« オバマ氏、伊勢志摩サミット後に広島へ 核なき世界を目指す姿勢示す | トップページ | 英国、欧州連合(EU)離脱へ…欧州統合に打撃、世界経済も激震 »

参院選が22日公示  安倍氏、卑怯にも改憲より経済と争点外しに躍起

安倍晋三首相は憲法改正の争点化は必ずしも必要ないとの立場だが、民進、共産など野党4党は、「改憲勢力による3分の2以上の議席獲得阻止」を前面に打ち出しており、憲法改正が選挙戦の焦点となるのは必至だ。

Photo_2政権の経済政策「アベノミクス」の是非も争点となる。

首相は22日、熊本と福島両県の4カ所で街頭演説を行い、

「共産党は自衛隊は憲法違反だと言った。こんな無責任な人たちに未来を託すことはできない」と野党批判を展開。

憲法改正に触れることはなかった。

民進党の岡田克也代表や共産党の志位和夫委員長は首相のこうした姿勢を、「しっかり参院選で憲法について議論すべきだ」と繰り返し批判している。

野党4党は、参院選の勝敗のカギを握る改選数1の「1人区」で候補を一本化して与党と対決している。政策に幅がある4党をつないでいるのは、安全保障関連法への反対だ。そのため、9条改憲への危機感を強調している。

首相は第1次政権で臨んだ07年の参院選を前に、憲法改正を争点にする考えを示し、大敗した過去がある。

昨年の安保関連法成立時には内閣支持率が下落した。

首相は選挙戦で野党側の「9条改憲論」に巻き込まれることを警戒しているとみられる。

                                

                                

                                

                                

|

« オバマ氏、伊勢志摩サミット後に広島へ 核なき世界を目指す姿勢示す | トップページ | 英国、欧州連合(EU)離脱へ…欧州統合に打撃、世界経済も激震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/63818409

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選が22日公示  安倍氏、卑怯にも改憲より経済と争点外しに躍起 :

« オバマ氏、伊勢志摩サミット後に広島へ 核なき世界を目指す姿勢示す | トップページ | 英国、欧州連合(EU)離脱へ…欧州統合に打撃、世界経済も激震 »