秋元康さんの殺害予告投稿容疑の塾講師・米田昌訓を逮捕

作詞家の秋元康さん58の殺害予告をツイッターに投稿したとして、警視庁捜査1課は28日までに、大阪市のアルバイト塾講師、米田昌訓容疑者39を威力業務妨害の疑いで逮捕した。逮捕容疑は6月8日午後11時40分ごろ、スマートフォンから、「秋元康か、関わるアイドルを襲撃して殺してやる」とツイッターに投稿。

Photo

秋元さんがプロデュースするアイドルグループAKB48のイベント「選抜総選挙」などの警備を強化させ、業務を妨害した疑い。

同課によると、米田容疑者の自宅からアイドルグループのCDやポスターなどが押収された。

投稿を見つけた人が警察に通報して発覚した。

                                                 

                                

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の南北、数分差で揺らり。函館市で震度4、沖永良部島で5弱

26日14時21分頃、鹿児島県知名町(ちなちょう)で、M5.6、最大震度5弱の地震を観測した。この地震の数分前、同13分頃には北海道函館市泊町でM5.5、最大震度4の地震が発生している。震源地は、知名町の地震は沖縄本島近海深さ約44kmの地点、泊町の地震は浦河沖深さ約20kmの地点。日本の南北で発生した形だ。いずれも数値は暫定値。

Photo_4気象庁は揺れの大きかった知名町の地震について、同日会見を開いた。

「M5~M6ぐらいの地震が起きると、直上では震度5弱、5強という揺れはある。この付近はどこでこういう地震があってもおかしくないので、ふだんから地震に備えてほしい」

震源地付近では、ユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが南東から北西に沈み込む。

陸のプレートで起きる地震と、沈み込みに伴って起きる地震の両方が起きる。

知名町のある沖永良部は鹿児島県ではあるが、沖縄本島近海に位置し、ほぼ同じ場所で、14年10月22日(M5.6)、08年7月8日(M6.1)、07年4月21日(M5.7)の地震が起きている。

ただ「将来のことは見通せないが、過去には関連でほかの地震を起こした例はなかった」と、気象庁。

知名町で最大震度を観測した沖縄本島近海の地震では、その後に震度1以上を観測した地震はなかった。
                         
(15時25分現在)。

ただ、発生から2、3日程度は、規模の大きな地震が起きることもあり、気象庁は注意を呼びかけている。

                                

                                                 

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら刺され19人心肺停止

26日午前2時40分ごろ、相模原市緑区千木良の知的障害者施設「津久井やまゆり園」(定員150人)に刃物を持った植松聖容疑者26が侵入し、暴れていると110番があった。
神奈川県警や消防によると、入所者らが刺されるなどし、19人が心肺停止状態となり、

Photo20人以上の重軽傷者が出ている。

県警は津久井署に出頭した20代の男を、殺人未遂と建造物侵入の容疑で逮捕した。

消防などによると、心肺停止者の他に20人が重傷、6人が軽傷を負うなどし、周辺の病院へ搬送された。

ホームページなどによると、「津久井やまゆり園」は県が設置し、社会福祉法人が運営する障害者施設。

約3万m2の敷地にある八つの寮に男女の入所者が生活している。

現場はJR中央線相模湖駅の東約2キロの住宅街。

26日未明、相模原市の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に男が侵入し、入居者が刺された事件で、警察は出頭してきた元職員と名乗る植松聖容疑者を逮捕した。

調べに対し、「施設を辞めさせられて恨んでいた」と話しているという。

                                

                                

                                                 

                                

| | コメント (0) | トラックバック (12)

永六輔さん死去、ラジオ・テレビの放送作家や作詞 多方面で活躍

草創期のテレビ界で放送作家として活躍し、「上を向いて歩こう」をはじめ多数のヒット曲を作詞するなど多方面で才能を発揮した永六輔(本名・永孝雄 たかお)さんが死去したことが11日分かった。享年83。東京・浅草出身。10代の頃のNHKラジオへの投稿がきっかけで放送作家の道へ進む。

ラジオや草創期のテレビ番組に携わり、1961年から66年まで放送されたNHK「夢であいましょう」などの人気番組の脚本を書くかたわら、自らも番組に出演し、独特の早口なしゃべりで人気者になった。

