乃木坂46西野七瀬、スキャンダル ワイルド系ディレクターを 文春砲


生駒里奈ら主要メンバーの卒業ラッシュに加えて、看板である西野七瀬のスキャンダルが乃木坂46グループに大打撃を与えている。

5月19日、西野は『週刊文春』(文藝春秋)によって、自宅に男性ディレクターを招いていたことが暴露された。

グループでトップの人気を誇るメンバーのスキャンダルに乃木坂46ファンは騒然。





「ここ数年、乃木坂といえばなあちゃんだったのにこれは痛すぎるでしょ」、

西野のスキャンダルとか乃木坂46発足以降、最高レベルのピンチといっても過言じゃない』と心配の声が続出している。





西野七瀬1stフォトブック『わたしのこと』 [ 西野 七瀬 ]

価格:1,728円
(2018/5/22 11:13時点)
感想(7件)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOKIO、頭を下げて謝罪 城島茂は山口達也から「辞表を預かって

人気グループ・TOKIOの城島茂47、国分太一43、松岡昌宏41、長瀬智也39が2日、都内ホテルで会見を行った。

山口達也46が女子高生に無理やりキスを迫り、強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検(起訴猶予処分)されたことを受け、4人で深く謝罪し頭を下げた。

松岡、城島、国分、長瀬の順で一人ずつ会場に登場すると、最初にマイクを持った城島は被害者と家族、ファン、関係者にお詫びした。

5人で話し合いをしたところ、山口から、「TOKIOを辞めます」と切り出され、辞表を渡されたが、「TOKIOとしてやっていく責任がある」とし、答えを出すよりも先に謝罪会見を行ったと語った。

 


ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は1日、マスコミ各社へファクスで謝罪コメントを発表。

グループの今後については、「メンバーも、それぞれが23年の時を重ね、今の立場に立っております。彼らが、まず何をすべきか、これからをどうしていくか、彼らが考えて決めていくことを受け止めます」とメンバーの決断を尊重するとしている。



報道によると、山口は今年2月に港区の自宅マンションに番組で知り合った女子高生2人を呼び出し、無理やりキスを迫るなどわいせつな行為をした疑いがあり、強制わいせつ容疑で書類送検された。

1日に、起訴猶予処分が下された。

被害者から被害届が出されたが、被害者とは示談が成立している。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第10回AKB48世界選抜総選挙 海外グループメンバーも立候補

21日、 TOKYO DOME CITY HALLにて「第3回AKB48グループドラフト会議」が開催され、「第10回選抜総選挙」の開催と開催地について発表された。

今年で10回目を迎える「AKB48選抜総選挙」で、海外を拠点にした姉妹グループのうち、ジャカルタの「JKT48」、バンコクの「BNK48」、台北の「TPE48」にも被選挙権が与えられることが明らかになった。



これまで国内と海外グループ兼任メンバーの出馬はあったものの、海外の姉妹グループが本格的に総選挙参加するのは初。

名称も「AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙(第10回 AKB48世界選抜総選挙)」に決定した。

「選抜総選挙」は、AKB48のシングルを歌う選抜メンバーを、ファンによる投票で決定する年に1度のイベント。



10回目を迎える今年は、第10回世界選抜総選挙記念枠(81~100位)を新設し、53枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー、合計6グループ総勢100人を決定する。

今年も立候補制を導入。

23日時点で国内6グループ・海外3グループに在籍するメンバーに被選挙権が与えられ、23日午後5時から27日まで受け付ける。



投票期間は5月29日午前10時にスタートし、6月15日午後3時に締め切られ、5月30日に速報を発表する。

開票イベントは6月16日を予定。開催地は公募で決定する。



 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

東国原英夫氏、ビートたけし「オフィス北野」からの独立を語る

ビートたけし71が3月いっぱいで「オフィス北野」から独立することが分かった14日、一番弟子で前宮崎県知事の東国原英夫氏60はJR新大阪駅で取材陣に囲まれた。

「コメントは差し控えたい」としながらも、独立騒動の感想には「師匠なりのお考えがあるんじゃないでしょうか」と答えた。


独立について事前に相談や報告は「特にございません」。

理由については、「分からないです」。

「この件に関しては、コメントを差し控えさせていただきます」と丁重に繰り返したが、独立の経緯については、「師匠なりの考えがあってのことでは」と思いやった。



ガダルカナル・タカ61やラッシャー板前54ら、たけし軍団の動向にも注目が集まる中、一番弟子として、自分の意向を問われると、「今後(たけし側と)相談していくことになるでしょう」とした。

