2019/02/13

池江璃花子さん白血病に桜田五輪相「本当にがっかり、下火心配」

桜田義孝五輪担当相が、競泳女子の池江璃花子選手が

白血病を公表したことを受け、「本当にがっかりしている」

と発言していたことが分かった。

関係者によると、桜田義孝氏は12日、

「1人リードする選手がいると、全体が盛り上がる。そう

いった盛り上がりが下火にならないか若干心配している」

と東京都内で記者団に語った。

桜田氏の発言を巡り、国民民主党の玉木雄一郎代表は

13日午前、都内で開かれた会合で、

「10代の女性が命に関わる病に直面したときに、大臣が

かける言葉がそれなのか。罷免を求めたい」と批判した。

競泳の池江璃花子選手が白血病 ツイッターで自ら公表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/08

小4仲邑菫さん、井山裕太棋聖と記念対局 最年少プロ入り控え

史上最年少でのプロ入りを決めている小学4年仲邑

なかむらさん9井山裕太棋聖29の記念対局が6日、

大阪府東大阪市であった。

さんはハンディをもらったものの時間切れとなり、

引き分けで終わった時には棋聖が優勢となっていた。

さんは対局後の記者会見では悔しそうな表情を浮かべ

つつ、「うれしかった」と振り返った。

菫さんとそろって会見した井山棋聖は、

「自分が9歳の時とは比べものにならないくらい強い。

天下を狙える才能だと感じた。

今後も楽しみにしている」

と期待を寄せた。

記念対局は井山棋聖の出身地の東大阪市で開かれた

「新春囲碁フェスティバル」の行事の一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/08

2018年ユーキャン新語・流行語大賞候補30語 首相案件 #MeToo おっさんずラブ

「2018年ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート30語が

7日、発表された。

「新語・流行語大賞」は、今年1年の間に発生した多種多様

な「ことば」の中から、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンス

をもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を

選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を

毎年顕彰するもの。

    

