« 舘ひろし、最優秀男優賞。「散り椿」は特別グランプリ モントリオール映画祭 | トップページ | 米国務省、ウイグル族『再教育収容所』に「多大な懸念」中国に制裁検討 »

2018/09/06

台風に続き大地震 北海道・安平町で震度6強 土砂崩れ、家屋倒壊、停電

6日午前3時8分頃、北海道胆振地方中東部

震源とする地震があり、北海道安平町で震

6強の揺れを観測した。

気象庁によると、震源の深さは約40kmで地震

の規模(マグニチュード)は6.7と推定される。

警察や消防に土砂崩れや家屋倒壊、火災など

通報が寄せられており、道内の約295万戸

停電が発生している。

道警によると、厚真町で土砂崩れが発生し、

家屋が倒壊したとの情報がある。

安平町と札幌市西区で「人が埋まっている」

との110番が2件あった。

総務省消防庁によると、苫小牧市消防組合

心肺停止1人という情報が入っている。

室蘭市にある新日鉄住金室蘭製鉄所の石油

コンビナート施設では火災が発生している。

北海道電力によると、道内の全ての火力発電所

が停止し、約295万戸で停電が発生している。

JR北海道によると、道内の全線で運転を停止

しており、新青森-新函館北斗間で新幹線も

運転を見合わせている。

道警によると、道内の大半の信号がストップして

おり不要不急の外出を避けるよう呼び掛けている。

原子力規制庁によると、北海道電力泊原発

(泊村、停止中)では外部電源が喪失しているが、

非常用ディーゼル発電機が起動し、使用済み

燃料プールの冷却は続けられている。

3基の原子炉に核燃料は入っておらず、施設に

異常はないという。

また、東北電力東通原発(青森県東通村、同)や

日本原燃の使用済み核燃料再処理工場

(同県六ケ所村)にも異常はみられない。 

    【時事通信社】参照




|

« 舘ひろし、最優秀男優賞。「散り椿」は特別グランプリ モントリオール映画祭 | トップページ | 米国務省、ウイグル族『再教育収容所』に「多大な懸念」中国に制裁検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風に続き大地震 北海道・安平町で震度6強 土砂崩れ、家屋倒壊、停電:

« 舘ひろし、最優秀男優賞。「散り椿」は特別グランプリ モントリオール映画祭 | トップページ | 米国務省、ウイグル族『再教育収容所』に「多大な懸念」中国に制裁検討 »