« 藤原竜也、年内に3歳年上の一般女性と結婚 | トップページ | 安倍氏、中国の資源外交と一線 日本流アピール TICAD開幕 »

中国商務省、TPP交渉参加の可能性検討へ  米が働きかけ

日本が7月から交渉に参加するTPP/環太平洋パートナーシップ協定について、アメリカ政府が中国政府に参加を働きかけていたことが明らかになり、中国は参加の可能性を検討していることを公表した。世界第2のGDP/国内総生産の規模を誇る中国がに参加すれば

Tpp1交渉の行方に影響を及ぼしかねないだけに、中国の最終的な判断が注目される。

中国政府の関係者は、アメリカ政府がことし3月以降、中国を訪問した元高官などを通じて、中国政府に対してTPP/環太平洋パートナーシップ協定へ参加するよう働きかけていた。

これを受けて、李克強首相が、TPPへの参加した場合の中国経済への影響など、具体的な検討を進めるよう担当者に指示をした。

これに関連して、中国商務省の報道官は31日までに、「中国のTPPへの参加の可能性について分析する」とするコメントを発表し、参加の可能性を検討していることを公表した。

アメリカが中国にTPPへの参加を働きかけた背景には、世界第2の経済大国を加えることで、巨大な自由貿易圏を築き上げ、自国の輸出拡大につなげる思惑がありそうだ。

一方、これまでTPPについて、自国産業への打撃を懸念して、「研究する」という対応に止めてきた中国が前向きな姿勢に転じた背景には、日本も交渉参加を決める中、自国抜きでアジア太平洋地域の貿易の自由化のルールが決められていくことへの危機感がある。

実際に中国が参加することになれば、TPPの存在感は大きく増すことになるが、
交渉の行方にも大きな影響を与えかねないだけに、中国政府の最終的な判断
が注目される。

                                                  

                                    

                               

|

« 藤原竜也、年内に3歳年上の一般女性と結婚 | トップページ | 安倍氏、中国の資源外交と一線 日本流アピール TICAD開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57496909

この記事へのトラックバック一覧です: 中国商務省、TPP交渉参加の可能性検討へ  米が働きかけ:

« 藤原竜也、年内に3歳年上の一般女性と結婚 | トップページ | 安倍氏、中国の資源外交と一線 日本流アピール TICAD開幕 »