« 朴槿恵韓国大統領、安重根の石碑で習近平氏に協力要請 | トップページ | 安藤美姫、女児(ひまわり)出産を告白 ソチ冬季五輪後引退 »

ももいろクローバーZ、AKB48超え タレントパワーランキング

多くのグループがしのぎを削ることから戦国時代などと称される女子アイドル。「日経エンタテインメント!」誌が2013年6月号で発表した最新のタレントパワーランキング調査では、ついに下克上の結果が出た。長らくシーンの先頭を走ってきたAKB48を、

Photo2012年末の『紅白歌合戦』初出場以来、躍進が続くももいろクローバーZ(以下、ももクロ)が、僅差ながら初めて抜いたのだ。

コアなファンが複数枚買うことも多い、CDセールスの面ではまだまだAKB48が圧倒的だが、ファン以外も含めた関心度の広がりを表すタレントパワースコアで見ると、今はももクロに勢いがあるという結果になった。

ももクロは、2011年4月にももいろクローバーZと改名して以降、スコアがずっと右肩上がりの傾向にある。特に、大きく伸びたのが2012年5月と同年11月の調査だ。

前者は、2011年に発売した1stアルバム『バトル アンド ロマンス』が「CDショップ大賞」を受賞したほか、初の横浜アリーナコンサートを2日間開催し、その場で夏の西武ドーム公演を発表するなど、ライブ会場が一気に拡大。

音楽ファン、アイドルファンからの支持が強まった時期といえる。

後者の2012年11月という時期には、北川景子主演の『悪夢ちゃん』で初めてテレビドラマ主題歌を担当し、歌番組やバラエティーなどの露出が増加。CDだけでなく、カラオケや配信でもロングヒットとなるなど、お茶の間層へもファンを広げた時期だ。

                                                  

                                    

                               

  

   >ももいろクローバーZ、日産スタジアムライブ大成功 6万人

|

« 朴槿恵韓国大統領、安重根の石碑で習近平氏に協力要請 | トップページ | 安藤美姫、女児(ひまわり)出産を告白 ソチ冬季五輪後引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57699415

この記事へのトラックバック一覧です: ももいろクローバーZ、AKB48超え タレントパワーランキング:

« 朴槿恵韓国大統領、安重根の石碑で習近平氏に協力要請 | トップページ | 安藤美姫、女児(ひまわり)出産を告白 ソチ冬季五輪後引退 »