« 関西学院大QBの父・奥野康俊さん、嘆願書募集のお願い 全文 | トップページ | 「一切関わっていない⇒収賄関係はない」安倍晋三。人が亡くなっているのに »

2018/05/28

香取慎吾、ルーブル美術館で初個展「ジャポニスム2018」公式企画


元SMAPの香取慎吾41がフランス・パリのルーブル美術館で初の個展を開催することが27日、分かった。

日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」(7月~19年2月)の公式企画として、展覧会「NAKAMA des ARTS」(9月19日~10月3日)を同館内で実施する。

出品作は選定中。

さらに、「ジャポニスム2018」の広報大使に任命されることも決まった。

今年3月に香港で、海外初作品となるストリート・アートを披露し世界進出した香取が、ついに聖地に乗り込む。

場所は、ほぼ毎年プライベートで足を運んだ憧れのルーブル美術館。

「アートにゴールはないと思い続け、描き続けているぼくですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーブル美術館でスタートできることに、ぼくのアート脳が爆発しています。たくさんの人に僕を感じてもらいたい」と意欲を燃やす。

芸術の都での“個展デビュー”に、アイデアは膨らむ一方だ。

 

個展は、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもと、絵画やオブジェのほか、自身の好きなファッションなども紹介する。

さらには、「ZUKIN/頭巾」を何個もつなぎ合わせてドーム型にする「新しい建築」とのコラボ作品の発表を予定。

香取も展示に伴う作業のため現地に足を運ぶ。

期待されているのは芸術だけではない。

SNSなどでの発信力の高さを買われ、パリ内外の約100会場で約8カ月間開催される「ジャポニスム2018」の広報大使に任命されることも決まった。

今後、日仏両国で様々な広報活動を行う予定で、「ぼくの大好きなフランスと日本の“響きあう魂”を、パリで世界中の方々に体感してもらえたらうれしい」。

“新しい地図”に次々に加わる新たな道に、胸を高鳴らせていた。

|

« 関西学院大QBの父・奥野康俊さん、嘆願書募集のお願い 全文 | トップページ | 「一切関わっていない⇒収賄関係はない」安倍晋三。人が亡くなっているのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香取慎吾、ルーブル美術館で初個展「ジャポニスム2018」公式企画:

« 関西学院大QBの父・奥野康俊さん、嘆願書募集のお願い 全文 | トップページ | 「一切関わっていない⇒収賄関係はない」安倍晋三。人が亡くなっているのに »