« 成り済まし犯罪 無差別殺人&伊勢神宮爆破 遠隔操作 | トップページ | 山中伸弥京大教授にノーベル医学生理学賞 iPS細胞開発 »

阿倍仲麻呂の記念碑汚される 中国西安 李白の詩も

奈良時代に遣唐使として唐に渡った阿倍仲麻呂あべのなかまろを記念して西安市内の公園に設置されている石碑が、ペンキのようなもので汚されていたと中国のインターネット上に書き込まれていたことが6日、分かった。日本政府による沖縄県の尖閣諸島(釣魚島)

Photo_3国有化に反発する人物による抗議活動の可能性がある。ネットには汚されたとされる碑の写真も掲載された。

書き込みによると、もともと白かった碑が赤いペンキのようなもので汚されていたほか、黒く塗られているところもあった。

(取り壊し)」という字もかすかに見えたという。

書き込んだ利用者は、半月前には異常はなく、6日に公園に行って碑が汚されているのを知ったとしている。

西安では9月15日に国有化に抗議する大規模な反日デモが起きた際、日本車を運転していた中国人男性がデモ参加者に、オートバイを盗難から守るための鉄製のロックで頭を殴られ、頭蓋骨骨折の重傷を負う事件が起きた。

仲麻呂は奈良時代に遣唐使として派遣され、唐の官吏として玄宗皇帝に重用された。

石碑は西安市と奈良市の友好都市提携(1974年)を記念して西安市東部の興慶宮公園に79年に完成した。高さ約5mの石碑には、百人一首にも収められている仲麻呂の和歌

○ 天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも

を漢詩に訳したものと、仲麻呂が帰国しようとして嵐に遭った際、親交のあった李白がその悲しみを詠んだ詩が刻まれている。

                                  

                                 

|

« 成り済まし犯罪 無差別殺人&伊勢神宮爆破 遠隔操作 | トップページ | 山中伸弥京大教授にノーベル医学生理学賞 iPS細胞開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/55839501

この記事へのトラックバック一覧です: 阿倍仲麻呂の記念碑汚される 中国西安 李白の詩も:

« 成り済まし犯罪 無差別殺人&伊勢神宮爆破 遠隔操作 | トップページ | 山中伸弥京大教授にノーベル医学生理学賞 iPS細胞開発 »