2018/07/12

「加計学園、学生のためにも説明責任果たせ」愛媛県議会、自民党含め全会一致で採択

学校法人「加計学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設

めぐり、加計孝太郎理事長の6月の初会見に批判が出て

る問題で、愛媛県議会は11日、対外的な説明責任を果た

う学園に求める決議を自民系会派を含む全会一致で

採択した。

決議は、「県への虚偽報告についての謝罪や理事長の記者

会見が行われたものの、未だに混迷した状況が続いている」

とし、学生らが学問に専念できる環境を整えるには、

「学園自らが、疑念を晴らすための説明を尽くすことが最

も大切」と指摘。

「説明責任をしっかりと果たし、学園のコンプライアンスと

ガバナンス確立すること」を学園に要請している。

愛媛県は、学園に約93億円を補助する今治市に対し、

約31億円を支援する。

自民党県連幹事長の戒能潤之介県議は、

「県は税金を投入する。県民が十分納得するために、

学園の丁寧な説明が必要だ」

と指摘したうえで、

「県民の代表として学園に対して決議した。国への影響は

分からない。国会は国会として議論すればよいことだ」

と述べた。

学園は2015年、加計孝太郎理事長と安倍晋三首相が獣医

学部設置をめぐって面会したと県に報告。

加計理事長は6月の会見で面会を否定したが、会見への

参加を地元・岡山の記者に制限し、25分間で打ち切った。

愛媛県庁の記者クラブの再会見の要請に、

学園は「予定はない」と回答。

中村時広知事は今月5日、

「改めて会見を開くべきだ」との考えを表明している。

                  (MSNニュース)参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/11

西日本豪雨、死者168人、不明90人 酷暑の中、捜索続く 24万戸が断水

西日本を襲った記録的な豪雨で、被災地では11日も最高

気温が30度を超える酷暑の中、インフラの復旧や捜索・

救助活動が続いた。

これまでの死者は12府県で168人、安否不明者は6府県で

90人に上った。

厚生労働省によると、同日正午現在、24万4620戸で断水

が続いている。

内訳は広島県が21万1008戸、愛媛県が2万2757戸、岡山県

が9693戸など。

総務省消防庁によると、15府県の6985人が避難所に身を寄

せている。

広島県福山市では11日午前、瀬戸町地頭分のため池に

亀裂が見つかった。

市は決壊の恐れがあるとして、下流にある熊野町高下の

25世帯に避難指示を出した。

岡山県では死者57人のうち、堤防の決壊で甚大な被害を

受けた倉敷市真備町地区で49人が死亡した。

県は11日、同地区の行方不明者が38人に上ると発表。

県内の不明者は40~92歳の計43人となった。

これまでに死亡が確認されたのは、広島県で66人、岡山県で

57人、愛媛県で26人。

ほかに京都府で4人、山口県と福岡県で各3人など。

  【時事通信社】参照

Photo

麻原彰晃らオウム真理教関係者7人死刑執行前夜に酒宴。

集中豪雨による被害が甚大になる時期でもある。

片山さつき参院議員のツイッターから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/08

安倍晋三首相と上川陽子法相ら、オウム死刑執行前夜に赤ら顔で乾杯

オウム真理教の教祖・松本智津夫/麻原彰晃死刑囚ら7人の死刑が執行される前日の5日夜、

安倍晋三首相が、執行を命令した上川陽子法相らと共に赤ら顔で乾杯していたことが発覚した。

ネット上で批判が噴出している。

安倍首相は同日夜、東京・赤坂の議員宿舎で開かれた自民党議員との懇親会に出席。

上川法相や岸田文雄政調会長ら40人超と親睦を深めた。

この時の様子を、同席した片山さつき参院議員が写真付きでツイッターに投稿。

総理とのお写真撮ったり忙しく楽しい!〉と呟いている。

写真では、上川法相の隣で破顔一笑の安倍首相。

とても、死刑執行前夜とは思えない。

さすがに、片山議員のツイッターには、

〈どういう神経でどんちゃん騒ぎができるのか〉

〈普通は気が沈んで口が重くなる〉、〈ゾッとする〉

と批判の声が寄せられている。

          (日刊ゲンダイDIGITAL)から

Photo

