« 永六輔さん死去、ラジオ・テレビの放送作家や作詞 多方面で活躍 | トップページ | 仲裁裁判所、南シナ海「九段線」に根拠なく中国の主権認めず  »

鳥越俊太郎氏、野党統一候補に 東京都知事選

民進党は12日、東京都知事選(14日告示、31日投開票)で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏76を擁立することを決めた。先の参院選で共闘した民進、共産など野党4党の枠組みで支援する。鳥越氏は12日午後2時から都内のホテルで記者会見し、出馬を表明する。

Photo野党4党の幹事長・書記局長は12日午後、国会内で会談し、野党統一候補として鳥越氏の擁立を確認する予定。

都知事選をめぐっては、過去2回にわたり共産、社民両党などの推薦で出馬し、次点だった元日弁連会長の弁護士、宇都宮健児氏69も11日に出馬を表明した。

野党側は宇都宮氏に出馬の取りやめを働き掛けている。

民進党幹部によると、鳥越氏は11日に岡田克也代表と面会し、立候補に意欲を示したという。

執行部の動きとは別に、党都連は11日、元経済産業省課長の古賀茂明氏60に出馬を要請したが、党幹部が古賀氏の擁立に難色を示していた。

都知事選では、自民党都連が元総務相の増田寛也氏64の擁立を決め、党本部に推薦を申請。

自民党の小池百合子元防衛相63も出馬を表明している。

*鳥越俊太郎氏は12日午後、都内のホテルで記者会見し、都知事選に出馬する考えを表明。「住んでよし、働いてよし、環境によしという3つのよしを持つ東京のために全力を捧げたい」と述べた。

20年の東京五輪・パラリンピックについては、「全力を挙げて輝かしい日本、東京の存在を世界に発信したい」。

「格差が進行して恵まれない方がいるのも事実だ。少子高齢化にもつながっている」として、待機児童問題や子どもの貧困、介護問題などに取り組みたいとも訴えた。

憲法改正について、「国政の問題」だとしつつ、「射程に入っているのが参院選でわかった」とも強調。

都知事選に関し、「参院選と違う結果がでればうれしい」と語った。

                                

                                

                                

                                

|

« 永六輔さん死去、ラジオ・テレビの放送作家や作詞 多方面で活躍 | トップページ | 仲裁裁判所、南シナ海「九段線」に根拠なく中国の主権認めず  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/63904974

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥越俊太郎氏、野党統一候補に 東京都知事選:

« 永六輔さん死去、ラジオ・テレビの放送作家や作詞 多方面で活躍 | トップページ | 仲裁裁判所、南シナ海「九段線」に根拠なく中国の主権認めず  »