« 加藤紀子、DJ川辺ヒロシと再婚 婚姻届保証人:明石家さんま | トップページ | 初代ミスター・ジャパンは鈴木貴之さん 京都代表の立命館大生 »

松尾幸実さん、ミス・ユニバース日本代表 三重の漫画家

日本代表の最終選考会が4日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で、ファイナリスト42人が出場して行われ、三重代表のモデルで漫画家の松尾幸実ゆきみさん25が日本代表に輝いた。1位が発表されると松尾さんは満面の笑みを見せ、ティアラが贈られると、

Photoプレゼンターの12年度のミス・ユニバース・ジャパン原綾子さんと抱き合った。

スピーチでは、「本当に心の中が感謝と達成感と夢で一杯です。でも、ここは終着点ではありません」と、世界大会へ思いをはせ、「国民の皆さん、力を私に下さい。その力で、堂々と世界に立ちます。これからも熱い応援よろしくお願いします」と頭を下げた。

ミス・ユニバースは1952年に始まった世界で最も歴史あるコンテストで、80カ国を超える国々の代表が集まる。

日本代表を選出するミス・ユニバース・ジャパンは、「世界一の美女」を目指す日本女性を選出してプロデュースし、その成長プロセスを追う祭典でこれまで、知花くららさん(06年)、森理世さん(07)らが選出されている。

ファイナリストは、昨年12月全国47都道府県で開催された地方大会で約5000人の中から勝ち抜いた各地区のミスたちで、18〜26歳まで合計42人。

2月17日〜3月3日まで、日本代表にふさわしいトレーニングやレッスンを受けるファイナリストの合宿、ビューティーキャンプを行っていた。

最終選考会では、ファイナリストたちがオープニングのダンス審査で42人から15人、水着審査で15人から5人に絞られた後、ドレスやスピーチ審査、質疑応答などを行い、13年の日本代表「ミス・ユニバース・ジャパン」が選ばれた。

司会はフリーアナウンサーの杉崎美香さん、俳優の高橋克典さんが担当し、審査員は美容家のたかの友梨さん、トータル・ワークアウト代表のケビン山崎さんらが務め、12年度のミス・ユニバース・ジャパン・原綾子さん、13年度のミス・ティーン・ジャパンのトラウデン直美さんがゲスト出演した。

                                                  

                                    

                               

                                                    

           

|

« 加藤紀子、DJ川辺ヒロシと再婚 婚姻届保証人:明石家さんま | トップページ | 初代ミスター・ジャパンは鈴木貴之さん 京都代表の立命館大生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56889857

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾幸実さん、ミス・ユニバース日本代表 三重の漫画家:

« 加藤紀子、DJ川辺ヒロシと再婚 婚姻届保証人:明石家さんま | トップページ | 初代ミスター・ジャパンは鈴木貴之さん 京都代表の立命館大生 »