 死刑前夜に酒宴(片山さつき議員のツイッターから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

松本智津夫/麻原彰晃オウム真理教元代表死刑囚ら7人の刑を執行

法務省は6日、

オウム真理教による一連の事件で死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚63の刑を執行した。

2006年9月の死刑確定から11年9カ月。

日本社会を大きく揺るがせ、裁判で「首謀者」と認定された

教祖の刑執行は平成の事件史に刻まれる節目となる。

松本死刑囚は1955年に熊本県で生まれ、

84年にオウム真理教の前身「オウム神仙の会」を設立。

ヨガ修業や「超能力」をうたい信者を集めた。

90年には、松本死刑囚自身や信徒が衆院選に立候補したが、いずれも落選。

信徒の脱会や高額な「お布施」の支払いなどを巡ってトラブルが相次ぎ、社会的な批判を浴びた。

95年に地下鉄サリン事件発生を受け、

警視庁は山梨県上九一色村(当時)の教団施設を強制捜査し、松本死刑囚を逮捕。

松本死刑囚は地下鉄サリン事件のほか、

坂本堤弁護士一家殺害事件や松本サリン事件でも起訴され、計13事件で殺人罪などに問われた。

96年に始まった東京地裁の公判では無罪を主張したが、

2004年に死刑判決を受けた。

その後、弁護団が、「(松本死刑囚と)意思疎通ができない」

ことを理由として提出期限までに控訴趣意書を出さなかったため、東京高裁は06年に控訴棄却を決定。

最高裁も高裁決定を支持し、同年中に死刑が確定した。

教団による一連の事件の刑事裁判は、18年1月に終結。

法務省は3月、

東京拘置所に収監していた死刑囚13人のうち松本死刑囚らを除く7人を別の拘置所や拘置支所に移送していた。

            (毎日新聞)参照

松本死刑囚のほかに刑が執行されたのは、

土谷正実53、遠藤誠一58 (以上、東京拘置所)、

新実智光54、井上嘉浩48 (以上、大阪拘置所)、

中川智正55 (広島拘置所)、

早川紀代秀68 (福岡拘置所)の各死刑囚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/05

甲賀流忍者(早道之者)集団伝承の『忍術書』見つかる 弘前市立図書館

青森大学公認の「忍者部」顧問・清川繁人薬学部教授57は、4日、弘前藩に仕えた甲賀流の流れをくむ忍者集団、

早道之者 はやみちのもの」の忍術を記したとみられる『忍術書』の原本が、

青森県弘前市立図書館で見つかったと発表した。

清川繁人教授はこれまでも『忍者屋敷』だったとみられる古民家を弘前市内で確認するなどしているが、

県内で『忍術書』が見つかったのは初めてという。

忍術書』は12ページで、

「武器の作り方」や「まじないの文言」が書かれている。

火薬とトリカブトを混ぜて「目くらまし」を作る方法や、

乾燥させたヒキガエルやオシドリなどを燃やして作る「眠り薬」など怪しげなものも。

忍者らしく、旅先での心得には、

「宿では使用する出入り口を1カ所にし、侵入者に気付くように扉に畳を立てかけておく」などと指南されているという。

忍術書は京都市の忍者研究家、上田哲也さんが調査のため弘前市を訪れた今年3月に発見した。

他の地域で見つかっている忍術書の内容に似た記述があることなどから、

「忍術を後世に伝承するため、早道之者が一時解散した宝暦6(1756)年前後に書かれた可能性が高い」(清川教授)。

清川教授は、「早道之者が実際に忍術や小道具を使っていたことが分かった。

これをきっかけに新たな資料の持ち主が現れれば」と話していた。

           (毎日新聞)参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文科省佐野太局長を受託収賄容疑で逮捕、東京地検特捜部

文部科学省の現役の佐野太局長58が私立大学の支援事業をめぐって東京医科大学に便宜を図る見返りに、

自分の子どもを合格させてもらったとして逮捕された

東京地検特捜部の強気からすると、

佐野太局長には安倍晋三氏との繋がりがなかったようだ。

受託収賄の疑いで逮捕されたのは、

文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者。

知人で会社役員の谷口浩司容疑者47も収賄のほう助の疑いで逮捕され、

特捜部は谷口浩司の関係先などを家宅捜索している。

 