たけしは15年秋、一部で愛人とも伝えられた18歳年下でビジネスパートナーとする女性と、新会社「T.Nゴン」を設立していた。

昨年3月に同社代表に就任、独立に向けて着々と準備を進めていた。



オフィス北野の森昌行社長65は日刊スポーツの取材に対し、独立の理由を、「残された人生を考えた上の新境地ということなのでしょう」と説明した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

何の順位?1前田敦子 2山口百恵 3森且行 4嗣永桃子 5キャンディーズ

昨年から今年にかけて、嗣永桃子(元Berryz工房/カントリー・ガールズ)、渡辺麻友(AKB48)、有安杏果(ももいろクローバーZ)ら人気メンバーがグループを卒業している。

ファンに惜しまれ、世間的にも大きな話題となるアイドルの卒業。ORICON NEWSでは「印象に残ったアイドルの卒業」について意識調査を行った。

過去から遡り「印象に残ったアイドルの卒業」について、10代から50代の男女、計1,000人の一般ユーザーに調査。

以下のような名前が上位に挙がった。

・前田敦子……15.9%
・山口百恵……13.5%
森且行……7.8%
・嗣永桃子……7.2%
・キャンディーズ……6.0%


AKB48の絶対エースだった前田敦子は、秋葉原の劇場公演にも人がなかなか集まらなかった結成初期からセンターを務め、ミリオンセラーを連発する国民的アイドルとして大ブレイクするなかでグループの顔に。

2012年8月、念願だった初の東京ドーム公演3daysを終えた翌日、原点のAKB劇場で卒業公演を行った。250席のチケットの応募倍率は916.38倍にも上った。

彼女の名前を挙げたのは10~30代が中心ながら、40~50代も少なくない。

「AKBグループのなかで有名な子が初めて卒業を発表して衝撃も大きかったが、その勇気がすごいと思った」(埼玉県/20代/女性)

「頂点を見て自分の将来を考えて、後輩のことを思い自ら退く。タイミングは突然だったが、その場所に固執しない姿勢に好感が持てた」(東京都/40代/女性)

といった声が多く、人気絶頂だったグループのトップに立つ前田が、「20歳の夢に向かって歩き出さなければいけない」(卒業発表時のコメント)と旅立ったインパクトの強さを物語っている。

 

     & nbsp;                

 

山口百恵は中3でデビューして70年代に数々の名曲を残したのみならず、映画やドラマでも活躍した大スター。

世代や男女を問わず国民的人気を博していたなか、1980年に映画で名コンビだった三浦友和との婚約と21歳での芸能界引退を発表。

日本中に衝撃を呼んだ。

日本武道館でのファイナルコンサートのフィナーレで、マイクをステージ中央に置いて去ったのが語り草に。

その後は一切表舞台に姿を見せず、伝説的存在となった。

40~50代から多く名前が挙がった。

「人気絶頂期だったのにもめた印象がなく、惜しまれつつ潔い感じがした」(東京都/50代/女性)、

「結婚して家庭に入る道を選んだことで、自分の考えを通した」(北海道/50代/男性)といった声が代表的。

引退劇の美しさと、人気より家庭を選んだ生き方が当時を知る世代に今も焼きついているようだ。

ORICON NEWSから抜粋

3位の森且行と4位の嗣永桃子は、キャンディーズの上にくるような知名度があるのだろうか。

芸能界とはおよそ無縁の分野に進むからだろうということのようです。

AKB48グループ プロフィール名鑑2018 (TJMOOK)

新品価格
¥1,296から
(2018/2/3 18:17時点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺麻友がミュージカル初舞台、「アメリ」の主演に抜てき

昨年末の紅白歌合戦出演とともにAKB48を卒業したまゆゆこと渡辺麻友23が、ミュージカル「アメリ」(5月18日~6月3日、東京・天王洲銀河劇場ほか)に主演することが22日、分かった。

初舞台で主演にも抜てきされ、「選んでいただいたからには、今の私に出せる全ての力を注ぎ全身全霊で務めさせていただきます」と意気込んでいる。

 

                     

 

これまでAKB48のメンバーとしてアイドル活動だけでなく、フジテレビ系、「戦う!書店ガール」(15年)でプライムタイム連続ドラマで主演するなど、女優としてソロ活動も行ってきたが、舞台出演は初めて。

 

                              


                                 

 

 

                                                           

 

                                                               ま ら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指原莉乃、STU48の兼任と劇場支配人を卒業 HKT48と向き合う