作詞家としては、中村八大さんが作曲し、水原弘さんが歌った「黒い花びら」が59年に第1回日本レコード大賞を受賞。

以後も中村さんとのコンビで「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」などの国民的ヒット曲を送り出した。

                                

                                

                                

                                

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ヤマト運輸、配達日時告知装う不審メールに注意喚起

宅急便の配達日時を知らせるメールを装った不審なメールが届いたとの相談が顧客から相次ぎ、ヤマト運輸が注意を呼びかけている。ヤマト運輸によると、不審なメールは会員向けのサービス「お届け予定eメール」を装っており、件名と差出人アドレスが本物のメールと

Photo同じ表示になっている。

しかし、本物のメールにはないZIP形式のファイルが添付されており、ファイルを開いた場合、パソコンが遠隔操作されてしまうウイルスに感染する恐れがあるという。

不審なメールが届くケースは先月29日朝から確認されており、1日午後5時半までに約1100件の問い合わせがあったという。

誤って添付ファイルを開いてしまった被害例も数件あるということで、ヤマト運輸は警視庁などに被害を報告するとともに、添付ファイルを絶対に開かないよう注意を呼びかけている。

                                

                                

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国境なき記者団、日本の報道の自由度は世界72位 韓国より下

日本では政権と報道機関の関係が問題となっているが、国際NGOが調査した「報道の自由度」は世界で72位。政権が批判的なメディアを次々と訴えている韓国よりも自由度は下なのだ。国際ジャーナリスト組織、「国境なき記者団」が発表した「世界報道の自由度ランキング」。

Photo世界180の国と地域における報道の自由度を、メディアの独立性などを基準に評価したものだが、前年の61位から72位に後退、3年連続で順位を落とした。

国境なき記者団は、安倍政権がメディアの独立性を脅かしていることや、主要メディアで「自己検閲」が増加していることなどが、日本の民主主義の土台を危ういものにしているとしている。

福島原発事故や国防などが“国家機密”となっていて、厳しい法律で守られているとも指摘。

最も報道の自由度の高い国はフィンランドで、韓国は70位と日本よりも自由度が高い。

日本での表現の自由の状況について調査を行った国連人権理事会の特別報告者・デビッド・ケイ氏も19日、報道の自由が深刻に脅かされているとする調査結果を発表した。

                                

                                

                                

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本地震、死者9人 けが860人以上 4万4千人避難 余震123回

気象庁は15日、今回の地震を平成28年熊本地震と命名し、「強い余震が発生している。危険な場所に近づかず安全を図ってほしい」と注意を呼び掛けた。震度1以上の余震は15日午前10時までに123回。 菅義偉官房長官は15日朝の記者会見で、「夜間に明らかでなかった

28被害状況の全容把握と救命救助を最優先に災害応急対策に万全を尽くす」と述べた。

熊本県によると、午前5時時点で県内505カ所に計約4万4千人が避難。県内5カ所の主要病院だけで少なくとも負傷者計約390人を受け入れた。

益城/ましき町では多数の家屋が倒壊しており、自衛隊と警察、消防は計約4千人以上の態勢で救助活動を行っている。

警察庁によると、益城町で倒壊家屋の下敷きとなるなどして死亡したのは29~84歳の男性4人、54~94歳の女性4人。熊本市東区の女性が家屋内で転倒し、病院で死亡した。

地震は14日午後9時26分ごろに発生し、震度7を観測。九州中部を中心に西日本の広い範囲で強い揺れを記録した。
15日午前0時3分ごろ、震度6強を観測するなど余震とみられる強い地震が続いている。

国内で震度7を観測したのは2011年の東日本大震災以来で、九州では初めて。

                                

                                

                                

                                

| | コメント (0) | トラックバック (6)

高市早苗総務相の電波停止発言「驚きと怒り」民放キャスターが会見

民放テレビキャスターの鳥越俊太郎氏、岸井成格しげただ氏らが29日、東京都内で記者会見し、放送局への停波命令の可能性に触れた高市早苗総務相の発言について、「表現の自由を保障する憲法や放送法の精神に反する。私たちは驚き、怒っている」と非難する声明を発表した。  

