« 安倍晋三氏、抑止力強調 集団的自衛権の行使容認を閣議決定 | トップページ | ドイツ、アルゼンチンを下し4度目W杯優勝 ゲッツェが決勝ゴール »

2014/07/09

川端康成、初恋の伊藤初代への書簡発見「伊豆の踊子」にも影響

「僕が十月の二十七日に出した手紙見てくれましたか。君から返事がないので毎日毎日心配で心配で、ぢっとして居られない。手紙が君の手に渡らなかったのか、お寺に知れて叱られてゐるのか、返事するに困ることあるのか、もしかしたら病気ぢゃないか、

Photo本当に病気ぢゃないのかと思ふと夜も眠れない」

ノーベル賞作家の川端康成(1899~1972年)が、初恋の女性とされる伊藤初代に宛てた未投函の書簡1通が神奈川県鎌倉市の川端邸で見つかり、その内容が8日明らかになった。

孤独の中で永遠の少女を追い求め、美的世界を探究した川端文学の原点をうかがわせる。

初代は「篝かがり火」・「非常」などの初期作品や代表作「伊豆の踊子」の世界観に影響を与えたとされ、川端文学の成立過程を解明する上で重要な資料となりそうだ。

書簡は1921年秋に書かれ、当時川端22歳、初代15歳。

「僕が十月の二十七日に出した手紙見てくれましたか。君から返事がないので毎日毎日心配で心配で、ぢつとして居られない」との書き出しで、
「もしかしたら病気ぢやないか、本当に病気ぢやないのかと思ふと夜も眠れない」など、初代への切々とした思いがつづられている。

                                                     

                                     

                                                   

|

« 安倍晋三氏、抑止力強調 集団的自衛権の行使容認を閣議決定 | トップページ | ドイツ、アルゼンチンを下し4度目W杯優勝 ゲッツェが決勝ゴール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川端康成、初恋の伊藤初代への書簡発見「伊豆の踊子」にも影響:

« 安倍晋三氏、抑止力強調 集団的自衛権の行使容認を閣議決定 | トップページ | ドイツ、アルゼンチンを下し4度目W杯優勝 ゲッツェが決勝ゴール »