HKT48指原莉乃25が25日、広島市内で行われたSTU48の『瀬戸内7県ツアー千秋楽』に出演し、STU48の兼任と劇場支配人職をこの日限りで終了すると発表した。

多忙で来年1月31日のデビューシングルのイベントに参加できないこととHKTの活動に専念することが理由。

Stu48なぁちゃん(キャプテン岡田奈々)とみんなの関係を見ていて、正直、自分の中で忘れていたものを思い出した。もう1度、私もHKTと向き合わないとなと思った」と、本籍グループの再建を誓った。

指原の突然の発表に、エース瀧野由美子20は、「いつかは指原さんに『もっとSTUにいれば良かった』と思われるようになりたい」と泣きながら宣言。

 

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

 

 

指原も、「その言葉で既に泣いてるよ」ともらい泣きしていた。

HKT、STUともに現時点でまだ専用劇場がなく、「ライバルになると思うから、協力できない」とジョークまじりに説明。

「もうちょっと一緒にやりたかったけど、ここでHKTに専念したいと思う。どっちが劇場早くできるか勝負ということで。どっちも早くできることを祈っています。今日は『ラストSTU』を頑張るのでよろしくお願いします」

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKB48&岡田奈々&STU48&須藤凜々花

AKB48グループにかつての輝きはない。


しかし実績と知名度は申し分なくまた規模が大きいので、『地元密着』というコンセプトのもと、日本だけでなくアジアの各都市や地域の要請と期待に応じながら展開すれば大地に根を張れるような気がする。


それこそ、一時的な熱狂と社会現象にとどまらない、真の『国民的アイドルグループ』ではないだろうか


     


感心するのは岡田奈々のような十代の女の子が新しいグループ/STU48を任されて、同じ年ごろのメンバーたちの心をつかんでゆくところ。


これは、いわゆる『アイドル』に要求される能力を遙かに超えている。


  


それにしても、個性豊かで面白いNMB48須藤凜々花の卒業は惜しい!!


誰ひとり辞めてほしい者はいなかっただろうし、本人もNMB48に愛着があったのではないか。


                

 


     


        

 


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKB48Gに「STU48」が来夏誕生 船上劇場、出航

AKB48Gに瀬戸内7県を活動拠点とする新たな姉妹グループ「STU48/瀬戸内48」が来夏に誕生することが10日、兵庫・神戸ワールド記念ホールで行われた「AKB48Gユニットシングル争奪じゃんけん大会」で発表された。「AKB48」の田名部生来たなべ みくが優勝した後、

Stu48ステージ上のモニターで「特報」として告知された。

STU48は、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の瀬戸内7県を中心とした新グループ。

来夏にグループ発足を予定しており、7県に囲まれる瀬戸内海を航行する船に劇場を作って活動することも明らかにされた。

グループ総監督の横山由依は、

「『STU48』が出航ということで、また新しい姉妹グループができることになりましたが、みなさん、応援してくれますか~!」と呼び掛けて会場を沸かせた。

                                

                                                 

                                

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぱるること島崎遥香、12/26に卒業公演 夢は「ジブリの声優

HKT48の指原莉乃、AKBの渡辺麻友とグループ総監督の横山由依が3日、東京都内で行われた「『バイトルNEXT』新CM発表会」に出席し、この場で卒業を発表した島崎遥香にエールを送った。指原は「前に1回、電話で話した」ことを明かし、「本当に不器用で、こんなに努力が表に伝わらず、悩みや不安が外に届かない子がいるんだなと思った」と振り返った。

Photoその上で、「今は誤解されやすい部分が多くても、女優という夢に向かって進んでいく中で、(真の姿を)皆さんに分かって頂けるのでは」と語った。

同期の横山は、「何を言おうか事前に考えておこうと思っていたけれど、言葉が本当に見つからない…」と涙で声を震わせた。

また、「ぱるるが総選挙の(開票イベントの)時に言っていたように、一度、卒業を相談されたので泣いて止めた」、「その時は『迷うよ』と言っていたけれど、(その後)意識が変わって強い気持ちが芽生えたんだと思う」と島崎の胸中を察した。

さらに、「AKB48はみんなが夢をかなえていく場所。ぱるるが卒業してからも活躍してくれることが、メンバーやファンの皆さんの励みになる。応援しています」と続けた。

同年の渡辺は、
「卒業という大きな決断を下したことに、物凄く勇気をもらいます」とコメント。「ぱるるは自分を持っているし、何色にも染まるような子だと思う。これから女優として、いろんな役柄を演じる姿を見るのがすごく楽しみ」と期待を込めた。

                                

                                

                                

                                                 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