« 山口真帆らの卒業後、NGT48は人気とスポンサーを取り戻せるか | トップページ | 年金は「100年安心」だったはずが、「老後2000万円不足する」と »

2019/06/17

逃亡犯条例改正の完全撤回を求めて約200万人がデモ 香港

香港で身柄を拘束した容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」改正に関して、反対派の民主派団体が16日、香港で大規模デモを行った。

 

主催した民主派団体「民間人権陣線」によると、約200万人が参加(警察発表では33万8000人)。

 

香港政府は改正の無期限延期を決めたが、参加者はあくまで完全撤回を主張、デモ隊の一部は、立法会/議会周辺の道路を占拠した。

 

香港の人口は約750万人で4人に1人が参加した計算になり、9日の100万人デモを大幅に上回る。

 

香港史上最大級のデモとなった。

 

 

    

 

市民の民意が改めて示された形で、
政府は16日夜、トップの林鄭月娥キャリー・ラム行政長官が、「多くの市民の失望と心痛を招いたことを謝罪し、誠意と謙虚さをもって批判を受け入れる」意向だとする声明を発表した。


午後3時(日本時間同4時)に始まったデモでは、香港島中心部の公園から立法会前までの約4㎞を、「延期ではなく撤廃を」などと叫びながら行進。

 

林鄭長官の辞任と、12日の大規模な抗議行動で警察が催涙弾などの武力を行使したことへの憤りも併せて訴えた。


参加者の多くが黒い服を着用し、政府や警察への「怒り」を表現した。

 

「同じ学生に暴力を振るった警察が許せない。改正案も、完全撤廃されるまではまたいつ審議が始まるか分からず、今の状態では納得できない」友人と参加した女子学生17。 

【香港時事】参照

 

 

|

« 山口真帆らの卒業後、NGT48は人気とスポンサーを取り戻せるか | トップページ | 年金は「100年安心」だったはずが、「老後2000万円不足する」と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山口真帆らの卒業後、NGT48は人気とスポンサーを取り戻せるか | トップページ | 年金は「100年安心」だったはずが、「老後2000万円不足する」と »