« 桃井かおり&小雪&綾瀬はるか、初共演 SK-2ミューズ | トップページ | 羽生結弦、SP歴代最高 女子は浅田真央1位 NHK杯 »

田原総一朗ら、AKB48にとって前田敦子とは何だったのか

田原総一朗、小林よしのり、宇野常寛、中森明夫、濱野智史が、AKB48の東京ドームコンサートDVD&Blu-ray Disc『AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~』の発売告知CMに出演していることが21日、明らかになった。5名が出演するTVCMは、彼らがAKB48について

Akb48真剣な討論を繰り広げているというもの。

アカデミックな部屋の中で約1時間、田原氏主導で、「AKBにとって前田敦子は何だったのか」、「なぜこのDVDなのか」という2つのテーマについてガチで討論している様子を撮影した前代未聞のTVCMだ。
5人とも、TVCMに出演するのは初めて。

「とにかく、撮影がどうのこうのどうでもいい。面白かった!!」田原総一朗

「AKBを語ることって、すごく個人的なことなんですね。自分が推しているメンバーについての思い入れや公演、コンテンツに触れて感動したことについて語ることが、いつのまにか社会や世の中を語ることに自然につながっているというのがAKBの凄さではないかと改めて思いました」 宇野常寛

「こんなメンバーで討論できて、前代未聞のCMなんだと思います。非常に楽しかったですし、もっともっとやりたかったというのが率直な感想ですね」濱野智史

「AKBのキーワードは“マジ”だから、そこをみんなで共有できるというのは楽しいですね」 小林よしのり

「AKBはグループじゃなくて、ファンもみんな“AKBする”っていう動詞のように、ガチになっちゃう。CMであるということを忘れて本気の言葉で僕らは“AKBしてしまった”から、これは成功ですよね」中森明夫

そのTVCMを見たAKB48総監督高橋みなみは以下のようにコメントしている。

「ライブDVDのCMで、しかもこんなテイストのは初めて見ました!! 著名な有識者の方々が、AKB48について、熱く「ガチ」で論争して下さっていることに驚きましたし、とても光栄に思いました♪ 皆さんがとても熱く語っていらっしゃるので、私もDVDそのものを早く見たいな、と思いました」高橋みなみ

DVDは11月28日、Blu-ray Discは12月19日に発売される。

社会学者でAKB48の熱烈なファンである濱野智史は、12月7日に著書『前田敦子はキリストを超えた <宗教>としてのAKB48』を発売することでも話題になっている。

                                             

                

                                  

|

« 桃井かおり&小雪&綾瀬はるか、初共演 SK-2ミューズ | トップページ | 羽生結弦、SP歴代最高 女子は浅田真央1位 NHK杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/56168038

この記事へのトラックバック一覧です: 田原総一朗ら、AKB48にとって前田敦子とは何だったのか:

« 桃井かおり&小雪&綾瀬はるか、初共演 SK-2ミューズ | トップページ | 羽生結弦、SP歴代最高 女子は浅田真央1位 NHK杯 »