« 前田敦子が転職を後押し 転職情報サイト『マイナビ転職』CM | トップページ | 麻生太郎氏、、「さっさと死ねるように……」発言を撤回 »

中国、クリントン米長官に強烈な不満 尖閣諸島の施政権発言

中国外務省の秦剛報道局長は20日に談話を発表し、ヒラリー・クリントン米国務長官が先の岸田文雄外相との日米外相会談で沖縄県の尖閣諸島を巡る問題を巡って、「日本の施政権を一方的に害するいかなる行為にも反対する」と中国の挑発行為を非難した

Photoことについて、「強烈な不満と断固たる反対を表明する」と強調した。

ワシントンでは日中間の衝突リスクに対する懸念が高まっている。

秦局長は、「米国側の発言は事実を顧みず、是非を分別していないものだ」と批判。

1972年の沖縄返還の際に、米国が尖閣諸島を沖縄の一部と判断して日本に施政権を返還したことを念頭に、「米国は釣魚島(尖閣諸島の中国名)問題で逃れられない歴史的な責任を負っており、言動を慎むべきだ」とした。

尖閣諸島を巡る日中対立では、「日本政府が『島の購入』という誤った行動をとり、挑発的行為をエスカレートさせていることが現在の緊張状況の根源だ」と指摘し、日本側に一方的な責任があるとした。中国は長年、日本による尖閣諸島の領有に異議を唱えてきた。

中国は、米国が第2次世界大戦後、中国の反対があったにもかかわらず、尖閣諸島を日本の管理下においたことを非難している。

尖閣諸島をめぐる問題に関し、「米国は歴史上の逃れられない責任がある」と米国の戦後処理の問題を指摘しつつ、「責任ある態度で対応することを促す」と、米国が積極的に関与することを牽制した。

                                    

                                                

                   

                

                   

    小野寺五典防衛相、鳩山由紀夫氏は国賊と一瞬…… 

            

|

« 前田敦子が転職を後押し 転職情報サイト『マイナビ転職』CM | トップページ | 麻生太郎氏、、「さっさと死ねるように……」発言を撤回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56591500

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、クリントン米長官に強烈な不満 尖閣諸島の施政権発言:

« 前田敦子が転職を後押し 転職情報サイト『マイナビ転職』CM | トップページ | 麻生太郎氏、、「さっさと死ねるように……」発言を撤回 »