 10,531票
20位:山田野絵(
NGT48 Team NIII) 10,302票
21位:横山由依(
AKB48 Team A) 10,296票
22位:本間日陽(
NGT48 Team NIII) 10,038票
23位:岩立沙穂(
AKB48 Team B) 9,880票
24位:谷口めぐ(
AKB48 Team B) 9,679票
25位:内木志(
NMB48 Team N) 9,647票
26位:田島芽瑠(
HKT48 Team H) 9,627票

27位:大西桃香(AKB48 Team 8) 9,481票
28位:加藤夕夏(
NMB48 Team M) 9,179票
29位:西村菜那子(
NGT48 研究生) 9,057票
30位:竹内彩姫(
SKE48 Team KII) 8,958票
31位:大場美奈(
SKE48 Team KII) 8,812票
32位:太田夢莉(
NMB48 Team BII) 8,746票

―以上がアンダーガールズ圏内―

33位:北川綾巴(SKE48 Team S) 8,613票
34位:後藤萌咲(
AKB48 Team A) 8,552票
35位:久保怜音(
AKB48 Team B) 8,502票
36位:坂本愛玲菜(
HKT48 Team TⅡ) 8,299票
37位:倉野尾成美(
AKB48 Team 8) 8,293票
38位:川本紗矢(
AKB48 Team 4) 8,239票
39位:白間美瑠(
NMB48 Team M) 8,102票
40位:内山命(
SKE48 Team KII) 7,951票
41位:豊永阿紀(
HKT48 Team H) 7,867票
42位:吉田朱里(
NMB48 Team M) 7,555票

43位:福士奈央(SKE48 Team E) 7,490票
44位:石田千穂(
STU48) 7,409票
45位:菅原茉椰(
SKE48 Team E) 7,092票
46位:中井りか(
NGT48 Team NIII) 6,942票
47位:水野愛理(
SKE48 Team KII) 6,797票
48位:渋谷凪咲(
NMB48 Team M) 6,761票

―以上がネクストガールズ圏内―

49位:小栗有以(AKB48 Team 8) 6,727票
50位:山内瑞葵(
AKB48 Team 4) 6,690票
51位:杉山愛佳(
SKE48 Team S) 6,678票
52位:下野由貴(
HKT48 Team KIV) 6,632票
53位:瀧野由美子(
STU48) 6,615票
54位:末永桜花(
SKE48 Team E) 6,577票
55位:岡田美紅(
SKE48 研究生) 6,507票
56位:本田仁美(
AKB48 Team 8) 6,466票
57位:小田彩加(
HKT48 Team TⅡ) 6,416票
58位:高畑結希(
SKE48 Team E) 6,408票

59位:本村碧唯(HKT48 Team KIV) 6,406票
60位:中野郁海(
AKB48 Team 8) 6,386票
61位:岡部麟(
AKB48 Team 8) 6,192票
62位:西潟茉莉奈(
NGT48 Team NIII) 6,147票
63位:栗原紗英(
HKT48 Team TⅡ) 6,016票
64位:秋吉優花(
HKT48 Team H) 6,012票

―以上がフューチャーガールズ圏内―

65位:川上千尋(NMB48 Team M) 5,973票
66位:佐々木優佳里(
AKB48 Team B) 5,945票
67位:上西怜(
NMB48 Team BII) 5,931票
68位:村瀬紗英(
NMB48 Team BII) 5,871票
69位:運上弘菜(
HKT48 Team KIV) 5,845票
70位:鎌田菜月(
SKE48 Team E) 5,797票
71位:坂口渚沙(
AKB48 Team 8) 5,774票
72位:田中菜津美(
HKT48 Team H) 5,716票
73位:高柳明音(
SKE48 Team KII) 5,620票
74位:込山榛香(
AKB48 Team K) 5,507票

75位:西川怜(AKB48 Team A)(同率) 5,461票
75位:川上礼奈(
NMB48 Team M)(同率) 5,461票
77位:篠崎彩奈(
AKB48 Team A) 5,420票
78位:小嶋真子(
AKB48 Team K) 5,405票
79位:茂木忍(
AKB48 Team K) 5,294票
80位:城恵理子(
NMB48 Team BII) 5,278票

