« 北方領土/択捉・国後島でロシアが軍事演習、外務省が厳重抗議 | トップページ | 池上彰氏、朝日新聞「池上彰の新聞ななめ読み」連載中止申し入れ »

中国軍機殲11、米軍の対潜哨戒機P8に異常接近

中国によると、中国軍機が米軍機に異常接近した理由は、「米軍による頻繁で接近した偵察」だそうだ。中国軍機が自衛隊機に異常接近したときは、「自衛隊機が先にやった」だった。南シナ海で、ベトナム漁船に中国船をぶつけたときは、「ベトナムが先にやった」。ベトナムが

Photo証拠写真を公表しても馬耳東風、「ベトナムが先にやった」。常に、「責任は相手国にある」。

弁明にしても、そもそも相手国や国際社会の理解を得ようと思っていない。こんなひとりよがりの厄介な隣国が、「アジアの安定と平和はアジアで守る。(アメリカはアジアから出ていけ)」という。

中国にとって、「アジアの安定と平和」とは、アジア諸国がすべて中国の属国になるという意味に他ならない。

P8*中国国防省の楊宇軍報道官は23日、中国軍の戦闘機が19日に南シナ海上空の国際空域で米軍の対潜哨戒機P8に異常接近したと米国が発表したことに対し、「中国機は通常の飛行を行い、米軍機とは安全な距離を保っていた」と反論した。

楊氏は、「米軍による頻繁で接近した偵察こそが米中の予測外の事態を招きかねない原因」と主張し、米側に対中偵察活動を停止するよう求めた。米軍機が海南島の東220キロ付近で偵察活動を行ったため、中国海軍の「殲11」が発進して識別活動を行ったという。

米国防総省は23日までに、異常接近した中国軍の戦闘機は曲芸飛行的な危険な威嚇行動を取っていたことを明らかにした。
一時は約6mまで接近、一触即発の事態だったという。

                                                   

                                     

|

« 北方領土/択捉・国後島でロシアが軍事演習、外務省が厳重抗議 | トップページ | 池上彰氏、朝日新聞「池上彰の新聞ななめ読み」連載中止申し入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/60206903

この記事へのトラックバック一覧です: 中国軍機殲11、米軍の対潜哨戒機P8に異常接近:

« 北方領土/択捉・国後島でロシアが軍事演習、外務省が厳重抗議 | トップページ | 池上彰氏、朝日新聞「池上彰の新聞ななめ読み」連載中止申し入れ »