赤ちゃんポストに抵抗感 高市早苗少子化担当相ら

親が育てられない新生児を引き受ける赤ちゃんポストを厚生労働省が容認したことについて、政府内で23日「子捨ての勧めになりかねない」と懸念を示す声が上がるなど慎重論が出始めた。

赤ちゃんポストは、熊本市の慈恵病院が設置を計画。
柳沢伯夫厚労相は「何か問題が法律上あるかといえば、ありませんということ。前向きに進むと思うが、活動の状況、推移を慎重に見ていく」とし、違法性はないものの病院側の慎重な運用が必要だとの見方を示した。

銀も 金も玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも 山上憶良

安倍晋三首相は記者団に「ポストという名前に大変抵抗を感じる。子供を産むからには親として責任を持って産むということが大切。そういうお子さんに対応する施設もある。匿名で子供を置いていけるものを作るのに大変抵抗を感じる」と述べた。

塩崎恭久官房長官も「法解釈以前に、親が子供を捨てることが起きないためにどうしたらいいのか考えることが大事だ」と指摘。
高市早苗少子化担当相も「もう少し議論を深める必要もある」と懸念。

     最新人気ブログランキング クリック


| | コメント (0) | トラックバック (22)