« 政府、元徴用工問題は解決済みと企業に説明。損害賠償や和解はダメ | トップページ | 2018年ユーキャン新語・流行語大賞候補30語 首相案件 #MeToo おっさんずラブ »

2018/11/06

村上春樹さん、母校の早稲田大学に『村上ライブラリー』を寄贈

国際交流の場、自身の書斎のようなスペース、レコード

コンサート、スカラシップ(奨学制度)--。

作家の村上春樹さん69は4日、母校の早稲田大で、自身

の資料寄贈を機に同大に設置される「村上ライブラリー」

(仮称)について、さまざまな夢を語った。

Photo

早稲田大学の鎌田薫前総長にサインした「騎士団長殺し」

英訳版を渡す村上春樹さん。

村上さんは記者会見に、茶色のジャケットに紺色のスニー

カー姿で登場。

「最初は村上春樹記念館という案もあったんですが、まだ

死んでいないので」と冗談を飛ばし、話を始めた。

在学中のエピソードを紹介し、「当時の早大は自由な気風

があって、僕の性格に合っていた」と述べたうえで、

「村上ライブラリー」を含む文学の研究センターが多彩な

機能を持つものとなるように、自ら「積極的に関わっていき

たい」と意欲を見せた。

質問にも丁寧に答え、小説「ノルウェイの森」の草稿ノート

などを寄贈する可能性も明かした。

膨大な資料をどこかにまとめたいと思い立ったのは4、5年前

だと言い、外国も含め「いろんな行き先を検討し」、母校が

「一番落ち着きどころという気がした」。

中でも「半世紀以上かけて一生懸命に集めた」という2万

枚近いレコードには愛着が深く、コンサート開催にも「協力

はできるだけしたい」と語った。

「自分は翻訳という言語の交流や交換によって育てられて

きた」と話した村上さん。

<

スカラシップの構想に関連してこれから文学を担う人への期待

を聞かれ、「小説の力は物語。物語が心に響く力を持っていれ

ば、言語を超えて交換可能だ」と持論を披露。

「物語を一つの武器にして追求する人が出てくればうれしい。

一つの文化の中に収まっていたら、そういう人は出てこない」

と熱を込めた。

キャンパスでは同日、ちょうど学園祭「早稲田祭」を開催中。

学園祭を楽しんでいた同大文化構想学部2年の男性20は

「世界的に有名な村上さんが母校への愛を持っていると思うと

うれしい」と話していた。

                  (毎日新聞)参照

 

|

« 政府、元徴用工問題は解決済みと企業に説明。損害賠償や和解はダメ | トップページ | 2018年ユーキャン新語・流行語大賞候補30語 首相案件 #MeToo おっさんずラブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/67351827

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹さん、母校の早稲田大学に『村上ライブラリー』を寄贈:

« 政府、元徴用工問題は解決済みと企業に説明。損害賠償や和解はダメ | トップページ | 2018年ユーキャン新語・流行語大賞候補30語 首相案件 #MeToo おっさんずラブ »