―以上がアップカミングガールズ圏内―

81位:橋本陽菜(AKB48 Team 8) 5,272票
82位:古畑奈和(
SKE48 Team KII) 5,225票
83位:山口真帆(
NGT48 Team NIII) 5,187票
84位:高倉萌香(
NGT48 Team NIII) 5,164票
85位:白井琴望(
SKE48 Team KII) 5,117票
86位:市川愛美(
AKB48 Team K) 5,081票
87位:長久玲奈(
AKB48 Team 8) 5,077票
88位:小田えりな(
AKB48 Team 8)(同率) 4,979票
88位:松岡菜摘(
HKT48 Team H)(同率) 4,979票
90位:谷真理佳(
SKE48 Team E) 4,934票

91位:松村香織(SKE48 Team KII) 4,879票
92位:矢作有紀奈(
SKE48 Team KII) 4,856票
93位:熊崎晴香(
SKE48 Team E) 4,837票
94位:樋渡結依(
AKB48 Team B) 4,772票
95位:江籠裕奈(
SKE48 Team KII) 4,587票
96位:外薗葉月(
HKT48 Team TⅡ) 4,579票
97位:青木詩織(
SKE48 Team KII) 4,406票
98位:永野芹佳(
AKB48 Team 8) 4,392票
99位:山田菜々美(
AKB48 Team 8) 4,380票
100位:太田奈緒(
AKB48 Team 8) 4,369票

―以上が記念枠圏内―

 

101位:CHERPRANG/CHERPRANG AREEKUL/チャープラン(BNK48 Team BIII) 4,315票
102位:地頭江音々(
HKT48 Team KIV) 4,307票
103位:佐藤朱(
AKB48 Team 8) 4,292票
104位:馬嘉伶(
AKB48 Team 4) 4,278票
105位:井田玲音名(
SKE48 Team E) 4,238票
106位:山本彩加(
NMB48 Team N) 4,208票
107位:小熊倫実(
NGT48 Team NIII) 4,194票
108位:大森美優(
AKB48 Team 4) 4,170票
109位:村川緋杏(
HKT48 Team TⅡ) 4,141票
110位:日高優月(
SKE48 Team KII) 4,105票

111位:山根涼羽(AKB48 Team A) 4,099票
112位:加藤玲奈(
AKB48 Team A) 3,981票
113位:朝長美桜(
HKT48 Team KIV) 3,918票
114位:荒巻美咲(
HKT48 Team TⅡ) 3,889票
115位:野島樺乃(
SKE48 Team S) 3,883票
116位:松本慈子(
SKE48 Team S) 3,807票
117位:久代梨奈(
NMB48 Team BII) 3,758票
118位:植村梓(
NMB48 Team BII) 3,676票
119位:佐藤栞(
AKB48 Team 8) 3,548票
120位:MUSIC/PRAEWA SUTHAMPHONG/ミュージック(
BNK48 Team BIII) 3,493票

      以上、モデルプレスから

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/22

乃木坂46西野七瀬、スキャンダル ワイルド系ディレクターを 文春砲


生駒里奈ら主要メンバーの卒業ラッシュに加えて、看板である西野七瀬のスキャンダルが乃木坂46グループに大打撃を与えている。

5月19日、西野は『週刊文春』(文藝春秋)によって、自宅に男性ディレクターを招いていたことが暴露された。

グループでトップの人気を誇るメンバーのスキャンダルに乃木坂46ファンは騒然。





「ここ数年、乃木坂といえばなあちゃんだったのにこれは痛すぎるでしょ」、

西野のスキャンダルとか乃木坂46発足以降、最高レベルのピンチといっても過言じゃない』と心配の声が続出している。





西野七瀬1stフォトブック『わたしのこと』 [ 西野 七瀬 ]

価格:1,728円
(2018/5/22 11:13時点)
感想(7件)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/02

