« 優木まおみ、ハワイで美容師と挙式  人生で最高の瞬間 | トップページ | 高市早苗政調会長、原発事故の死者なし発言を撤回、陳謝 »

国宝の御堂関白記&慶長遣欧使節資料、世界記憶遺産

世界各地に伝わる古文書などの保護を進めるユネスコの記憶遺産に、平安時代の政治家・藤原道長が綴った現存する日本最古の自筆の日記「御堂関白記」と、江戸時代の慶長遣欧使節がヨーロッパから持ち帰った「慶長遣欧使節関係資料」が、

Photo登録されることが決まった。

記憶遺産は、世界各地に伝わる古文書や貴重な映像などを人類の財産として保護しようとユネスコ=国連教育科学文化機関が登録するもの。

今回、登録されることが決まった国宝「御堂関白記」は、平安時代、政治家として栄華を極めた藤原道長がつづった、現存する日本最古の自筆の日記だ。

政治を進めるうえでの重要事項や日常生活の様子なども記録された極めて価値の高い資料で、飜訳され諸外国でも知られている。

また、スペインと共同で推薦していた「慶長遣欧使節関係資料」は、江戸時代に仙台藩主・伊達政宗が使節としてヨーロッパに派遣した家臣の支倉常長が持ち帰った公文書や肖像画で、当時の日欧外交の実態を知るうえで非常に貴重な資料とされている。

日本では、おととし、「記憶遺産」に福岡県筑豊地方の炭坑の生活を描いた画家の山本作兵衛の筑豊炭田の記録画が初めて登録された。

    >山本作兵衛の炭鉱画、記憶遺産に登録  ユネスコ

                                                  

                                    

                               

                                                    

|

« 優木まおみ、ハワイで美容師と挙式  人生で最高の瞬間 | トップページ | 高市早苗政調会長、原発事故の死者なし発言を撤回、陳謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57622551

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝の御堂関白記&慶長遣欧使節資料、世界記憶遺産:

» <ユネスコ世界記憶遺産>『御堂関白記』と「慶長遣欧使節資料」が登録 [つらつら日暮らし]
両方とも、類を見ない貴重な資料です。 [続きを読む]

受信: 2013/06/20 03:06

« 優木まおみ、ハワイで美容師と挙式  人生で最高の瞬間 | トップページ | 高市早苗政調会長、原発事故の死者なし発言を撤回、陳謝 »