Photo鳥越氏は、「そもそも放送局の電波は国民のものであって、所管官庁のものではない」などとするアピール文を読み上げ、「安倍政権のメディアに対する姿勢が現れた。ある種の恫喝」と懸念。

停波の根拠とされた放送法の「政治的に公平であること」との条文について、岸井氏は「ジャーナリズムは権力の暴走を止めなければならない。それが政治的公平・公正だ」と訴えた。

田原総一朗氏は、岸井氏をはじめ安倍政権に批判的とされるキャスターが相次いで降板することを挙げ、「偶然かもしれないが、軌を一にして骨のある人たちが辞めていくのはテレビ局が自粛したように見える。断固はね返すべきだ」と訴えた。

会見には田原総一朗氏、岸井成格氏、鳥越俊太郎氏、大谷昭宏氏、金平茂紀しげのり氏、青木理おさむ氏が出席。

                                

                                

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミス日本は慶応大の松野未佳さん 維新・松野頼久代表の次女

「第48回ミス日本コンテスト2016」(スポーツニッポン新聞社後援)が25日、東京都内で行われ、東京都出身で慶応大2年の松野未佳さん20がグランプリに選ばれた。松野さんは、「選んでくださった皆さんが後悔しないように、期待に応えられるよう頑張ります」と、笑顔で抱負を述べた。

Photo_2松野さんは「維新の党」の松野頼久代表の次女で、自民党政調会長などを務めた松野頼三氏の孫。

将来を問われると、「政治家はやっぱりあこがれの職業。これから1年、いろいろな経験をして、自分が何をしたら役に立てるのか考えたい」と話した。

ミス日本「水の天使」には立教大3年の須藤櫻子さん21、同「みどりの女神」には国際基督教大卒の飯塚帆南さん22、同「海の日」には女優の杉浦琴乃さん22、同「ミス着物」には女優の織茂璃穏さん24、準ミス日本には東京医科歯科大3年の谷本英理子さん22が選ばれた。

ミス着物の織茂さんは元「フォーリーブス」のおりも政夫さんの長女。

同コンテストはこれまで女優の山本富士子さんや藤原紀香さんらを輩出。

48回目となる今回は「行動する健康美人」をテーマに開催され、全国から2804人が応募した。

       動画像編集ソフト付

>

                                

                                 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーバス転落14人死亡27人けが 長野県警、過失運転致死傷で捜査

15日午前1時55分ごろ、軽井沢町の国道18号の碓氷バイパス入山峠付近でスキー客を乗せたバスが対向車線にはみ出し崖下に転落。男性9人と女性5人が死亡し、27人が重軽傷を負った。県警が自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で、事故の詳しい原因を調べている。

Photo_2バスの運行会社「イーエスピー」は事故2日前の13日に、乗務員の健康管理に問題があったなどとして、国土交通省から行政処分を受けていた。

バスには18歳から20代の若者を中心に乗客39人、運転手2人が乗っていた。

運転手はいずれも死亡。

負傷者は、長野県や群馬県内の病院に搬送され、手当てを受けている。現場はJR軽井沢駅の南東約2kmで、乗客から「横転事故が起きた」と110番があった。

下り坂の緩やかな左カーブを走行中に対向車線にはみ出し、右側のガードレールを倒し、崖下3mに転落、横転した。路面は凍結していなかった。県警はイーエスピー関係者の事情聴取を進めており、軽井沢署に捜査本部を設置する。15日中にもイーエスピーを家宅捜索する。

バスは14日夜、スキー客らを乗せて東京を出発。長野県の北志賀や斑尾高原方面に向かっていた。渋谷の旅行会社「キースツアー」がスキーツアーを企画していた。

国交省によると、バスを運行したイーエスピーは13日、運転手の健康状態の把握や定期的な適性診断を怠るなどの違反があったとして、バス1台について20日間の運行停止処分を受けていた。

同社はバス7台を所有。14年4月に新規の経営許可を取り、15年2月に一般監査を受けていた。

国土交通省関東運輸局は15日、バスの運行管理に問題がなかったか調べるため、イーエスピーに対し、特別監査を行った。 

       動画像編集ソフト付

                                

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (8)

より以前の記事一覧