« 澤穂希、元Jリーガー辻上裕章氏と結婚。電撃ゴール決め「人妻です」 | トップページ | 桜島が噴火警戒レベル4に 避難者の一時帰宅行われる »

米陸軍ヘリがうるま市伊計島沖に墜落 6人重軽傷、陸自隊員も

12日午後1時45分ごろ、米陸軍所属のH-60型ヘリコプターがうるま市伊計島の南東約14キロの沖合で、米海軍の輸送艦「レッド・クラウド」への着艦に失敗し、墜落。尾翼部分が折れるなど機体が損傷、乗員17人が救助された。在日米軍の発表では、負傷した6人がキャンプ瑞慶覧の

Photo海軍病院に搬送された。日本側には、けが人は7人と伝えられている。事故は名護市辺野古の新基地建設問題で翁長雄志知事と菅義偉官房長官が初協議を開く直前に起きた。

防衛省によると、事故機に陸自隊員2人が搭乗。訓練に参加していた1人が骨折の疑い、1人は裂傷のけがを負った。2人はいずれも2曹の男性で、国際平和協力活動やテロ対策などの専門部隊「中央即応集団」に所属する40歳と33歳。

事故機は輸送艦の甲板上に横たわっている。第11管区海上保安本部によると、米軍から事故機は「UH60ヘリコプター」という情報を受けたという。

一方、午後1時20分ごろ、嘉手納基地から米本土所属とみられるMH60ヘリ3機が読谷方面へ離陸し、同4時前に2機だけが基地に戻ったのが確認された。3機の機体には61~63の番号が書かれていた。

海保の撮影した事故機には「63」の数字が確認でき、事故機はUH60ではなく、MH60の可能性がある。目撃者によると、同機は約3週間前に嘉手納基地に飛来し、訓練を続けていた。

Photo_2海保には午後3時ごろ、キャンプ瑞慶覧の憲兵隊から、「名護市からうるま市の沖合にヘリコプターが落ちた。救助を要請する」と通報。ヘリ2機、巡視船艇4隻を現場付近に派遣し、捜索に加わった。

沖縄防衛局は午後3時45~50分ごろ、県やうるま市、沖縄市、北谷町など関係自治体に、「嘉手納基地沖に米軍機が墜落した」と情報を送った。

県は情報収集した上で、13日にも原因究明と公表、再発防止の徹底を申し入れる。

翁長雄志知事は、菅義偉官房長官と初協議を開く直前に連絡を受けた。

冒頭、「基地のそばに住んでいる人には大変なこと」と基地被害の実態を突きつけた。会談後、記者団の質問にも、「車の交通事故も日常的だが、(日米安保条約上の過重負担で)こういうことが起こるのは、そこに住んでいる人間からするととても耐えられない」。 、「極めて遺憾で、米側に迅速な情報提供と原因究明、そして再発防止を強く申し入れた」。

沖縄での米軍機の墜落事故は1972年の本土復帰以降、46件目。11年前の04年8月13日には、普天間飛行場に隣接する沖縄国際大でヘリ墜落事故が起きた。

                                 

                                 

                                     

                                                   

|

« 澤穂希、元Jリーガー辻上裕章氏と結婚。電撃ゴール決め「人妻です」 | トップページ | 桜島が噴火警戒レベル4に 避難者の一時帰宅行われる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/62072797

この記事へのトラックバック一覧です: 米陸軍ヘリがうるま市伊計島沖に墜落 6人重軽傷、陸自隊員も:

« 澤穂希、元Jリーガー辻上裕章氏と結婚。電撃ゴール決め「人妻です」 | トップページ | 桜島が噴火警戒レベル4に 避難者の一時帰宅行われる »