« 中央道・笹子トンネルの天井崩落事故 死者9人の大惨事  | トップページ | 尾田栄一郎のONE PIECEミニミュージアム、お台場で開催中 »

中国、南シナ海は自国領の新旅券発行 ベトナムなど反発

中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国などが領有権を争う南シナ海の問題で、中国が新たに発行した旅券(パスポート)に南シナ海を自国領として刷り込んでいることが2日までに分かった。主権を争うベトナムやフィリピンなどが強く反発している。

Photoベトナムはこの旅券を認めず、無効のスタンプを押すと共に中国人旅行客に入国査証関連書類を別途手渡している。

米国務省は27日、旅券の作り方は各国の自由な権利として、中国の新旅券は合法的との見方を示したが、ヌーランド報道官は他国を怒らせるような措置を選ぶことが政治的に賢明な判断なのかは別問題とも述べた。

南シナ海問題では、中国がほぼ全海域の、ベトナム・フィリピン・ブルネイ・マレーシアと台湾が一部海域の主権を主張している。

中国はベトナムやフィリピンとの間で過去に艦船を動員しての海上衝突を起こしたこともある。

タイの外交官出身であるスリン・ピッスワンASEAN事務局長は英紙フィナンシャル・タイムズとの会見で南シナ海問題に触れ、緊張緩和の方途を見いださなければ、武力衝突が起きて地域の不安定化を招くアジアのパレスチナ問題になる恐れがあると警告。

中国が政治や経済、軍事各分野で存在感を高め南シナ海で領有権を主張すると共に、アジアは近年、最も対立が目立つ局面に入っているとも分析。南シナ海には石油、ガスのエネルギー源の埋蔵や魚類資源が豊富とされ、国際的な海上貿易要路ともなっている。

年末で退任する同事務局長は、東南アジア諸国は中国とこれに対抗する米国のアジア重視路線との狭間でどちらにくみするのかを突き付けられていると指摘。

ASEANの今年の議長国で親中派のカンボジアが南シナ海問題における対中戦略でのASEANの共同歩調づくりでベトナムとフィリピンの試みを阻止した例にも言及した。

スリン氏は南シナ海問題の悪化は中国内部の変化を反映しているとの見方も表明。指導部交代を踏まえ主権や領土主張を重視せざるを得ない背景や、経済的繁栄の追求、建国の努力が依然続いているとの国民感情が絡んでいるとも説明した。

その上で、南シナ海での中国とASEANの紛争防止には島占拠などを放棄させるような法的拘束力を持つ行動規範の作成での合意が最も望ましいと主張。

ただ、この合意づくりは、ASEAN地域で政治的論争を解決させるメカニズムの構築が十分でない現状を考慮すれば難航するとの見方も示した。

                                             

|

« 中央道・笹子トンネルの天井崩落事故 死者9人の大惨事  | トップページ | 尾田栄一郎のONE PIECEミニミュージアム、お台場で開催中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56237591

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、南シナ海は自国領の新旅券発行 ベトナムなど反発:

« 中央道・笹子トンネルの天井崩落事故 死者9人の大惨事  | トップページ | 尾田栄一郎のONE PIECEミニミュージアム、お台場で開催中 »