« 斎藤環氏、壇蜜人気を検証する 空虚ゆえに究極なお姉さん | トップページ | 政府が主権回復式典 屈辱の日の沖縄は副知事 4野党欠席 »

宝塚市立手塚治虫記念館 常設展や映像で手塚ワールド紹介

日本が世界に誇る漫画やアニメ文化が、世界にも類を見ない独自の発展したのは、一人の天才がいたからだと言われている。今に至るストーリーマンガの基礎を築いた手塚治虫氏だ。手塚氏は大阪府豊中市に生まれ、5歳から約20年間、兵庫県宝塚市で育った。

Photo幼少期から青年期までの多感な時期を過ごしただけに、生涯、宝塚を愛したという。そんな宝塚に平成6年(1994)、手塚漫画の世界観を伝える「宝塚市立手塚治虫記念館」が誕生した。

『リボンの騎士』の王宮風エントランスホールを経て広がる1階では、手塚作品の根底に流れる自然への愛と生命の尊さというテーマに沿って、「宝塚と手塚治虫」という常設展が披露されている。

手塚氏が暮らしていた頃の宝塚市は、まだ豊かな自然が残っており、宝塚歌劇や映画を上演する劇場があった。

そうした環境の中、手塚氏は自宅裏にあった雑木林で昆虫採集に勤(いそ)しみ、また、宝塚歌劇や映画を観て育ったという。展示を観ていると、この時代の体験が、後の手塚作品に大きな影響を与えていったことが伝わってくる。

1階には130インチハイビジョンを備えた映像ホールがあり、「手塚治虫伝」など20分前後のオリジナル・アニメを月替わりで上映。手塚氏の半生と漫画作品について紹介している。

2階には4カ月ほどで展示が代わる企画展示室(現在は「日本SF作家クラブと手塚治虫」
を6月24日まで開催中)と、情報・アニメ検索機、ライブラリーコーナーなどが設けられて
いる。(マイナビニュースから抜粋)

                                                  

                                    

                               

                                                    

|

« 斎藤環氏、壇蜜人気を検証する 空虚ゆえに究極なお姉さん | トップページ | 政府が主権回復式典 屈辱の日の沖縄は副知事 4野党欠席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57260973

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚市立手塚治虫記念館 常設展や映像で手塚ワールド紹介:

« 斎藤環氏、壇蜜人気を検証する 空虚ゆえに究極なお姉さん | トップページ | 政府が主権回復式典 屈辱の日の沖縄は副知事 4野党欠席 »