« 「アンネの日記」破損被害相次ぐ 米ユダヤ系人権団体が非難 | トップページ | ヤヌコビッチ政権崩壊 大統領代行にトゥルチノフ議長 ウクライナ »

オバマ氏、ダライ・ラマと会談 チベットの人権擁護支持 中国反発

オバマ米大統領は21日午前、ホワイトハウスでチベット仏教の最高指導者・ダライ・ラマ14世と会談し、チベット固有の宗教、文化、言語の保護と中国国内のチベット人の人権擁護を強く支持する考えを伝えた。中国に対し、チベット自治区などで住民への激しい

Photo人権侵害が続いていることに警告を発した形だ。

両者の会談は、2012年11月の中国の習近平体制発足後初めて。過去2回と同じく私的な面会用のマップルーム(地図の間)で約1時間15分間行われ、報道陣に公開されなかった。

ホワイトハウスによると、大統領は会談で、チベットの「独立」ではなく高度の「自治」を中国に要求するダライ・ラマの「中道路線」を称賛。

その上で、10年1月に中断したままの中国とチベット亡命政府の対話について、無条件再開を呼び掛けた。また、チベットを中国の一部とし、チベットの独立を支持しないという米国の立場を確認。ダライ・ラマもチベット独立を模索せず、対話再開を希望すると応じた。

両者は、「前向きで建設的な米中関係の重要性」で一致したという。

中国側は、「中米関係を著しく損なう」として会談の取りやめを要求していた。

米中はオランダのハーグで3月下旬に開かれる核安全保障サミットを利用した
オバマ氏と習近平国家主席の会談を調整しているとされるが、中国側が会談
に応じない可能性もある。

                                                  

                                    

                               

                                                    

|

« 「アンネの日記」破損被害相次ぐ 米ユダヤ系人権団体が非難 | トップページ | ヤヌコビッチ政権崩壊 大統領代行にトゥルチノフ議長 ウクライナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/59177658

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ氏、ダライ・ラマと会談 チベットの人権擁護支持 中国反発:

» オバマ、ダライ・ラマと会談 [りゅうちゃん別館]
21日、ホワイトハウスはオバマ大統領がダライ・ラマ14世と会談したことを明らかにした。 例によって中国は「内政干渉」だとして反発している。   オバマ氏とダライ・ラマが会見 中国、粗雑な内政干渉の非難(CNN) 両者が一致しているのは、チベットの独立も求…... [続きを読む]

受信: 2014/02/22 18:12

« 「アンネの日記」破損被害相次ぐ 米ユダヤ系人権団体が非難 | トップページ | ヤヌコビッチ政権崩壊 大統領代行にトゥルチノフ議長 ウクライナ »