« 加藤剛さん死去 「大岡越前」「砂の器」「忍ぶ川」「人間の条件」「三匹の侍」 | トップページ | 西日本豪雨、死者168人、不明90人 酷暑の中、捜索続く 24万戸が断水 »

2018/07/10

前田敦子、日本ウズベキスタン合作映画『旅のおわり、世界のはじまり』で主演 黒沢清監督

女優の前田敦子が、黒沢清監督による日本・ウズベキスタン

合作映画『旅のおわり、世界のはじまり』(2019年公開)で

主演を務めることが10日、わかった。

Seventh Code セブンス・コード』、『散歩する侵略者

に続いて、黒沢清監督と3度目のタッグを組み、

長編映画として初めてのオール海外ロケ撮影に挑戦。

約1か月間の撮影を経た前田は、

「AKBとして7年、AKBを卒業して今年で6年。

丁度半分くらいのところにきて、今回女優としてすごく

良い経験をさせてもらい、幸せだと思えるところまで

辿り着いたと思っています」

と心境を明かしている。

 

日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、

ナボイ劇場完成70周年を記念して製作された本作。

 

黒沢監督がオリジナル脚本を手掛け、日本のテレビ

バラエティ番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタン

を訪れた女性レポーター葉子前田)が、現地の

コーディネーターや異文化の人々との交流によって

成長していく姿を描く。

ウズベキスタンで撮影された映画に2003年公開の

妻夫木聡主演ドラゴンヘッド』があるが、日本との

本格的な合作となるのはこれが初。

ウズベキスタンを訪れた前田は、

「驚くほど良いところだと思いました。街の人たちも、本当に

いい人で、言葉が通じなくても、この国なら生きていけると、

国で初めて思いました」

前田黒沢監督は、2013年に日中合作映画『一九〇五』が

製作中止になった経緯があり、初タッグを組んだ前田の4th

シングルのミュージック・ビデオ作品『Seventh Code』では

ロシアのウラジオストクへ赴き、後に劇場公開された。 

                 (日刊スポーツ)参照

Photo_2

    黒沢清監督           前田敦子

 

 

|

« 加藤剛さん死去 「大岡越前」「砂の器」「忍ぶ川」「人間の条件」「三匹の侍」 | トップページ | 西日本豪雨、死者168人、不明90人 酷暑の中、捜索続く 24万戸が断水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/66926360

この記事へのトラックバック一覧です: 前田敦子、日本ウズベキスタン合作映画『旅のおわり、世界のはじまり』で主演 黒沢清監督:

« 加藤剛さん死去 「大岡越前」「砂の器」「忍ぶ川」「人間の条件」「三匹の侍」 | トップページ | 西日本豪雨、死者168人、不明90人 酷暑の中、捜索続く 24万戸が断水 »