« ハーバード大学の大規模カンニング事件、約70名が停学処分に | トップページ | 羽生結弦、首位発進 フィギュア四大陸選手権 男子SP »

新型車両N700A、東京&新大阪駅でデビュー 東海道新幹線

安全性や快適性を追求した東海道新幹線の約6年ぶりの新型車両「N700A」が8日午前、営業運転を始め、東京駅で出発式が開かれた。午前6時45分ごろ、真新しい車両で編成された「のぞみ」が16番線ホームに到着。指定席はほぼ満席で、

Photo_2旅行客らが続々と車内へ乗り込んだ。

午前7時に駅長の合図で出発すると、集まった鉄道ファンら約400人が見送った。

JR東海の関雅樹・新幹線鉄道事業本部長は、「安全で快適な最高の車両。利用客の気持ちになって考えられるものを全て投入した」と自信をみせた。

N700Aは従来のN700系と外観はほぼ同じだが、安全性や車内の快適性を向上させた。

東京~新大阪間は、現在の主力車N700系と同じ最高時速270㌔、所要時間2時間25分のままだが、大地震を想定して緊急時に早く停止できるブレーキや、ダイヤが乱れた際に自動運転で遅れを取り戻す走行装置を搭載。

車内も防音を強化し、座席頭部の両端を厚くして安定感を高めた。

                                                

                                    

                               

|

« ハーバード大学の大規模カンニング事件、約70名が停学処分に | トップページ | 羽生結弦、首位発進 フィギュア四大陸選手権 男子SP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56721443

この記事へのトラックバック一覧です: 新型車両N700A、東京&新大阪駅でデビュー 東海道新幹線:

« ハーバード大学の大規模カンニング事件、約70名が停学処分に | トップページ | 羽生結弦、首位発進 フィギュア四大陸選手権 男子SP »