« 世界の人気観光都市ランキング、京都が2年連続1位 米旅行誌 | トップページ | 安全保障関連法案、与党単独で強行採決 衆院特別委 支持率低下必至 »

大分で震度5.7 広島で震度4 1週間ほど5弱程度の余震の可能性

13日未明、大分県南部を震源とするマグニチュード5.7の地震があり、大分県南部で最大震度5強、愛媛県南予と熊本県阿蘇地方で震度5弱の強い揺れをそれぞれ観測した。気象庁は揺れの強かった地域では、1週間程度は最大震度5弱程度の余震に注意するよう呼びかけている。

5気象庁などの観測によると、13日午前2時52分ごろ、大分県南部を震源とする地震が発生し、
佐伯市で震度5強を、豊後大野市と愛媛県西予市、熊本県阿蘇市と産山村で、震度5弱の強い揺れをそれぞれ観測した。

このほか、九州地方から中部地方にかけての広い範囲で、震度1以上の揺れを観測した。

地震の震源の深さは58キロで、地震の規模を示すマグニチュードは、5.7と推定される。

「おおむね1週間程度は、最大震度5弱くらいの余震に注意を」(気象庁の会見)

気象庁によると、午前4時40分現在、震度1以上の余震は発生していないということで、気象庁は揺れの強かった地域では、今後およそ1週間は最大震度5弱程度の余震に注意するよう呼びかけている。

                                                   

                                     

                                 

                                 

|

« 世界の人気観光都市ランキング、京都が2年連続1位 米旅行誌 | トップページ | 安全保障関連法案、与党単独で強行採決 衆院特別委 支持率低下必至 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/61880966

この記事へのトラックバック一覧です: 大分で震度5.7 広島で震度4 1週間ほど5弱程度の余震の可能性:

» 大分県で震度5強 津波なしも1週間は余震に注意 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
 13日未明、大分県で震度5強の強い揺れを観測する地震がありました。津波の心配はありませんが、最大で震度5弱の余震の恐れがあり、注意が必要です。  気象庁・長谷川洋平地震津波監視課長:「揺れが強かった地域においては、落石やがけ崩れの可能性が高まっている」 ...... [続きを読む]

受信: 2015/07/13 22:48

« 世界の人気観光都市ランキング、京都が2年連続1位 米旅行誌 | トップページ | 安全保障関連法案、与党単独で強行採決 衆院特別委 支持率低下必至 »