« 安全保障関連法案、閣議決定 専守防衛安保政策の転換点 | トップページ | 大阪都構想否決で、維新の党が代表選実施へ 松野頼久氏が軸 »

日本整形外科学会、ロコモティブシンドロームの判定法を発表

日本整形外科学会は15日、運動機能が落ちて介護が必要になるリスクが高い「運動器症候群:ロコモティブシンドロームlocomotive syndrome」(ロコモ)の判定法を発表した。年齢・性別にかかわらず、台に座った状態からの立ち上がりや歩幅などによって、二つの段階に

Photo当てはまるかを判断する。

判定には「立ち上がりテスト」と、大股で歩いた2歩分の幅をみる「2ステップテスト」、日常動作の困難度など25項目を点数化する「ロコモ25」を用いる。

例えば、高さ40センチの台から片足で立ち上がれないと「ロコモ度1」、20センチの台から両足で立ち上がれないと「ロコモ度2」となる。

ロコモ度1は筋力などが低下した状態で、定期的な運動とバランスのとれた食事に気をつける必要がある。ロコモ度2は、歩行など基本的な動きの衰えが進んでおり、自分で身の回りのことができなくなるリスクが高いという。

学会は、ロコモ度2で痛みがあれば、整形外科の専門医の受診を勧めるとしている。 学会によると、国内にはロコモ度1が約3200万人、ロコモ度2が約1400万人いるという試算もある。

「ロコモは高齢者が突然なるのではない。早く気づいて対処することが重要」岩本幸英理事長。

                                 

                                                   

                                     

>                                    

>                                    

|

« 安全保障関連法案、閣議決定 専守防衛安保政策の転換点 | トップページ | 大阪都構想否決で、維新の党が代表選実施へ 松野頼久氏が軸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/61601964

この記事へのトラックバック一覧です: 日本整形外科学会、ロコモティブシンドロームの判定法を発表:

« 安全保障関連法案、閣議決定 専守防衛安保政策の転換点 | トップページ | 大阪都構想否決で、維新の党が代表選実施へ 松野頼久氏が軸 »