« 小保方晴子ユニットリーダー、「STAP細胞ある」論文撤回を否定 | トップページ | 羽生結弦と浅田真央、SP世界歴代最高得点がギネス認定 »

村上誠一郎元行革相、安倍晋三首相を批判 ナチスと同じ愚

自民党の村上誠一郎元行政改革担当相(衆院愛媛2区、当選9回)が、月刊誌「世界」のインタビューで、憲法解釈を変更し集団的自衛権の行使容認を目指す安倍晋三首相の政治姿勢を批判した。ナチス政権が全権委任法によりワイマール憲法を形骸化させた歴史を引き合いに

Photo_4 「同じ愚を繰り返す危険性がある」と指摘した。

解釈変更した上で自衛隊法などを改正するとの安倍政権の方針に関し、「下位の法律によって上位の憲法の解釈を変えるのは絶対にやってはいけない『禁じ手』だ」と非難し、違憲訴訟が続発すると警告した。

同時に、「政治家が守らなければいけない三権分立や立憲主義の基本を無視し、壊す危険性がある」と非難した。

村上氏は、憲法九条に基づく平和主義を、「絶対に変えてはいけない基本原則」とし、「(立憲主義を崩す)前例は絶対につくらせてはいけない」と強調。

集団的自衛権の行使が必要な場合は、「憲法改正を議論すればいい。憲法改正は国民の判断に委ねるしかない」と主張した。

                                                     

                                                   

                                     

                                 


|

« 小保方晴子ユニットリーダー、「STAP細胞ある」論文撤回を否定 | トップページ | 羽生結弦と浅田真央、SP世界歴代最高得点がギネス認定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/59440935

この記事へのトラックバック一覧です: 村上誠一郎元行革相、安倍晋三首相を批判 ナチスと同じ愚:

« 小保方晴子ユニットリーダー、「STAP細胞ある」論文撤回を否定 | トップページ | 羽生結弦と浅田真央、SP世界歴代最高得点がギネス認定 »