« 朴槿恵大統領、誤った歴史認識に明日はない 米議会で演説 | トップページ | 天海祐希、細身なのに心筋梗塞のナゼ おのれナポレオン降板 »

安倍晋三首相は強硬なナショナリスト 米国の利益を損なう可能性

米議会調査局が今月1日付でまとめた日米関係の報告書の中で、安倍晋三首相について、「強硬なナショナリスト(民族・ 国家・国粋主義者)として知られる」と記述し、首相や政権の歴史認識問題を巡る言動について、「地域の関係を壊し、米国の利益を損なう

Photo恐れがあるとの懸念を生んだ」と指摘。首相の歴史認識問題や靖国神社参拝などへの取り組みは、「米国や近隣諸国から注視されるだろう」

報告書は、安倍内閣の閣僚らによる靖国神社参拝に対し、中韓が反発していると紹介。

安倍氏について、「日米同盟の支援者」とする一方、「米国の利益を損なう可能性がある地域的な緊張を起こすことなく外交政策の舵取りが可能かという問題に直面している」

具体的には、首相の言動について、「帝国主義に基づく侵略や他のアジア諸国の犠牲を否定する歴史の修正主義を信奉していることをほのめかしている」と分析。

旧日本軍の慰安婦問題への関与を認めて公式に謝罪した1993年の河野洋平官房長官(当時)の「談話」見直しの動きについて、「日本と韓国、さらに他の(アジアの)国々との関係を悪化させるだろう」と指摘した。

報告書は、議会調査局が議員の活動を支援するためにまとめる参考資料。

                                                  

                                    

|

« 朴槿恵大統領、誤った歴史認識に明日はない 米議会で演説 | トップページ | 天海祐希、細身なのに心筋梗塞のナゼ おのれナポレオン降板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57350527

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三首相は強硬なナショナリスト 米国の利益を損なう可能性:

« 朴槿恵大統領、誤った歴史認識に明日はない 米議会で演説 | トップページ | 天海祐希、細身なのに心筋梗塞のナゼ おのれナポレオン降板 »