« 杏、NHK朝ドラ「ごちそうさん」のヒロイン 渡辺謙の娘 | トップページ | 石原慎太郎氏、「太陽の党」結成を樽床総務相に届け出 »

桜井センリさん、自宅で孤独死  クレージーキャッツ

クレージーキャッツのメンバーで俳優の桜井センリ(千里)さんが東京都新宿区内の自宅で死去していたことが12日、警視庁への取材でわかった。享年86。病死とみられる。牛込署によると、11日午後8時20分ごろ、近所の住民から、「桜井さんの自宅の新聞がたまっている。

Photo_4窓も開け放しになっている」と110番通報があり、牛込署員が住民と一緒に無施錠の玄関から室内に入り、倒れている桜井さんを見つけた。すでに死亡していたという。

英国ロンドン生まれ。早稲田大学在学中からジャズピアニストとして活動し、複数のバンドを経て1960年、ハナ肇とクレージーキャッツに参加。石橋エータローさんとともにピアノを担当し、朴訥としたキャラクターで親しまれた。

「ニッポン無責任時代」など一連のクレージーキャッツの喜劇映画に出演したほか、単独では「男はつらいよ」シリーズなどにも出演した。

2006年公開の映画「待合室」が最後の仕事となった。

最後に公の場に姿を見せたのは、10年11月の谷啓さんのお別れの会だった。

クレイジー最後のメンバーとなってしまった犬塚弘さんは、「突然の訃報に驚いております。音楽仲間として寂しく思っています」との談話を出した。

「ほんの数カット写るだけで映画全体に和やかな雰囲気が漂う…そんなセンリさんは、ある時期ぼくの映画にはいなくてはならない俳優でした。謙虚で慎ましくて遠慮のかたまりのような上品なセンリさん、ぼくの大好きなセンリさんの死を心から悲しんでいます」山田洋次監督。

「突然のお話で驚いています。これでクレージーキャッツ7人のうち6人が亡くなってしまった。私は植木等さんの付き人から出発しましたから、クレージーキャッツとも桜井さんとも50年のお付き合いです。バンドボーイとして旅公演にも付いていきましたが、桜井さんはよくスタッフみんなを連れ立って飲みに連れっていってくれ、ご馳走してくれました。

端から見るとイヤイヤ仕事をしているように見えるところもありましたが、面白い人で私が売れてきたら、『君の仕事が増えると、俺たちの仕事が減る』と桜井さんらしいエールを送ってくれました」小松政夫日本喜劇人協会会長。

                                             

                

                                  

                                                  

|

« 杏、NHK朝ドラ「ごちそうさん」のヒロイン 渡辺謙の娘 | トップページ | 石原慎太郎氏、「太陽の党」結成を樽床総務相に届け出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56100373

この記事へのトラックバック一覧です: 桜井センリさん、自宅で孤独死  クレージーキャッツ:

« 杏、NHK朝ドラ「ごちそうさん」のヒロイン 渡辺謙の娘 | トップページ | 石原慎太郎氏、「太陽の党」結成を樽床総務相に届け出 »