« 民進党と希望の党 小池百合子代表「排除する」 | トップページ | 政治家の意気と価値と »

安倍晋三個人商店×小池百合子個人商店

来る10月22日の『衆議院議員選挙』は、陰りが見えているとはいえ老舗の「安倍晋三個人商店」と、今まさに飛ぶ鳥落とす勢いの「小池百合子個人商店」の対決の様相を呈している。

ただ小池氏の、「民進党議員のうち、憲法と安全保障に関して考え方の違う議員は排除する」という発言には意味するところは理解できるが、その言葉遣いの冷酷さに驚いた。

根本のところで、「人/国民」を大事に思っていない。

 

    

 

民進党の議員全員を『希望の党』に合流させようと思って交渉したであろう前原誠司代表はきわめて甘いし、そういう感覚だから、民進党は絶えず離党と分裂を繰り返して今に至ったのであろう。

藁をもつかむ思いなのだろうが、思想信条の異なる政党に入党しようとする議員も情けない。

その点、早い段階で、「希望の党にはいかず、無所属で出馬する」と明言した辻本清美議員らは潔かった。

  

               

|

« 民進党と希望の党 小池百合子代表「排除する」 | トップページ | 政治家の意気と価値と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/65899548

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三個人商店×小池百合子個人商店:

« 民進党と希望の党 小池百合子代表「排除する」 | トップページ | 政治家の意気と価値と »