« 高市早苗政調会長、原発事故の死者なし発言を撤回、陳謝 | トップページ | 日本、イタリアに逆転負け3-4 コンフェデ杯1次リーグ敗退 »

進次郎氏、安倍氏の名指し反論に苦言 批判は政治家の宿命

自民党の小泉進次郎青年局長は18日、安倍晋三首相がインターネット交流サイトFB・フェイスブックで元外務審議官の田中均氏を名指しで批判したことに関し、「個人の名前を挙げて反論、批判はすべきじゃない。(首相への)批判はあって当たり前で、

受け止めながらやっていかないといけない」と苦言を呈した。

小泉氏は、「批判や中傷を受けながら、多くの方に信頼されるのが政治家のPhoto_3道だ。(批判を受けるのは)政治家の宿命だと思いながら、結果を出すことに専念した方がいい」と首相を諌めた。

事の発端は2013年6/12、田中均元外務審議官が安倍政権の外交政策を毎日新聞上で批判したことだ。

首相は田中をフェイスブックで、「外交を語る資格がない」と断じ、これに民主党の細野豪志幹事長が、「首相が一個人の発言について批判するべきではない」と自制を求めた。安倍氏と細野豪志氏は応酬を続け、民主党議員も参戦するなど、ネット上で論戦が繰り広げられている。

                                                  

                                    

                               

|

« 高市早苗政調会長、原発事故の死者なし発言を撤回、陳謝 | トップページ | 日本、イタリアに逆転負け3-4 コンフェデ杯1次リーグ敗退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57624209

この記事へのトラックバック一覧です: 進次郎氏、安倍氏の名指し反論に苦言 批判は政治家の宿命:

« 高市早苗政調会長、原発事故の死者なし発言を撤回、陳謝 | トップページ | 日本、イタリアに逆転負け3-4 コンフェデ杯1次リーグ敗退 »