« アムネスティ、スー・チー氏の人権賞取り消し 恥ずべき裏切り | トップページ | 混迷の亥年をご無事に 平成31年元旦 »

2018/12/15

指原莉乃、HKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい

HKT48の指原莉乃26が15日、TOKYO DOME CITY HALLで行われたコンサートでグループからの卒業を発表した。

指原は、「ここで報告があります。私、指原莉乃はHKT48を卒業します」と泣きながら報告。


会場は、「え?」、「エー---」という驚きとどよめきに包まれた。

         Photo



「何年も前から決めていて、既に卒業コンサートの日程も決まっています。

4月28日に横浜スタジアムで。福岡のみなさんへのあいさつはアイドルを卒業したあと、5月28日に福岡マリンメッセで『指原莉乃大感謝祭』を行いたいと思います」と発表した。

「みんなのことが大好きで、それにずっと甘えて、なかなか卒業発表ができなくて。

いつも今日かもしれない、今日かもしれないと思ってコンサートを進めてきました。

でも、このコンサートをスタッフから教えられたときに、今日言いたいと思って、最後のわがままだと思ってください。

すごく考えて、いっぱい考えて出した結果なので、私の背中を押していただけるとうれしいです」と泣きながら挨拶した。

最初は冗談だと疑っていたファンからも拍手が上がる中、メンバーは号泣。

「撤回しろー!」という声も飛んだ。

「何を言っているのかわからないんですけど、平成のギリギリまで、元号が変わるまで一生懸命アイドルとして頑張りたいなと思っています。

本当にHKTが大好きなので、次のHKTが見てみたいなと思います」と伝えていた。



指原は2007年10月、AKB48第5期研究生オーディションに合格し、翌08年3月に劇場デビュー。

同年10月発売の10thシングル「大声ダイヤモンド」で初選抜入りした。

2012年5月にソロデビュー。

同年6月、『週刊文春』でスキャンダルが報じられ、6月16日にHKT48へ完全移籍した。

しかし翌年の『AKB48選抜総選挙』では初の1位となり、以降、2015〜17年の3年連続を含めて史上最多4度の1位に輝いた。

タレントとしても活躍が目覚ましく、「2018タレントネットニュースランキング」で7位となるなど話題をふりまいている。

|

« アムネスティ、スー・チー氏の人権賞取り消し 恥ずべき裏切り | トップページ | 混迷の亥年をご無事に 平成31年元旦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指原莉乃、HKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい:

« アムネスティ、スー・チー氏の人権賞取り消し 恥ずべき裏切り | トップページ | 混迷の亥年をご無事に 平成31年元旦 »