特捜部によると、佐野は文科省の官房長だった去年5月、

東京医科大学が私立大学の支援事業の対象校として選んでもらえるよう便宜を図った見返りに、

今年2月、受験した自分の子どもの点数を加算させ合格させてもらった疑いがもたれている。

東京医科大学は、

「深くお詫び申し上げます。捜査に全面的に協力しているところです」とコメントしている。

 

                      (TBS NEWS)参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

八王子スーパー射殺など、未解決4事件の懸賞金を延長 警察庁

警察庁は1日、東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」で1995年7月にアルバイトの女子高校生ら3人が射殺された強盗殺人など4事件について、

解決に結び付く有力情報に懸賞金(上限300万円)を支払う期間を1年間延長すると公表した。

他の3事件は、96年7月に群馬県太田市のパチンコ店で当時4歳だった横山ゆかりさんが行方不明になった事件。

大阪府熊取町で2003年5月、当時小学4年だった吉川友梨さんが下校途中に行方不明となった事件。

そして09年11月に新潟市でタクシーの男性運転手(当時63)が車内で刺殺され、売上金などが奪われた事件である。

 【時事通信社】参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマゾン騙る詐欺多発 電話やメール、SMSで脅す 被害約1億6500万円

消費者庁は6月30日までに、インターネット通販大手「アマゾン」を装い、有料動画の未払い料金名目の架空請求詐欺が多発しているとして、注意を呼び掛けた。

2017年11月も同様の注意喚起をしたが被害は減らず、被害は計約1億6500万円に上る。

手口は、携帯電話やスマートフォンにショートメッセージで、

有料動画の未納料金がある。連絡がないと法的手続きに移行する

という文面を送り付けるもので、記載された電話番号にかけてきた人に対し、アマゾンのギフト券などを購入させ、

券に記載された「支払い番号」を連絡させる方法で現金をだまし取っている。

 

17年11月~18年5月に全国の消費生活センターなどに相談が、40~70代を中心に2万2197件寄せられた。

うち既に支払った被害者は579人。

最高額は50代の女性が支払った440万円。

同庁財産被害対策室の小泉勝基室長は、

「『連絡がない場合訴訟に移行する』という趣旨の連絡は典型的な詐欺。不審な場合は消費者ホットライン188に電話して」

と話している。 〔共同〕参照



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/30

堀江貴文氏出資の『MOMO』2号機、打ち上げ直後に落下し炎上

元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、『インターステラテクノロジズ/IST』の小型ロケット「MOMO」2号機が30日朝、

北海道大樹町から打ち上げ直後に落下、炎上した。

けが人などは確認されていないという。


MOMO2号機は、全長10メートル、重さ1150キロ。

『インターステラテクノロジズ/IST』によると、

午前5時30分に同町の海岸近くに設けられた発射上から打ち上げ直後、機体が地面に落下、炎上した。

破片が飛び散る可能性もあるとして、社員らは射場から約600メートルの指令所から避難したという。

同社は状況を確認し、説明する予定。


同社は小型衛星の打ち上げロケットの開発を目指すベンチャー企業で、前身の会社は2003年に設立された。

MOMOは、市販の電子部品を使うなど、低コスト化を図り、民間企業が独自開発したロケットとして、

国内初の宇宙空間(高度100キロ)到達を目指していた。

昨年7月の1号機打ち上げは、発射から約1分後に通信が途絶えてエンジンを停止。

高度約20キロから海上に落下した。

打ち上げは当初4月を予定していたが、直前に機体の窒素ガス漏れが見つかるなどして延期していた。

『朝日新聞デジタル』参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/25

日本で唯一、女性より男性が多い県はどこでしょう?

日本の人口約1億2670万人のうち、女性約6500万人に対し男性約6170万人。

戦後、一貫して女性の人口は男性を上回り続けた。

各都道府県単位でも、人口比は女性が上回る。

しかし唯一、男性のほうが多い県がある。

愛知県だ。

女性365万人に対し男性366万人(2017年10月1日時点)。

差はわずかだが、戦後ほとんどの期間で男性のほうが多かった。

愛知にある多くの重工業企業では男性雇用が中心で、

県外からの転入者も女性より男性のほうが圧倒的に多いからである。

(週刊ポスト) から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