1984年に創始され、毎年12月初めに発表。『現代用語の基礎

知識』収録の用語をベースに、自由国民社および大賞事務局

がノミネート語を選出。

選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

選考委員会は、姜尚中(東京大学名誉教授)、俵万智(歌人)、

室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、清水均

(『現代用語の基礎知識』編集部長)で構成される。

・あおり運転   ・悪質タックル   ・eスポーツ ・おっさんずラブ

・(大迫)半端ないって    ・GAFA(ガーファ)  ・金足農旋風  

・仮想通貨/ダークウェブ  ・カメ止め ・君たちはどう生きる

・筋肉は裏切らない  ・グレイヘア   ・計画運休  ・ご飯論法

・高プロ(高度プロフェッショナル制度)    ・災害級の暑さ

・時短ハラスメント(ジタハラ)   ・首相案件     ・翔タイム

・スーパーボランティア     ・そだねー   ・Tik Tok

・ダサかっこいい/U.S.A       ・なおみ節  ・奈良判定

・ひょっこりはん     ・ブラックアウト  ・#MeToo

・ボーっと生きてんじゃねーよ!  ・もぐもぐタイム



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/24

東京医科大の不正入試問題、女子82人合格が43人に。推薦入試でも疑惑

東京医科大による不正入試問題で、第三者委員会(委

員長那須弘平弁護士)は23日夜、中間報告を公表した。

今年の一般入試では、82人の女子が合格していたが、

不正によって合格者は43人に抑えられていた。

推薦入試でも女子差別が行われた疑いも浮上した。

同大は、一般入試の2次試験で小論文の得点を操作し、

女子と3浪以上の男子を不利に扱っていた。

1次試験でも裏口入学の依頼のあった受験生の得点を

加算する不正を行っていた。

報告書によると、第三者委は、操作がなかった場合の

得点を復元。

今年の一般入試の『合格者選定名簿』を分析すると、

操作によって女子の合格者数は半数に抑えられていた。

また、今年と昨年の一般入試と大学入試センター試験

利用の受験者を合わせると、合格ラインに達した女子は

計223人に上ったが、合格者数は計168人に抑えられ、

計55人が不合格となっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/19

羽田空港の新飛行ルートを米軍が拒否!上空通過も管制も認めない

東京オリンピックや急増している外国人観光客に合わせ

政府は羽田空港の発着便を増やすために新たな飛行ル

ートを検討していたが、在日アメリカ軍が関東地方上空の

飛行ルートを拒否したことで難航していることが分かった。

Photo_2

問題となっているのはアメリカ軍が抑えている首都圏上空

の「横田空域」で、日本政府は羽田空港の新飛行ルートと

して横田空域の一部を利用する案を提示するも、アメリカ

側は上空通過や日本の管制を全て拒否すると返答。

横田空域(横田進入管制区)は1都8県(東京都・栃木・

群馬・埼玉・神奈川・新潟・山梨・長野・静岡県)にも及ぶ

広大な管理区域で、この空域はアメリカ空軍の管制下と

なっている。

 

民間航空機であっても当該空域を飛行する場合は米軍

による航空管制を受ける必要があり、戦後からずっと日

本の心臓部の飛行ルートが全く使えない状態になって

いる。

すでに横田空域を回避する太平洋側のルートは限界寸前

で、新しい飛行ルートを設定するには横田空域を通る必要

がある。

日本政府にとって外国人観光客は最重要政策の一つでも

あることから、アメリカに横田空域の利用を拒否されたのは

かなりの痛手だと言えるだろう。

今後も横田空域を利用を目指してアメリカと交渉を続ける

としているが、同時に独立国の日本が空の大部分をアメリカ

によって牛耳られているという現実を見せつけられた印象だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費者庁、ジャパネットたかたに措置命令 価格不当表示で

『ジャパネットたかた』がカタログなどで、エアコンやテレビ

の値引き前の価格を不当に高く表示することで販売価格

がより割安であるかのように消費者に誤認させていたと

して、消費者庁は10月18日、景品表示法違反/有利誤認

に当たるとして、同社に再発防止を求める措置命令を出

した。

Photo

問題の表示が行われていたチラシの例(消費者庁のニュースリリースより)

同社は昨年、シャープ製のエアコンと液晶テレビを販売

した際、カタログやダイレクトメールなどで、

「ジャパネット通常税抜価格」

を表示した上で、そこから大幅に割り引いた価格を販売

価格としていた。

だが実際は、「ジャパネット通常税抜価格」で販売してい

た期間は極めて短いなど、比較対象として適切ではなか

ったと消費者庁は判断した。

親会社のジャパネットホールディングスは「措置命令を

真摯に受け止め、再発防止に努める」とコメントした。

                    ITmedia NEWS参照

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/16

仁徳天皇陵/大仙古墳、宮内庁と堺市が共同で初の発掘調査へ

大阪府堺市にある大山(仙)古墳は、仁徳天皇陵とされる

日本最大の古墳で、宮内庁は今月下旬から保全整備の

一環として堺市と共同で発掘調査をすると発表しました。

大山古墳は堀の水に浸食され、崩落する危険がある。

今回は護岸工事のために重機を設置する堤の強度など

を確認するため、古墳の内側の堤に幅2mの溝を3カ所

掘り、埴輪などが埋まっていないかを調べる。

  

調査期間は1カ月半で、宮内庁が調査の目的で大山古墳

を掘るのは初めて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/15

TERAEnergy京都の僧侶らの会社 電力小売り事業に参入へ

檀家の減少で経営が厳しい寺院が増える中、新たな収

入源を確保しようと京都の寺の僧侶たちが会社を設立し、

中国地方で電力の小売り事業に参入する方針を固めた。

電力の小売り事業に参入する方針を固めたのは、京都

市下京区に本社があるTERAEnergy

この会社は京都の西本願寺の僧侶が中心となって今年

6月に設立したもので、過疎化などで檀家が減り寺の経

営が厳しくなる中、電力の小売り事業に参入し新たな収

入源を確保する狙いがある。

中国地方には広島・山口県を中心に3余りの西本願寺派

の寺があり、全国的にも多いことから、檀家のネットワー

クを活用し中国地方5県で、来年4月から家庭向けに電力

を販売する。

    


