« 宝塚市立手塚治虫記念館 常設展や映像で手塚ワールド紹介 | トップページ | AKBに新ユニットBKA48が誕生 川栄李奈が栄えあるセンター »

政府が主権回復式典 屈辱の日の沖縄は副知事 4野党欠席

政府は28日午前、1952年のサンフランシスコ講和条約発効から61年を迎えたのに合わせ、「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」を憲政記念館で初めて開催した。安倍晋三首相は式辞で、「私たちがたどった足跡に思いを致しながら、未来へ向かって希望と決意を新たにする日にしたい」と表明した。

Photo_2式典には天皇、皇后両陛下のほか、衆参両院議長、最高裁長官ら各界代表約390人が出席。

安倍氏は式辞で、太平洋戦争敗戦後の7年間を、「わが国の長い歴史に訪れた初めての、そして最も深い断絶であり試練」と位置付けた。

その上で、戦後日本が、「普遍的自由と民主主義と人権を重んじる国柄」を育んだとの認識を示し、「私たちの世代は日本をもっと良い、美しい国にしていく責任を負っている」と強調した。

また、首相は、条約発効により沖縄、奄美諸島、小笠原諸島が、「日本から切り離された」とし、特に沖縄の本土復帰が最も遅れたことに言及。「沖縄が経てきた辛苦に、ただ深く思いを寄せる努力をなすべきだ」と訴えた。

沖縄では、4月28日は「屈辱の日」と呼ばれる。政府は全都道府県知事に招待状を送ったが、仲井真弘多沖縄県知事は県民感情を考慮して出席を見送り、高良倉吉副知事が代理出席。同県では28日、野党系県議らが式典に抗議する集会を開いた。

式典開催は、自民党が昨年の衆院選の際に発表した政策集に明記。生活、共産、社民3党とみどりの風は、世論が割れている中での式典開催を天皇の政治利用などと批判、欠席した。

式典開催には、国家主権に関して曖昧な態度を取らないとの安倍政権の姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。

自民党は2011年8月、「苦難の占領期を経て主権を回復したことを記念し、
国の真の独立の意味に思いをいたす」として、4月28日を祝日とする祝日
法改正案を衆院に提出したが、昨年11月の衆院解散で廃案となった。

                                                  

                                    

                               

|

« 宝塚市立手塚治虫記念館 常設展や映像で手塚ワールド紹介 | トップページ | AKBに新ユニットBKA48が誕生 川栄李奈が栄えあるセンター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57264591

この記事へのトラックバック一覧です: 政府が主権回復式典 屈辱の日の沖縄は副知事 4野党欠席:

» 沖縄「屈辱の日」の切り捨て [りゅうちゃん別館]
今日、4月28日は61年前サンフランシスコ講和条約が発効した主権回復の日。 ところが沖縄では「屈辱の日」。    【送料無料】沖縄の〈怒〉 [ ガバンマコーマック ]価格:2,940円(税込、送料込) 政府が「主権回復」式典=沖縄知事、4野党欠席(時事通信) 「主権…... [続きを読む]

受信: 2013/04/28 16:59

« 宝塚市立手塚治虫記念館 常設展や映像で手塚ワールド紹介 | トップページ | AKBに新ユニットBKA48が誕生 川栄李奈が栄えあるセンター »