« 阪急阪神ホテルズ、メニューと異なる食材 鮮魚は冷凍など | トップページ | 楽天ゴールデンイーグルス、初の日本一 巨人に4勝3敗 »

細野豪志前幹事長、派閥結成へ 民主代表選と政界再編

民主党の細野豪志前幹事長は24日、自らが主宰する党内勉強会・基本政策研究会の会合を衆院議員会館で開き、勉強会メンバーを中心に新たな議員グループを年内に旗揚げすることを決めた。将来の代表選出馬や野党再編を視野に基盤を固めるのが狙いとみられる。

Photo民主党のグループは、自民党派閥と異なり、掛け持ちに比較的寛容だが、細野氏は新グループのメンバーには、他グループとの両立を原則認めない方針。

新グループには、黄川田徹元総務副大臣や階猛しな たけし衆院議員らが参加する。

勉強会の定例会合の開催日を、毎週水曜日から木曜日に変更した。木曜には、細野氏が師弟関係にあり一時所属した前原誠司元外相のグループ・凌雲会が会合を開いており、双方の会合に参加している議員に判断を迫る構えだ。

「切磋琢磨の中で、また民主党を中心とする政権ができればよいと思う」前原誠司氏。

会合に参加していた10人ほどの議員のうち少なくとも2人が細野グループを離脱し、1人が前原グループを離れた。今後、前原氏と議員の争奪戦が激化するのは間違いない。

党執行部も気が気でない。大畠章宏おおはた あきひろ幹事長は24日の記者会見で、「実態が分からない。よく話を聞いてみたい」と容認するかどうか言葉を濁した。代表選をにらんだ動きならば「海江田万里代表)降ろし」に直結しかねないからだ。

細野氏は、野党再編を模索する日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長、みんなの党の江田憲司前幹事長と連携を深めており、「選挙前になったら大同団結みたいなのはあってもいい」と周囲に漏らしている。
次期代表選で勝利し、野党再編を仕掛ける。そんな野心が透けてみえる。

                                                  

                                    

                               

                                                    

|

« 阪急阪神ホテルズ、メニューと異なる食材 鮮魚は冷凍など | トップページ | 楽天ゴールデンイーグルス、初の日本一 巨人に4勝3敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/58447663

この記事へのトラックバック一覧です: 細野豪志前幹事長、派閥結成へ 民主代表選と政界再編:

« 阪急阪神ホテルズ、メニューと異なる食材 鮮魚は冷凍など | トップページ | 楽天ゴールデンイーグルス、初の日本一 巨人に4勝3敗 »