« 高齢者助けた村田奈津恵さん、踏切事故現場で献花相次ぐ | トップページ | 小久保裕紀代表監督へ 侍ジャパン 初陣は台湾遠征 »

伊勢神宮で遷御の儀 ご神体を新社殿へ 式年遷宮

20年に1度社殿を建て替える伊勢神宮(三重県伊勢市)の「式年遷宮」で、新しい正殿にご神体を移す「遷御せんぎょの儀」が2日夜、皇大神宮(内宮)で古式床しく行われた。1300年の歴史を持つとされる式年遷宮は今回が62回目。

Photo_28年かけて続いてきた神事はクライマックスを迎えた。

午後6時に天皇陛下の勅使のほか、臨時祭主の黒田清子さん、鷹司尚武大宮司ら神職百数十人が正宮へ。

午後8時、「カケコー」と3度唱える「鶏鳴三声けいめいさんせい」を合図に遷御の儀が始まった。

盾や太刀を携えた神職らに前後を守られながら、白い絹の「行障こうじょう・絹垣きんがい」に隠され「仮御樋代かりみひしろ・仮御船代かりみふなしろ」に収められたご神体(八咫鏡やたのかかみ)を大宮司、少宮司らが現正殿から新正殿まで運ぶ。参道沿いに設けられた特別席では、招待された約3千人の「特別奉拝者」が神事を見守る。

内宮の祭神である天照大神の食事をつかさどる豊受大神とようけのおおみかみを祭る豊受大神宮(外宮)でも、同様の遷御の儀が5日夜に行われる。

今回の式年遷宮は05年5月の「山口祭」から始まり、8年かけて様々な行事が執り行われてきた。夏には地元市民や全国から公募した「特別神領民」が新宮に白石を敷き詰める「お白石持しらいしもち行事」が約1カ月にわたって行われ、延べ約23万人が参加した。

伊勢神宮の内宮の遷御の儀に合わせ、天皇陛下が伊勢神宮に向かって拝礼する「遥拝ようはいの儀」が2日夜、皇居・神嘉殿前で営まれた。宮内庁によると、皇后さまも御所で、皇太子ご夫妻は東京・元赤坂の東宮御所でそれぞれ遥拝した。

                                                  

                                    

                               

                                                    

|

« 高齢者助けた村田奈津恵さん、踏切事故現場で献花相次ぐ | トップページ | 小久保裕紀代表監督へ 侍ジャパン 初陣は台湾遠征 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/58309790

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮で遷御の儀 ご神体を新社殿へ 式年遷宮:

» 式年遷宮 遷御の儀、無事終了 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
「遷御」終えた伊勢神宮内宮で一般参拝始まる 朝から大勢の人  2日、式年遷宮の「遷御(せんぎょ)」を終えたばかりの伊勢神宮内宮(ないくう)で、一般参拝が3日朝から始まった。  遷御の儀から一夜明けた、内宮宇治橋前。  あたりが明るくなり始め、美しい朝焼けの雲...... [続きを読む]

受信: 2013/10/03 22:42

» 式年遷宮 還御の儀 厳かに執り行われる!! [王様の耳はロバの耳]
ご神体、新社殿へ=20年に1度「式年遷宮」―伊勢神宮で遷御の儀(時事通信) - goo ニュース 昨日2日夜伊勢神宮内宮で「遷御の儀」が厳かにそして滞りなく執り行われました。 簡単に言えば神様のお引越しが無事済みました。 別紙では「出御」の声の後、風が吹いて神様が...... [続きを読む]

受信: 2013/10/04 08:44

« 高齢者助けた村田奈津恵さん、踏切事故現場で献花相次ぐ | トップページ | 小久保裕紀代表監督へ 侍ジャパン 初陣は台湾遠征 »