« ピ/RAIN、兵役中にキム・テヒと密会 謹慎処分 韓国国防省 | トップページ | 釈由美子、左足首骨折から車椅子生活 「コドモ警視」撮影 »

桜宮高校2年バスケ主将、顧問宛の手紙を部員に見せた

大阪市立桜宮高校2年でバスケットボール部主将の男子生徒(当時17)が、顧問の小村基教諭47から体罰を受けた後に自殺した問題で、生徒が小村基顧問宛に書いた手紙をほかの部員に見せていたことが10日、大阪市教育委員会への取材で分かった。

Photo家族のアドバイスを受け書いた手紙には、顧問の体罰に悩んでいることが記されていたが、部員の忠告を受け顧問には渡さずに、昨年12月23日に自殺した。

体罰の苦痛を伝えようとして思い悩んだ生徒の心情がうかがえる。

市教委によると、生徒は日ごろから、「顧問と話すと頭が真っ白になり、うまく話を伝えられない」と家族に話していた。

生徒は12月18日、練習試合中に顧問から体罰を受けた。

翌19日、兄から、「悩んでいるのだったら、思いを手紙に書いてみたらどうか」と助言を受け、ルーズリーフ1枚の手紙を書いたという。手紙は、「ほかの部員が同じプレーをしても怒られないのに、キャプテンの僕だったら、きつく怒られる」という内容の記述があった。

忠告の内容は不明だが、市教委関係者は、「手紙を見せた部員から『こんなことを書いたら、また怒られるのではないか』と言われたのではないか」と推測している。

生徒は12月22日にも顧問から平手で頬を殴られる体罰を受けた。帰宅した際、母親に、「お弁当おいしかった。今日もかなり殴られた」と話したという。

★市教委は9日、顧問が、「発奮させるため」ほかの部員への体罰も認めていることを明らかにした。バスケット部員50人へのアンケートでは21人が体罰を受けたと証言。多くの部員が常態的に体罰被害を受けていたとみられる。

府警は暴行容疑などを視野に捜査。教職員らに事情を聴き、立件の可否を判断する。

                                                 

                    

                                                      

|

« ピ/RAIN、兵役中にキム・テヒと密会 謹慎処分 韓国国防省 | トップページ | 釈由美子、左足首骨折から車椅子生活 「コドモ警視」撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56509055

この記事へのトラックバック一覧です: 桜宮高校2年バスケ主将、顧問宛の手紙を部員に見せた:

« ピ/RAIN、兵役中にキム・テヒと密会 謹慎処分 韓国国防省 | トップページ | 釈由美子、左足首骨折から車椅子生活 「コドモ警視」撮影 »