« 滝川クリステル、Mr.サンデー降板へ 後任は椿原慶子アナ | トップページ | 安愚楽牧場の被害者、海江田万里民主党代表を提訴へ »

早乙女太一と西山茉希、破局 同居生活も解消

大衆演劇俳優の早乙女太一21とモデルの西山茉希27が同居生活を解消していたことが、20日までに分かった。事実上の破局とみられる。2人は約1年前に熱愛が発覚。しかし、昨年5月に早乙女太一が路上で西山茉希に暴力をふるったことが明らかになった。

Photo_4仲直りもしたが、けんかは絶えず、我慢を続けていた西山の心が離れていったとみられる。早乙女は未練を残しているとの見方もある。

2人は、交際開始間もなく始めた同居を昨年末ごろに解消したという。

「当初は年下の早乙女との将来を真剣に考えていた西山ですが、早乙女の暴力や、強い束縛などが続き、完全に心が離れたようです。かなり耐えたようですが、限界だったのでしょう」

「流し目王子」と呼ばれる早乙女と、人気モデルで、タレントとしても活動する西山の交際は昨年2月、発覚した。11年に友人の紹介で知り合ったとみられ、昨年2月5日には、滞在先ハワイからツーショットで帰国し、成田空港では取材陣の前を手をつないで歩いた。

しかし、同5月には、一部週刊誌が都内路上で、早乙女が西山に暴力を加える様子を、「メッタ打ちDV」と報じた。早乙女が会見を開き、つかみ合いになって西山が路上に倒れたことなどを認めて釈明し、交際継続を強調するという異例の展開になった。

西山は8月31日、出演舞台公演前の会見で、関係について、「ケンカして仲直りをして…を繰り返している幼い私たちです」と説明した。

早乙女が同9月、公演中に左かかとを骨折した後も、献身的にサポートしていたとみられる。その後、年末にかけ、気持ちが離れていったようだ。

演劇関係者は「今後、予断を許さない要素もあります。とはいえ昨年5月に暴力問題が報じられたこともあってか、早乙女のファンは減っており、親が運営する所属劇団の収益も厳しいようです。周囲も破局を望む声が強いです」と指摘している。

                                                

|

« 滝川クリステル、Mr.サンデー降板へ 後任は椿原慶子アナ | トップページ | 安愚楽牧場の被害者、海江田万里民主党代表を提訴へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56601496

この記事へのトラックバック一覧です: 早乙女太一と西山茉希、破局 同居生活も解消 :

« 滝川クリステル、Mr.サンデー降板へ 後任は椿原慶子アナ | トップページ | 安愚楽牧場の被害者、海江田万里民主党代表を提訴へ »