« 前田敦子、宮脇咲良のAKB「不動のセンター」にお墨付き | トップページ | レオナルド・ディカプリオ、悲願のオスカー受賞 アカデミー賞授賞式 »

高市早苗総務相の電波停止発言「驚きと怒り」民放キャスターが会見

民放テレビキャスターの鳥越俊太郎氏、岸井成格しげただ氏らが29日、東京都内で記者会見し、放送局への停波命令の可能性に触れた高市早苗総務相の発言について、「表現の自由を保障する憲法や放送法の精神に反する。私たちは驚き、怒っている」と非難する声明を発表した。  

Photo鳥越氏は、「そもそも放送局の電波は国民のものであって、所管官庁のものではない」などとするアピール文を読み上げ、「安倍政権のメディアに対する姿勢が現れた。ある種の恫喝」と懸念。

停波の根拠とされた放送法の「政治的に公平であること」との条文について、岸井氏は「ジャーナリズムは権力の暴走を止めなければならない。それが政治的公平・公正だ」と訴えた。

田原総一朗氏は、岸井氏をはじめ安倍政権に批判的とされるキャスターが相次いで降板することを挙げ、「偶然かもしれないが、軌を一にして骨のある人たちが辞めていくのはテレビ局が自粛したように見える。断固はね返すべきだ」と訴えた。

会見には田原総一朗氏、岸井成格氏、鳥越俊太郎氏、大谷昭宏氏、金平茂紀しげのり氏、青木理おさむ氏が出席。

                                

                                

                                 

                                 

|

« 前田敦子、宮脇咲良のAKB「不動のセンター」にお墨付き | トップページ | レオナルド・ディカプリオ、悲願のオスカー受賞 アカデミー賞授賞式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/63283449

この記事へのトラックバック一覧です: 高市早苗総務相の電波停止発言「驚きと怒り」民放キャスターが会見:

« 前田敦子、宮脇咲良のAKB「不動のセンター」にお墨付き | トップページ | レオナルド・ディカプリオ、悲願のオスカー受賞 アカデミー賞授賞式 »