« 中国、南沙諸島にレーダー施設 フィリピンやベトナムの反発必至 | トップページ | 火星と木星の間の小惑星に「王貞治」と命名=惑星番号に1と89 »

シャープ、台湾・鴻海(ホンハイ)傘下での一体再建を正式決定

シャープは25日の臨時取締役会で、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業による経営支援を受け入れるとともに、18年初頭にも亀山工場(三重県)で有機EL量産の量を始めると発表した。有機ELはスマートフォンの主要部品になるとみられ、鴻海の世界展開に不可欠の戦略商品。

Photo日本の大手電機メーカーとして初めて外資の傘下で再生を期すシャープにとって、自社の技術力が問われる大きな課題が早くも浮上している。

会社再建をめぐる議論がもつれる中、高橋興三社長がこだわったのが「シャープのDNA」だった。

「シャープって変わったことやるよね」という同社長の言葉通り、シャープからはエレクトロニクス産業の発展に貢献した独創性に満ちた製品や商品が数多く出ている。

例えば、世界最大の技術者団体IEEE(米電気電子学会)が産業発展に貢献した技術を称える「マイルストーン」に、シャープからは「テレビ用14型TFT液晶ディスプレー」など日本で最多となる3件が選ばれている。

インターネットが本格普及する前の1990年代にシャープが商品化した携帯情報端末「ザウルス」は、もし通話機能がついていれば世界初のスマホだったとすらいわれる。

シャープの問題は、ユニークな商品開発力には定評がありながら、それを持続できず、失速するパターンを繰り返してきたことにある。

「ザウルス」について言えば、投入時期が早過ぎて米アップル(AAPL.O)の「iPhone(アイフォーン)」にその名誉を譲るという皮肉な結末となった。

                                

                                

                                 

|

« 中国、南沙諸島にレーダー施設 フィリピンやベトナムの反発必至 | トップページ | 火星と木星の間の小惑星に「王貞治」と命名=惑星番号に1と89 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/63262880

この記事へのトラックバック一覧です: シャープ、台湾・鴻海(ホンハイ)傘下での一体再建を正式決定:

» シャープ、鴻海傘下に 臨時取締役会で決議…国内大手家電の一角が外資へ [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
 経営再建中のシャープは25日の臨時取締役会で、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業による支援を受け入れることを決議した。鴻海が7千億円規模を投じてシャープを買収する内容で、月内の合意を目指して最終調整を進める。官民ファンドの産業革新機構もシャープに3千億...... [続きを読む]

受信: 2016/02/25 22:54

» 今度こそ [落ちこぼれのつぶやき]
シャープ買収、来週契約へ=債務交渉は7日にも決着―鴻海会長が来日 思ったより速く契約しそうなのですね。特に隠し玉みたいな話はなかったのでしょうか。まだ、何か出てくるかもしれませんね。 ... [続きを読む]

受信: 2016/03/05 12:09

« 中国、南沙諸島にレーダー施設 フィリピンやベトナムの反発必至 | トップページ | 火星と木星の間の小惑星に「王貞治」と命名=惑星番号に1と89 »