この会社では、太陽光バイオマス発電などの電力を供給

する福岡県みやま市の電力会社みやまスマートエネルギー

から電力を調達する予定で、再生可能エネルギーの普及も

促したいとしている。

料金は、中国電力より2%ほど安くする方針で、初年度は

一般家庭4千戸の顧客獲得を目標にし、事業が軌道に乗

れば、太陽光発電などをみずから行うことも検討している。

電力の小売りの全面自由化で、新規に参入したいわゆる

新電力と既存の電力会社が販売競争を繰り広げているが、

寺の関係者が売電事業に乗り出すことで競争が激しくなり

そうだ。


TERAEnergyでは、中国地方の西本願寺派の寺に対し、

檀家や地域の住民に自社の電力を使ってもらえるよう

「営業活動」を依頼することにしている。

そして、それぞれの寺が獲得した契約件数や各家庭の

消費電力に応じて、この会社が寺に報酬を支払い、寺の

経営資金として活用してもらうことで、寺の維持に役立て

てもらう狙いがある。

この事業には、ほかの宗派の寺の関係者も関心を示して

いて、TERAEnergyでは事業が軌道に乗れば、宗派を超

えて多くの寺に参加を呼びかけるほか、中国地方以外の

地域への進出も検討しているという。

          NHK NEWS WEB 参照


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/08

加計疑獄:理事長と学園を詐欺容疑で刑事告発へ2件目 市民団体

学校法人「加計学園」(岡山市)が愛媛県今治市に新設

した岡山理科大獣医学部が、市に図書費を水増し請求

した疑いがあるとして、市民団体「今治加計獣医学部問

題を考える会」が7日、近く加計孝太郎理事長と学園を

詐欺容疑で松山地検に刑事告発すると発表した。

なお、校舎の建設費をめぐっても「考える会」は加計学園が

水増し請求をしているとして検察に刑事告発している。

団体の黒川敦彦共同代表40によると、学園が文部科学

省へ提出した資料には図書費として9928万円と記載。

ただ、実際に図書館にある本は8715冊で、団体が独自に

推計した図書費は3417万円に過ぎなかったという。

加計学園は約3倍の金額を請求していることになる。

記者会見した黒川共同代表は、「学園には、はっきりと説明

してもらいたい」と話した。

加計学園のコンプライアンス推進室は「ノーコメント」とした。

             毎日新聞など参照


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/06

ノーベル平和賞、コンゴ医師とイラク女性活動家に 性暴力被害者を支援

ノルウェーのノーベル賞委員会は5日、今年のノーベル

平和賞をコンゴ民主共和国で性的暴力による被害者救

済に取り組む医師のデニ・ムクウェゲ氏とイラクで過激

派組織「イスラム国」(IS)に性奴隷として拘束され生還

した人権活動家のナディア・ムラド氏に授与した。

委員会は表彰に、「両氏はそれぞれのやり方で、戦時中

の性的暴力についてさらに明らかにし、加害者に責任を

負わせることに貢献した」と記した。

Photo

 

ムクウェゲ氏はコンゴ東部のブカブで1999年に「パンジ

病院」を設立した。

毎年何千人もの性的暴力の被害女性の治療に当たっ

てきた。

ムラド氏は、イラクにおけるヤジーディ教徒と難民、女性

の権利のために活動している。

2014年にイラク北部モスルでISに拉致され、「性奴隷」に

された経験を持つ。

ムラド氏の母親と6人の兄弟はイスラム教への改宗を拒否

し、ISに殺害されたという。

授賞式は12月10日にノルウェーのオスロで行われる。

                                            ロイター参照


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