« 国民民主党、約60人で旗揚げ 野田・岡田氏ら大物不参加 | トップページ | 中村時広愛媛県知事、県職員が柳瀬唯夫氏と交換した名刺を公開 »

国民民主党の略称、選挙は「国民党」参院会派は「民主」

国民民主党は9日までに、参院会派「国民民主党・新緑風会」の略称を「民主」とすることを決めた。

国政選挙で使う公職選挙法上の略称は「国民党」で、同党をめぐる略称が2種類となり、混乱を招く可能性もありそうだ。

大塚耕平共同代表が9日、新党結成のあいさつで会談した公明党の山口那津男代表から、「略称が国民から見て、ちょっとわかりにくいかもしれない」と指摘され、「参院会派の略称は、うちが『民主』で立憲民主党が『立憲』。党の略称は『国民(党)』」と説明した。



 

参院事務局によると、参院会派の略称は会派の提案に基づいて決められ、すでにある別の会派の略称と重なっていなければ使用できる。

主に国会で使う資料などに用いるほか、参議院の公式ホームページでも使われるという。

衆院会派「国民民主党・無所属クラブ」の略称は「国民」とした。

民進党と旧希望の党が合流して新党を作る際、両党内では当初、党名を「民主党に戻すべきだ」とする意見が多かったが、総務省から公選法上の略称を「民主党」とする立憲との混同を指摘され、断念した経緯がある。




|

« 国民民主党、約60人で旗揚げ 野田・岡田氏ら大物不参加 | トップページ | 中村時広愛媛県知事、県職員が柳瀬唯夫氏と交換した名刺を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/66703535

この記事へのトラックバック一覧です: 国民民主党の略称、選挙は「国民党」参院会派は「民主」:

« 国民民主党、約60人で旗揚げ 野田・岡田氏ら大物不参加 | トップページ | 中村時広愛媛県知事、県職員が柳瀬唯夫氏と交換した名刺を公開 »