« 原辰徳氏、もう一人の愛人を名誉毀損罪として告訴 | トップページ | シリアからの迫撃弾で5人死亡 トルコ軍が報復攻撃 »

シェールオイル採取成功 秋田鮎川油ガス田 石油資源開発

資源開発大手の石油資源開発は3日、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田の地下約1800mから、岩盤に含まれる新型の原油「シェールオイル」の試験採取に成功した。シェールオイル生産に向けて日本国内で取り出しに成功したのは初めて。東京電力福島

Photo_3第1原発事故を受け、日本でも資源多様化が求められており、未開拓資源の開発に弾みとなる可能性がある。

シェールオイルは新たなエネルギー資源として米国ではすでに生産が本格化、世界的に注目されている。

ただ、原油がシェール層と呼ばれる地中深くの岩盤に含まれているため、これまでは技術的に採掘が困難で、採算も合わなかった。

岩盤にはシェールガスと呼ばれる天然ガスも存在するが、今回は調査対象としていない。

石油資源開発は1日から、鮎川油ガス田ですでに掘っていた油井を使い、岩盤に塩酸などをポンプで送り込み、原油が出る隙間をふさぐ石灰岩などを溶かす作業をしていた。3日朝になって、油井から採取した液体を遠心分離機にかけて、原油が確認された。

今後は、原油の成分などを詳しく分析した上で、13年度にも新たな油井を掘り、試掘を本格化させる方針だ。

石油資源開発秋田鉱業所の山岸裕幸技術部長は、「ようやく出たという気持ち。今後、経済的に採算がとれるかどうか、さらに研究を進めたい」。

石油資源開発によると、シェールオイルの埋蔵量は、鮎川油ガス田と隣接する油ガス田を合わせて計約500万バレルと推定。
県全体では国内での年間石油消費量の1割弱にあたる1億バレルに上る可能性もある。

秋田県の佐竹敬久知事は3日、「貴重な国産の原油が県内で採掘されたことは非常にいいニュースだ」と語った。

                                              

                                  

                                                    

|

« 原辰徳氏、もう一人の愛人を名誉毀損罪として告訴 | トップページ | シリアからの迫撃弾で5人死亡 トルコ軍が報復攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55807410

この記事へのトラックバック一覧です: シェールオイル採取成功 秋田鮎川油ガス田 石油資源開発:

» 技術なければ始まらない(秋田でシェールオイル採取に成功) [現代徒然草]
日本は石油の採れない国という印象が強いですが、実はゼロではありません。資源開発大手の石油資源開発は3日、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田 [続きを読む]

受信: 2012/10/04 07:53

« 原辰徳氏、もう一人の愛人を名誉毀損罪として告訴 | トップページ | シリアからの迫撃弾で5人死亡 トルコ軍が報復攻撃 »