TOKIO、頭を下げて謝罪 城島茂は山口達也から「辞表を預かって

人気グループ・TOKIOの城島茂47、国分太一43、松岡昌宏41、長瀬智也39が2日、都内ホテルで会見を行った。

山口達也46が女子高生に無理やりキスを迫り、強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検(起訴猶予処分)されたことを受け、4人で深く謝罪し頭を下げた。

松岡、城島、国分、長瀬の順で一人ずつ会場に登場すると、最初にマイクを持った城島は被害者と家族、ファン、関係者にお詫びした。

5人で話し合いをしたところ、山口から、「TOKIOを辞めます」と切り出され、辞表を渡されたが、「TOKIOとしてやっていく責任がある」とし、答えを出すよりも先に謝罪会見を行ったと語った。

 


ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は1日、マスコミ各社へファクスで謝罪コメントを発表。

グループの今後については、「メンバーも、それぞれが23年の時を重ね、今の立場に立っております。彼らが、まず何をすべきか、これからをどうしていくか、彼らが考えて決めていくことを受け止めます」とメンバーの決断を尊重するとしている。



報道によると、山口は今年2月に港区の自宅マンションに番組で知り合った女子高生2人を呼び出し、無理やりキスを迫るなどわいせつな行為をした疑いがあり、強制わいせつ容疑で書類送検された。

1日に、起訴猶予処分が下された。

被害者から被害届が出されたが、被害者とは示談が成立している。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/22

第10回AKB48世界選抜総選挙 海外グループメンバーも立候補

21日、 TOKYO DOME CITY HALLにて「第3回AKB48グループドラフト会議」が開催され、「第10回選抜総選挙」の開催と開催地について発表された。

今年で10回目を迎える「AKB48選抜総選挙」で、海外を拠点にした姉妹グループのうち、ジャカルタの「JKT48」、バンコクの「BNK48」、台北の「TPE48」にも被選挙権が与えられることが明らかになった。



これまで国内と海外グループ兼任メンバーの出馬はあったものの、海外の姉妹グループが本格的に総選挙参加するのは初。

名称も「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙(第10回 AKB48世界選抜総選挙)」に決定した。

「選抜総選挙」は、AKB48のシングルを歌う選抜メンバーを、ファンによる投票で決定する年に1度のイベント。



10回目を迎える今年は、第10回世界選抜総選挙記念枠(81~100位)を新設し、53枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、合計6グループ総勢100人を決定する。

今年も立候補制を導入。

23日時点で国内6グループ・海外3グループに在籍するメンバーに被選挙権が与えられ、23日午後5時から27日まで受け付ける。



投票期間は5月29日午前10時にスタートし、6月15日午後3時に締め切られ、5月30日に速報を発表する。

開票イベントは6月16日を予定。開催地は公募で決定する。



 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/15

東国原英夫氏、ビートたけし「オフィス北野」からの独立を語る

ビートたけし71が3月いっぱいで「オフィス北野」から独立することが分かった14日、一番弟子で前宮崎県知事の東国原英夫氏60はJR新大阪駅で取材陣に囲まれた。

「コメントは差し控えたい」としながらも、独立騒動の感想には「師匠なりのお考えがあるんじゃないでしょうか」と答えた。


独立について事前に相談や報告は「特にございません」。

理由については、「分からないです」。

「この件に関しては、コメントを差し控えさせていただきます」と丁重に繰り返したが、独立の経緯については、「師匠なりの考えがあってのことでは」と思いやった。



ガダルカナル・タカ61やラッシャー板前54ら、たけし軍団の動向にも注目が集まる中、一番弟子として、自分の意向を問われると、「今後(たけし側と)相談していくことになるでしょう」とした。

たけしは15年秋、一部で愛人とも伝えられた18歳年下でビジネスパートナーとする女性と、新会社「T.Nゴン」を設立していた。

昨年3月に同社代表に就任、独立に向けて着々と準備を進めていた。



オフィス北野の森昌行社長65は日刊スポーツの取材に対し、独立の理由を、「残された人生を考えた上の新境地ということなのでしょう」と説明した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