« 丸川珠代環境相、線量めぐる問題発言を国会でも撤回、陳謝 | トップページ | 丸山和也議員、アメリカの51番目の州になって日本人大統領を!! »

中国、西沙に地対空ミサイル8基配備 米「航行の自由作戦」牽制か

FOXニュースは16日、中国軍が南シナ海のパラセル/西沙諸島にあるウッディー(永興)島に今月、地対空ミサイル8基を配備したと報じた。米民間衛星が撮影した画像で判明。3日には見られなかったが、14日に撮影された画像には管制レーダーと映っている。米政府筋は、

Photo

射程125マイル(約201km)の移動式防空ミサイル・システム「紅旗(HQ)9」としている。HQ9はロシア製の「S300」に極似。部隊規模は2個大隊。

パラセル諸島は中国が軍を駐留させ、滑走路を整備し戦闘機を配備するなど実効支配しており、ベトナムと台湾も領有権を主張している。

米海軍のイージス艦は先月30日、同諸島で「航行の自由作戦」を実施しており、これへの対抗措置として今回、ミサイルを配備した可能性がある。 .

中国はスプラトリー(南沙)諸島に造成した人工島で、軍用機も離着陸可能な滑走路3本の建設を進め、すでに1本は運用を開始している。

米政府はスプラトリー諸島でも今後、軍事拠点化の動きが、「防空識別圏」設定の潜在性と相まって加速するとみて警戒している。

米国は再三、南シナ海における中国の軍事拠点化に釘を刺してきたが、中国が意に介していないことが改めて浮き彫りになった

                                

                                

                                 

|

« 丸川珠代環境相、線量めぐる問題発言を国会でも撤回、陳謝 | トップページ | 丸山和也議員、アメリカの51番目の州になって日本人大統領を!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/63226061

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、西沙に地対空ミサイル8基配備 米「航行の自由作戦」牽制か:

« 丸川珠代環境相、線量めぐる問題発言を国会でも撤回、陳謝 | トップページ | 丸山和也議員、アメリカの51番目の州になって日本人大統領を!! »