« 松雪泰子の弟・陽、運転手殴り逮捕 永沢君主題歌のミュージシャン | トップページ | NHK、浜崎公男主任研究員を懲戒免職 280万円架空発注 »

ななつ星 in 九州、運行開始  車内写真を公開 JR九州

JR九州のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」が15日から運行開始され、正午過ぎに博多駅を発車した。4日間かけて南九州エリアや豊肥本線・久大本線などを走行し、18日に博多駅へ戻る予定。15日に博多駅で出発式が開催された。九州旅客鉄道代表取締役

In社長の唐池恒二氏や、デザインを手がけたドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治氏らが出席した。

「九州の観光、日本の鉄道にとって新たなスタートとなる日。最高の空間と時間を用意しています。ご自身の人生を振り返りながら、有意義な時間をお過ごしください」と唐池恒二氏。

テープカットの後、駅長の出発合図とともに豪華寝台車は博多駅を発車し、3泊4日コースの運行がスタートした。

ななつ星は客車7両編成で、1号車がラウンジカー、2号車がダイニングカー、3~7号車がゲストルーム(3~6号車はスイート3室ずつ、7号車はDXスイート2室)。

Photo社長車内の随所に木やファブリックがあしらわれ、「和洋・新旧融合の国内最上級の洗練された空間」に。

装飾品は有田焼の名窯の協力を得て制作され、ラウンジカーや通路などにアート作品も展示。

食事は九州の新鮮で旬な食材を使い、各地の「匠」による特別なメニューが用意される。

「ななつ星 in 九州」では、毎週火曜日出発の3泊4日コースに加え、10月26日から毎週土曜日出発の1泊2日コースも運行開始される。

Photo_2JR九州企画の旅行商品を2名で利用した場合、価格は1泊2日コースのスイートが1人あたり15万5000円、DXスイートが20万6000~22万7000円。

3泊4日コースのスイートが1人あたり39万1000~42万2000円、DXスイートが51万5000~56万6000円となっている。

★「ななつ星」の由来は、九州は七つの県からなるから。

★「ななつ星in九州」のような途中下車をして観光を楽しめる豪華列車は、JR東日本やJR西日本も導入に向け準備を進めている。

少子高齢化で鉄道利用者の減少が見込まれる中、時間的にも経済的にもゆとりのある中高年層や海外客をターゲットに据え、鉄道事業の浮上の一助としたい思惑がうかがえる。

政府は「観光立国」を掲げ、今年に訪日外国人客数1千万人の達成を目指す。

                                                  

                                    

                               

                                                    

|

« 松雪泰子の弟・陽、運転手殴り逮捕 永沢君主題歌のミュージシャン | トップページ | NHK、浜崎公男主任研究員を懲戒免職 280万円架空発注 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/58395051

この記事へのトラックバック一覧です: ななつ星 in 九州、運行開始  車内写真を公開 JR九州:

« 松雪泰子の弟・陽、運転手殴り逮捕 永沢君主題歌のミュージシャン | トップページ | NHK、浜崎公男主任研究員を懲戒免職 280万円架空発注 »