« 澤村拓一投手と森麻季さん、離婚していた | トップページ | 浅田真央選手、ソチ冬季オリンピック後の引退を示唆 »

13日朝の淡路島震度6弱の地震、阪神大震災とは別の断層か

兵庫県・淡路島で震度6弱を観測した13日朝の地震は、1995年の阪神大震災と断層のずれる方向が異なり、専門家は、「別の断層が動いた可能性がある」としている。過去の地震の分析から、南海トラフで起きる海溝型の巨大地震の前に内陸で地震活動が活発化する

Photo_2傾向がみられるとの研究もある。

気象庁は、「今回はマグニチュード(M)6.0で大地震とまではいかない規模。今のところ、南海トラフ地震が近づいているとは考えていない」と慎重な見方を示している。

阪神大震災を引き起こした野島断層は、大阪府や兵庫県に延びる、六甲・淡路島断層帯の一部。阪神大震災の際には断層が横方向にずれ、M7.3の地震を起こしたとされる。
今回は東西から押される力によって起きた逆断層型

岡田篤正・京都大名誉教授は、「すべり残っていた野島断層の南西部が動いた可能性はないだろう」と指摘。野島断層の動きが伝わり、近くにある志筑断層という別の断層が動いた可能性があるとしている。

「今後1週間は最大震度5弱程度の余震に警戒してほしい」気象庁。

電力会社によると、関西電力大飯、美浜、高浜の各原発(全て福井県)、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)、中国電力島根原発(松江市)に被害はない。

野島断層
六甲・淡路島断層帯の一部で、95年の阪神大震災の際は淡路島北部の地表にずれが生じた。政府の地震調査委員会によると、断層の南東側が北西側に比べて最大1.4m隆起し、南西方向へ同2.1mずれた。「右横ずれ型」に分類される。
同委が05年に公表した長期評価では、野島断層を含む「淡路島西岸区間」(長さ約23㌔)が活動した場合は、約2mの右横ずれが生じ、マグニチュード7.1程度の地震が起きると予測。今後30年以内の発生確率はほぼ0%としていた。

                                                  

                                    

                               

|

« 澤村拓一投手と森麻季さん、離婚していた | トップページ | 浅田真央選手、ソチ冬季オリンピック後の引退を示唆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/57163530

この記事へのトラックバック一覧です: 13日朝の淡路島震度6弱の地震、阪神大震災とは別の断層か:

» 淡路島を中心に強い地震が発生 震度6弱 [つらつら日暮らし]
淡路島を中心に大地震が発生しています。 [続きを読む]

受信: 2013/04/13 17:24

» 兵庫・淡路島で震度6弱=官房長官「大きな被害ない」―近畿、四国など広範囲で揺れ [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
 13日午前5時33分ごろ、兵庫県を中心に近畿、四国など広い範囲で地震があり、兵庫県淡路市で震度6弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は同県・淡路島付近で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.0と推定される。  菅義偉官房長...... [続きを読む]

受信: 2013/04/13 17:52

» [地震]野島断層のちょっと下? [BBRの雑記帳]
BBRさんは引き続き、「ベタな休日」であります。この週末からはラオスはピーマイ( [続きを読む]

受信: 2013/04/13 19:22

» 淡路島で震度6弱の強い地震 [FREE TIME]
今朝5時33分頃、兵庫県の淡路島で震度6弱の強い地震が発生。 場所といい時間帯といい18年前の阪神大震災を思い出しますが、現時点では大きな被害は出ていないようです。 [続きを読む]

受信: 2013/04/13 19:44

« 澤村拓一投手と森麻季さん、離婚していた | トップページ | 浅田真央選手、ソチ冬季オリンピック後の引退を示唆 »