« 「加計問題はやっぱりおかしい」 小泉進次郎、特別委員会設置を要求 | トップページ | 小泉進次郎氏、「国民をなめるな」自民党、参院選改革案を了承 »

2018/06/07

警察、紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏の死因を妻に説明

5月24日、「紀州のドン・ファン」と呼ばれる資産家の野崎幸助氏が死亡した。

野崎さんの遺体から多量の覚醒剤成分が検出され、6日、警察が死因を急性覚醒剤中毒と特定したことが分かった。

致死量を超えているであろう多量の覚醒剤を摂取したとみている。

警察が6日、自宅を訪れ、死因をに伝えた。

当時、死亡現場にいたのは、野崎さんと家政婦、そして55歳年下のの3人。

その日、何が起こったのだろうか。

野崎さんが自宅で亡くなったのは先月24日。

死の直前に電話を受けたという野崎さんと10年来の知人が5日、私たちの取材に答えた。

「当日に電話してんじゃん、俺、2回も3回も」

Q.亡くなる当日は普通だったんですか?

「全然普通ですよ。『(愛犬の追悼会を)11日にやるんで』と。結構、社長、しつこいんですよ」

いつもどおり、元気な声。

先月死んだ愛犬の追悼会を行うため、ほぼ毎日、相談の電話が---。

「『こうしてくれ、ああしてくれ。いろんな人が来るんで盛大にやるんで』と。

『女性も連れて来ていいから』、『何人かいたら連れてきていいから、お願いしますね』。

大勢でやりたかったんですよ」

電話の後、野崎さんに何があったのだろうか。

警察は殺人の疑いもあるとみて捜査を進めている。

|

« 「加計問題はやっぱりおかしい」 小泉進次郎、特別委員会設置を要求 | トップページ | 小泉進次郎氏、「国民をなめるな」自民党、参院選改革案を了承 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察、紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏の死因を妻に説明:

« 「加計問題はやっぱりおかしい」 小泉進次郎、特別委員会設置を要求 | トップページ | 小泉進次郎氏、「国民をなめるな」自民党、参院選改革案を了承 »