« 財務省、「森友学園」決裁文書改ざんの調査報告書を発表 | トップページ | 村上春樹さんの肉声を聴ける 初のラジオDJ TOKYO FM »

2018/06/04

日経エンタ 好きな芸人1位はサンド、V14のさんま抜く 3位タモリ

本日6月4日発売の「日経エンタテインメント!」(日経BP社)2018年7月号にて

「好きな芸人嫌いな芸人2018」と題した芸人ランキングのリサーチ結果が発表された。

これは同誌恒例の人気調査企画。

編集部がピックアップした293組を対象に、

「一番好きな芸人」、「一番嫌いな芸人」、「2017年にブレイクしたと思う芸人」、

「2018年に消えると思う芸人」という4項目で1000人が回答した結果をまとめている。

 

「一番好き」の調査では、サンドウィッチマンが昨年2位からランクを上げて、ついに1位の座に。

僅差ながらも過去14回の調査で不動の1位だった明石家さんまを抜いた。

サンドは誌面で、「僕らがさんまさん抜いたらダメでしょ」(伊達)、「事件ですね」(富澤)など、率直な感想をコメントしている。

3位は、タモリ。

 

一方、「一番嫌い」「消える」の1位はともにアキラ100%だった。

アキラはインタビューの中で、

「もともと賛否両論あるネタをやっているので、嫌がられるのを気にしていられない」と語り、この1年で一番キツかった仕事などを明かしている。

|

« 財務省、「森友学園」決裁文書改ざんの調査報告書を発表 | トップページ | 村上春樹さんの肉声を聴ける 初のラジオDJ TOKYO FM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経エンタ 好きな芸人1位はサンド、V14のさんま抜く 3位タモリ:

« 財務省、「森友学園」決裁文書改ざんの調査報告書を発表 | トップページ | 村上春樹さんの肉声を聴ける 初のラジオDJ TOKYO FM »